AA研トップ > 出版物 > AA研通信 > 『アジア・アフリカ言語文化研究所通信』19...
文字の大きさ : [大きく] [標準] [小さく]

『アジア・アフリカ言語文化研究所通信』1971年

第12号 1971年3月31日

閩語研究の近況
1

橋本萬太郎

インドにおける家族の歴史的変化に関する一管見--P.Kolendaの説に託して--
4

原忠彦

風なき時は
9

永積昭

漢字の構造と符号化
11

加賀谷良平

文学作品にみる客家
15

中嶋幹起

タミル学の現状
17

辛島昇

ソマリア
21

石垣幸雄

民族のこころ(5)

活仏とシャプチ
24

北村甫

学会消息

第24回日本民族学会・人類学会連合大会
25

森幹男

共同研究プロジェクト報告

言語研修,アジア・アフリカ文法調査票,現代インド・パキスタン文学研究
25

奈良毅

インドの民族統合とその歴史的課題
27

中村平治

イスラム化,エジプト農村社会と野民生活
27

板垣雄三

民族のこころ(6)

ストレス解消--シャーマンのおばあさん
28

古川恭子

所内研究会発表要旨

E.M.フォースターをめぐって
29

内藤雅雄

「文」をめぐって
30

奈良毅

語集
31

石垣幸雄

Vietnam南部人の精神特質--比較分析の志向--
32

森幹男

海外だより

ボルヌ紀行(II)
32

松下周二

表紙写真

《表紙の写真について》
t02

北村甫

第13号 1971年8月10日

タイ語の声調
1

坂本恭章

チベットの「謎々」
6

北村甫

实干精神
7

中嶋幹起

スワヒリ語操典
9

守野庸雄

ウォーレ・ソインカ--皮肉な告発者の紹介--
10

庭瀬静美

民族のこころ(5)

ダッカのホテルにて
14

中村平治

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
ことわざ
15

石垣幸雄

学会消息

日本言語学会第64回大会
17

梅田博之

日本民族学会第10回研究大会
18

森幹男,日野舜也

東南アジア史学会
19

森幹男

第8回日本アフリカ学会学術大会
20

日野舜也

共同研究プロジェクト報告

言語研修
21

奈良毅,梅田博之

文法調査票
22

奈良毅

東南アジアにおける社会・文化変動過程の諸相
22

森幹男

アジア・アフリカの宗教運動の研究
23

原忠彦

エジプト農村社会と農民生活
23

板垣雄三

民族のこころ(6)

sabar-tidak-belum
24

永積昭

所内研究会発表要旨

パーキスターン史における東ベンガル
25

中村平治

福建語のu・bəについて
25

中嶋幹起

朝鮮語の破裂音発声時の喉頭の動き
25

加賀谷良平

Tone Languageとしての日本語
26

松下周二

海外だより

ロンドン便り
28

飯島茂

ビルマ便り(1)--のどかな緑の町ラングーン--
31

藪司郎

表紙写真

《表紙の写真について》
t02

藪司郎

第14号 1971年12月20日

ブリテン博物館蔵旧抄本蒙古字韻雑記
1

橋本萬太郎

厦門と魯迅
4

中嶋幹起

未開発言語・文化修得のための現地派遣報告

8

北村

報告1 海外研究雑感--アラブ諸国を旅して--
8

家島彦一

報告2 ハウサ地域の調査を終って
13

松下周二

民族のこころ(7)

ジョンブル魂
20

飯島茂

昭和45年度実験的言語研修報告

エチオピア・コース
21

石垣幸雄

昭和46年度実験的言語研修報告

ビルマ語研修について
24

大野徹

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
「愛し合う」ということ
26

奈良毅

The Central Institute of Indian Languages
28

辛島昇

X対C
30

石垣幸雄

民族のこころ(8)

トガン=ホジャの涙
31

永田雄三

《学会消息》

東南アジア史学会
32

森幹男

共同研究プロジェクト報告

言語研修
32

梅田博之

文法調査票
33

石垣幸雄

東南アジアにおける社会・文化変動の諸相
34

河部利夫

アジア・アフリカの宗教運動の研究
34

原忠彦

インド・パキスタン現代文学
34

奈良毅

所内研究会発表要旨

インドネシア・ジャカルタ地区のジャワ人の家族
35

原忠彦

チンギス・ハーン崇拝とモンゴル文学
35

岡田英弘

海外だより

インドから
36

内藤雅雄

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
言いつたえ
38

石垣幸雄

表紙写真

《表紙の写真について》
t02

松下周二


Copyright © 2010 Research Institute for Languages and Cultures of Asia and Africa. All Rights Reserved.