AA研トップ > 共同利用・共同研究 > 過去の基幹研究 > 言語ダイナミクス科学研究
文字の大きさ : [大きく] [標準] [小さく]

過去の基幹研究:言語ダイナミクス科学研究

基幹研究とは,共同利用・共同研究拠点である本研究所の中期的研究戦略の柱として,研究所内で自発的に組織された研究班によって展開される共同研究軸です。
以下は,2010(平成22)年度から設定された言語学系の基幹研究です。

ウェブサイト: http://lingdy.aacore.jp/jp/

計画期間:2010(平成22)〜2015(平成27)年度
代表者:中山俊秀
関連所員:呉人徳司,澤田英夫,塩原朝子,星泉,渡辺己,山越康裕,児倉徳和

概要

本基幹研究は,①言語多様性の記録のための研究活動(Language Description & Documentation)の活性化と,②言語運用と変化の実際,言語の多様性の実際を踏まえた,ダイナミックな現象・システムとしての言語の研究 (Linguistic Dynamics Science)の新展開を目的として組織されました。

具体的には以下のような活動を通して関連研究を先導していきます。

  • 危機言語を中心とした研究未開発言語の臨地研究の推進
  • 記述研究を支える方法論開発と共同研究インフラの整備
  • 言語運用の実際を基盤とした理論研究枠組みの再構築
  • 言語の構造的多様性の幅と深さ,およびその多様性に見られる規則性の研究
  • 言語構造の形成・変化に見られる規則性の探求とそれを形作る動機付けの多面的研究

関連プロジェクト



Copyright © 2010 Research Institute for Languages and Cultures of Asia and Africa. All Rights Reserved.