AA研トップ > 出版物 > AA研通信 > 『アジア・アフリカ言語文化研究所通信』20...
文字の大きさ : [大きく] [標準] [小さく]

『アジア・アフリカ言語文化研究所通信』2007年

第119号 2007年3月25日

記事

中東・イスラーム研究セミナー(前期)
1

飯塚正人,堀井聡江

中東・イスラーム教育セミナー
10

飯塚正人,近藤信彰,宇山智彦,臼杵陽,新井和広

国際シンポジウム報告・「大モンゴル国」創建800周年記念シンポジウム モンゴル世界:過去と現在のダイナミクス Past and present dynamics:The Great Mongolian State
15

呉人徳司

民族のこころ(152)

ケニア・ルオ村落で迎えた年末年始
20

椎野若菜

プロフィール

ユハ・A・ヤンフネン教授
22

呉人徳司

非常勤研究員自己紹介

ラウォン・スープの思い出
23

塩谷もも

「手紙の書き方」から見るペルシア語文化
24

渡部良子

学界・研究動向

第39回国際シナ=チベット言語学会議
25

澤田英夫

サンクト・ペテルブルグ大学国際西夏学会
28

荒川慎太郎

研究所活動・センター報告

情報資源利用研究センター[IRC]
31

峰岸真琴

フィールドサイエンス研究企画センター[FSC]
32

黒木英充

研究所活動・短期共同研究員報告

短期共同研究員報告
36

風戸真理

短期共同研究員報告
38

川崎勝志

研究所活動・共同研究プロジェクト

言語の構造的多様性と言語理論
39

風間伸次郎,渡辺己,江畑冬生,山越康裕,蝦名大助,松本亮,山田敦士,永井佳代,稲垣和也,海老原志穂,中山俊秀

地球文明時代の世界理解と新しい倫理・人間観の研究
43

中谷英明,中嶋隆博,日高敏隆

中国系移民の土着化/クレオール化/華人化についての人類学的研究
47

宮原暁,Joselito Jimenez,Fr.Ari Dy,SJ,Ellen Palaca,芹沢知広,Dan Van Thang,Tran Hong Lien,津田浩司,新井和広

人類社会の進化史的基盤研究(1)
52

船曳建夫,西田正規

表象に関する総合的研究
54

髙知尾仁

マルセル・モース研究--社会・交換・組合
55

真島一郎

マレー世界における地方文化
57

黒田景子,川島緑,新井和広

ドイモイの歴史的考察
59

栗原浩英

「植民地責任」論からみる脱植民地化の比較歴史学的研究
60

小山田紀子,前川一郎,中野聡,永原陽子

タイ文化圏における山地民の歴史的研究
67

樫永真佐夫,唐立

形態・統語分析におけるambiguity(曖昧性)通言語的アプローチ
69

海老原志穂,桐生和幸,北野浩章,角田太作,塩原朝子,菊澤律子,箕浦信勝,小森淳子

インドネシアの国語政策と言語状況の変化
72

森山幹弘,津田浩司,白石さや,鏡味治也,ウガ・プルチェカ

研究所活動・AA研フォーラム

混成言語なんて存在する? ナイル諸語における基層N/Kの正体
76

稗田乃

インド洋におけるアラブの植民活動:東南アジアの事例から
78

新井和広

やもめの人類学
80

椎野若菜

戦国時代における紀年方法の変革と年号制度の生成
83

董珊

中国のいわゆる「僭民」について
85

陶安あんど

表紙の写真

《表紙の写真について》夏の内モンゴル大草原の風景
t02

呉人徳司

第120号 2007年7月25日

AA研トピックス

写真展「古都バガン~あまたなる仏塔の郷へ~」
1

澤田英夫

中東・イスラーム研究セミナー(後期)
5

飯塚正人,渡部良子

書簡

書簡--髙山昌和くんへ
10

真島一郎

フィールドノート

異民族間の結婚に見る言葉の将来--あなたたち「異民族間の結婚は良い」と言うけど、本当ですか?--
20

稗田乃

民族のこころ(153)

