AA研トップ > 共同利用・共同研究 > 科研費等外部資金による研究
文字の大きさ : [大きく] [標準] [小さく]

科研費等外部資金による研究

本研究所では,アジア・アフリカの言語と文化を中心としたさまざまな研究を推進するために,文部科学省の「科学研究費補助金」や民間の財団による研究助成に積極的に応募し,研究経費を獲得しています。近年は民間機関と共同で行う研究プロジェクトも発足し,研究成果のより実践的な応用にも貢献しています。

以下で紹介するのは,このような外部資金によってAA研で展開している研究プロジェクトです。

2019年度科学研究費補助金プロジェクト

課題名研究代表者期間(年度)
基盤研究(A)一般
イスラーム国家の王権と正統性―近世帝国を視座として近藤信彰2015–2019
イスラーム・ジェンダー学構築のための基礎的総合的研究長沢栄治2016–2019
人類学的フィールドワークを通じた情動研究の新展開:危機を中心に西井凉子2017–2020
現代南アジアにおけるムスリム社会の多極化の傾向-テロとツーリズム外川昌彦2019–2023
基盤研究(A)一般海外
グローバル化における権力編成の変動と新たなコミュニティ運動―東南アジア大陸部から西井凉子2017–2020
基盤研究(B)一般
イスラーム圏における簿記史料の通時的・共時的研究髙松洋一2017–2020
形態統語論と音声学からみた東南アジア諸語における情報構造の類型論峰岸真琴2017–2020
シリア内戦の比較研究―レバノン・旧ユーゴスラビアの内戦と戦後和解黒木英充2018–2020
現代ムスリム社会における風紀・暴力・統治に関する地域横断的研究高尾賢一郎2018–2020
タイ文化圏に関する言語事典の編纂に向けて新谷忠彦2018–2022
複統合的言語の語形成と情報構造に関する研究―抱合と語彙的接辞の比較対照を通して渡辺己2019–2021
脱中心的多言語領域としての「地中海文学」の構築細田和江2019–2022
基盤研究(B)一般海外
インド洋フランス語系クレオル民話の口演の研究小田淳一2016–2019
ビルマの危機言語に関する緊急調査研究倉部慶太2017–2019
基盤研究(C)一般
共鳴する「五感」:東アフリカ牧畜民における知覚の共同性に関する人類学的研究河合香吏2015–2019
Malayo-Sumbawan言語における定性標示と文構造との関係に関わる研究塩原朝子2015–2019
植民地インドのマイスール藩王国における文芸と王権太田信宏2016–2019
エジプト映画における「イスラーム」表象の変遷とその分析勝畑冬美2016–2019
イスラームに基づく商品・サービスの規格化と地域・産業間比較研究:東南アジアの例福島康博2016–2019
朝鮮語諸方言における複合語・派生語のアクセント研究伊藤智ゆき2017–2019
東アフリカ都市におけるエリート・シングルとハウスガールの「同居家族」の研究椎野若菜2017–2019
インドにおける仏教の終焉の解明高島淳2017–2019
ジャカルタにおけるバリ芸能の民族誌―宗教間・民族間の交渉と相互理解を焦点に吉田ゆか子2017–2020
シネヘン・ブリヤート語をはじめとしたモンゴル諸語の「文」の完結性に関する研究山越康裕2017–2021
ヌートカ語アハウザット方言の自然談話データベース構築およびテキスト集の作成中山久美子2018–2020
マダガスカルにおける損失の回復をめぐる観念の歴史的過程と共時的生成の統合的研究深澤秀夫2018–2020
「同志性」からみたベトナム・中国関係の変容と展望に関する研究栗原浩英2018–2021
動詞の他動性に関するチュクチ語とモンゴル語の比較対照研究呉人徳司2018–2021
バントゥ諸語に見られる類型間連動関係の研究品川大輔2019–2021
反乱と越境:ロシアにおける1916年反乱の中国新疆への影響野田仁2019–2021
アフロアジア大語族の歴史解明に資するウォライタ語とその関連言語の研究若狭基道2019–2021
民俗語彙と特有文法に着目した、チベット語東西方言の記述的・通時的研究海老原志穂2019–2022
初期ソコト・カリフ国における知と暴力:ジハードと奴隷制を支える思想の研究苅谷康太2019–2022
カンボジアにおける宗教的実践と民族間関係:ベトナム人とクメール人の共生をめぐって松井生子2019–2022
挑戦的研究(萌芽)
芸術係数の論理的進化と実装中村恭子2018–2020
若手研究(B)
オスマン朝とクルド,テュルク系遊牧民の交流と対立の史的研究岩本佳子2017–2019
中東・北アフリカ地域における黒死病前後の環境変動と疫病流行熊倉和歌子2017–2019
若手研究
ムガル宮廷における翻訳活動―『ヨーガヴァーシシュタ』ペルシア語訳の研究小倉智史2018–2020
初期近世西地中海地域の「境域」における異教徒間関係の形成篠田知暁2018–2020
人称標示・人称標識に注目したアルタイ諸言語の機能的類型論児倉徳和2018–2021
青森県津軽方言の文末イントネーションの記述的研究大槻知世2019–2022
研究活動スタート支援
津軽方言の談話資料を用いた複数種の対格の使用動機の究明大槻知世2017–2019
地域構造の変化と民俗芸能の継承に関する民俗学的研究松岡薫2019
研究成果公開促進費
A Descriptive Study of the Modern Wolaytta Language若狭基道2018–2019
特別研究員奨励費
清朝のアムド支配からみたチベット仏教世界再編岩田啓介2017–2019
契丹語文法の記述的研究大竹昌巳2017–2019
湾岸諸国の「服装」のポリティクス―イラン系移民女性に着目して―後藤真実2019–2021
新学術領域研究(研究領域提案型)
顔と身体表現の文化フィールドワーク研究床呂郁哉2017–2021
現代レバノンのマロン派にみるアイデンティティ再編と社会関係池田昭光2019–2020
国際共同研究加速基金(国際共同研究強化(B))
翻訳から見る近世南アジアの文化多元主義太田信宏2018–2021
現代バングラデシュの社会変動とイスラーム―地域研究の統合分析外川昌彦2018–2022


Copyright © 2010 Research Institute for Languages and Cultures of Asia and Africa. All Rights Reserved.