AA研トップ > 出版物 > AA研通信 > 『アジア・アフリカ言語文化研究所通信』20...
文字の大きさ : [大きく] [標準] [小さく]

『アジア・アフリカ言語文化研究所通信』2003年

第107号 2003年3月25日

エマームザーデ・ダーウードのゴバールービー
1

清水直美

律学と幻の法典
7

陶安あんど

国際シンポジウム「音調の通言語的研究--その歴史的発展,音声的基盤,および記述的研究」"Cross-linguistic Studies of Tonal Phenomena:Historical Development,Phonetics of Tone,and Descriptive Studies"
11

梶茂樹

民族のこころ(139)

アラビアン・ナイトで村おこし?
18

小田淳一

新入所員自己紹介

朝鮮語研究の可能性
19

伊藤智ゆき

プロフィール

チョク(Dular Osor Chog/杜拉爾・奥斯爾・朝克)さんのこと
20

中見立夫

研究所活動・情報資源利用研究センター

活動日誌
21

根本敬

研究所活動・共同研究プロジェクト

音韻に関する通言語的研究
22

新田哲夫,梶茂樹

アフリカ・アジアにおける政治文化の動態
24

月脚達彦,池田美佐子

東アジアの社会変容と国際環境
26

中見立夫

日本占領期ビルマ(1942-45)に関する総合的歴史研究
27

根本敬

修辞学の情報学的再考
30

小田淳一

文法記述の方法の研究
32

中山俊秀,塩原朝子,加藤晶彦,蝦名大助

中国律学研究
34
Studies on African Languages
34

榮谷温子

言語基礎論の構築
36

町田健,加藤重広

研究所活動・所内研究会

19世紀テヘランの都市社会とワクフ
40

近藤信彰

ヌートカ語の複合性(polysynthesis)について
41

中山俊秀

表紙の写真

《表紙の写真について》母子
t02

クリスチャン・ダニエルス,唐立

第109号 2003年11月25日

―追悼―

徳永康元先生の思い出。
1

石井米雄

AA研第2代所長 徳永康元先生のこと
3

長野泰彦

守野庸雄さんを偲ぶ
8

日野瞬也

守野先生
11

中島久

クセニア・B・ケピン博士を悼む
12

荒川慎太郎

追悼 クセニア・ボリーソヴナ・ケピン(1937.2.7-2002.12.13)
13

L・N・メンシコフ(荒川慎太郎訳)

AA研棟竣工記念シンポジウム「だれが世界を翻訳するのか--アジア・アフリカの未来から」基調報告(平成14年6月29日)

だれが世界を翻訳するのか
16

真島一郎

民族のこころ(140)

ルソン島 八百万(やおよろず)の神々
22

菊澤律子

新入所員自己紹介

西夏語の仏教文献
23

荒川慎太郎

《未開発言語・文化習得のための現地派遣》

報告35 新旧両大陸を跨る旅
24

呉人徳司

報告36 「対テロ戦争」下の東南アジアとヨーロッパで考える
30

床呂郁哉

《平成15年度言語研修報告》

ベトナム語言語研修報告
41

冨田健次

スンダ語言語研修報告
47

森山幹弘

マダガスカル語言語研修報告
54

深澤秀夫

研究所活動・短期共同研究員報告

湯浅陽子(上智大学大学院/博士後期課程)
59

湯浅陽子

研究所活動・共同研究プロジェクト

音韻に関する通言語的研究
60

塩田勝彦,若狭基道,中野暁雄,杉藤美代子,藤崎博也,市田泰弘

西南中国非漢族の歴史に関する総合的研究
64

小羽田誠治,石島紀之

インド洋海域世界の発展的研究
66

深澤秀夫

日本占領期ビルマ(1942-45)に関する総合的歴史研究
68

根本敬,

修辞学の情報学的再考
70

小田淳一

文法記述の方法の研究
74

加藤晶彦,笹間史子,蝦名大助,阿部優子,塩原朝子,中山俊秀

Studies on African Languages
77

角屋征昭,品川大輔

土地・自然資源をめぐる認識・実践・表象過程
80

梅崎昌裕,小松かおり,杉山祐子,河合香吏,北村光二,寺嶋秀明,津村宏臣

中国系移民の土着化/クレオール化/華人化についての人類学的研究
89

文責:三尾裕子,文責:中西裕二

GICAS PHONARC プロジェクト研究成果発表会
90

清水康行,豊島正之

研究所活動・所内研究会

ドドスにおける地理空間の認識と表象化
92

河合香吏


Copyright © 2010 Research Institute for Languages and Cultures of Asia and Africa. All Rights Reserved.