文化的仲介者としての日本
24

小田淳一

外国人研究員プロフィール

ドミニク・ピエール・レステル博士
25

中谷英明

非常勤研究員自己紹介

二つの質問
26

永井佳代

放浪する研究生活 ~東京へ「帰還」して~
27

錦田愛子

研究所活動・センター報告

情報資源利用研究センター[IRC]
28

栗原浩英

フィールドサイエンス研究企画センター[FSC]
29

研究所活動・研究ユニット報告

情報資源戦略研究ユニット報告
31

町田和彦

文化動態ユニット
31

深澤秀夫

言語動態研究ユニット
32

中山俊秀

研究所活動・重点共同研究プロジェクト

言語の構造的多様性と言語理論
33

阿部優子,長崎郁,小島康宏,蝦名大助,山越康裕,永井佳代,渡辺己,海老原志穂,児倉徳和,中山俊秀

研究所活動・一般共同研究プロジェクト

イスラーム写本・文書資料の総合的研究
37

四日市康博,羽田亨一

ドイモイの歴史的考察
39

栗原浩英,今村宣勝

人類社会の進化史的基盤研究(1)
41

高畑由起夫,内堀基光

マレー世界における地方文化
44

山本博之,菅原由美,新井和広,坪井祐司,西尾寛治

形態・統語分析におけるambiguity(曖昧性)--通言語的アプローチ--
48

プラシャント・パルデシ,沈力,奥田統己

ムスリムの生活世界とその変容
49

大塚和夫,倉沢愛子,小杉泰,王建新

マルセル・モース研究--社会・交換・組合
52

高島淳,渡辺公三,真島一郎,関一敏,小杉麻李亜

タイ文化圏における山地民の歴史的研究
56

唐立,林(佐和田)成美,西川和孝,新谷忠彦

研究所活動・所外代表による共同研究プロジェクト

インドネシアの国語政策と言語状況の変化
61

森山幹弘,柏村彰夫,舟田京子

音韻に関する通言語的研究
63

林範彦,新田哲夫

研究所活動・AA研フォーラム

韓国語の音節構造と共起制限
65

伊藤智ゆき

研究所活動・AA研フォーラム+フィールドサイエンスコロキアム第1回

人類学はフィールドサイエンスたりうるか?
66

松井健

研究所活動・AA研フォーラム

北東ユーラシアの言語資料のデータベース化とその公開について
67

呉人徳司,長崎郁,丹菊逸治,竹林暁

Linguistic Expansions in Eurasia:Patterns and Principles
68

Juha Janhunen

研究所活動・AA研フォーラム+フィールドサイエンスコロキアム第2回

古地図デジタル化の可能性について
69

石松久幸

研究所活動・AA研フォーラム

植民地ナショナリズムの光と影:ビルマのタキン党と「英系ビルマ人」
70

根本敬

表紙の写真

《表紙の写真について》家庭サービス満点のトウチャン
t02

唐立

第121号 2007年11月25日

AA研トピックス

グローバルCOE拠点形成プログラム「コーパスに基づく言語学教育研究拠点」の採択について
1

峰岸真琴

好奇字展--漢字と東アジアの文字周遊
3

荒川慎太郎

2007年度 海外学術調査総括班フォーラム
5

真島一郎

AA研トピックス・2007年度言語研修報告

全体報告
7

稗田乃

現代ウイグル語研修報告
7

菅原純

マレー語研修報告
11

鵜沢洋志

広東語研修報告
13

張淑儀

AA研トピックス

中東・イスラーム研究セミナー(前期)
16

飯塚正人

中東イスラーム研究教育プロジェクト第2回ペルシア語文書学セミナー
21

近藤信彰

民族のこころ(154)

偉(巨)大な医師
23

細谷幸子

外国人研究員プロフィール

李力博士
24

陶安あんど

尹紹亭教授
25

唐立

アーイダ・カナファーニー=ザハール博士
26

黒木英充

非常勤研究員自己紹介

イスラームと西洋の狭間で:研究対象に連れられてディシプリンの垣根を越えられるか
27

澤江史子

ささやかなマニフェスト
28

亀井伸孝

命の次に大事なものは?
29

永山ゆかり

学界・研究動向

第10回ナイル・サハラ言語学コロキウム
30

稗田乃

第7回遼金西夏史研究会大会
31

武田和哉

研究所活動・センター報告

情報資源利用研究センター[IRC]
34

栗原浩英

フィールドサイエンス研究企画センター[FSC]
35

黒木英充

研究所活動・研究ユニット報告

言語動態研究ユニット
37

中山俊秀

研究所活動・重点共同研究プロジェクト

言語の構造的多様性と言語理論
38

中山俊秀,蝦名大助,山越康裕,白井聡子,江畑冬生,永山ゆかり,加藤重広,渡辺己,山田敦士

研究所活動・一般共同研究プロジェクト

遼・金・西夏に関する総合的研究--言語・歴史・宗教--
44

荒川慎太郎,武内康則,

宣教に伴う言語学
45

豊島正之

言語接触と系統継承:大湖地域から南部アフリカにかけて話されているバンツー諸語と隣接言語の記述研究
46

稗田乃,安部麻矢,品川大輔,若狭基道,角谷征昭

人類社会の進化史的基盤研究(1)
49

河合香吏,黒田末寿,杉山祐子

表象に関する総合的研究
52

高知尾仁,彌永信美

脱植民地化の双方向的歴史過程における「植民地責任」の研究
54

永原陽子,板垣竜太,溝辺泰雄

チベット=ビルマ系言語から見た文法現象の再構築1
56

澤田英夫,桐生和幸

ドイモイの歴史的考察
58

栗原浩英,鈴木基義

社会空間論の再検討--時間的視座から
59

西井凉子,春日直樹,田辺繁治,岩谷彩子

「シングル」と社会--人類学的研究
63

椎野若菜,森明子,岡田あおい

「もの」の人類学的研究--もの,身体,環境のダイナミクス
68

床呂郁哉,内堀基光

マルセル・モース研究--社会・交換・組合
69

真島一郎,関一敏,渡辺公三,高島淳

研究所活動・所外代表による共同研究プロジェクト

語彙と文法
72

梶茂樹

インドネシアの国語政策と言語状況の変化
74

森山幹弘,舟田京子

研究所活動・中東イスラーム研究教育プロジェクト 共同研究プログラム

ムスリムの生活世界とその変容--フィールドの視点から
77

大塚和夫,中田考

マレー世界における地方文化
79

新井和広,青山亨,西芳実

ペルシア語文化圏の歴史と社会
81

近藤信彰,深見奈緒子

研究所活動・中東イスラーム研究教育プロジェクト

中東イスラーム研究教育プロジェクト研究会
82

近藤信彰

AA研フォーラム

Question of Language in the Constitution of Human Societies
83

Dominique Lestel

コリマ・ユカギール語における主語と目的語の標示
83

永崎郁

モンゴル語とチュクチ語の母音調和の比較--方向性VS.優勢性--
85

呉人徳司

南タイの「憑霊する学校」--憑依と身体の人類学にむけて
87

西井凉子

表紙の写真

《表紙の写真について》
t02

椎野若菜


Copyright © 2010 Research Institute for Languages and Cultures of Asia and Africa. All Rights Reserved.