AA研トップ > 研究者養成 > Fieldling
文字の大きさ : [大きく] [標準] [小さく]

Fieldling

fieldling

Fieldling: 記述言語研究コミュニティ

AA研では,2005年より「Fieldling (フィールドリング)」という若手記述言語研究者向けのコミュニティを運営しています。記述言語学に関心のある大学生から,実際にフィールドに出て言語研究を進めている大学院生,ポスドク,大学教員に至るまで,100余名が参加しています。メーリングリストによるオンラインでの情報交換が中心ですが,AA研が主催するフィールド言語学ワークショップへの参加などを通じて,オフラインでの研究交流も活発です。

Fieldlingでは随時メンバーを募集しています。記述言語学に携わる大学院生以上の研究者で,Fieldlingの活動に興味のある方なら誰でも参加できます。学部生でも,フィールドワークに関心があり,将来記述言語学をやりたいとお考えの方は,お気軽にご相談ください。

メンバーになると:

  • メーリングリストを通じて,情報交換に主体的に参加できます。
  • AA研が主催するフィールド言語学ワークショップや研究会の情報をいち早く得ることができます。

参加申し込み方法:
下記の内容を Fieldling 事務局 (fieldling-team [at] googlegroups.com) 宛にメールをお送りください。メール送信の際は[at]を@に変更してください。

  • 名前
  • 所属
  • 身分
  • 調査言語
  • 調査地
  • メールアドレス

※登録情報 (所属・メールアドレス) の変更および退会の連絡はFieldling 事務局 (fieldling-team [at] googlegroups.com) へご連絡ください。
※メーリングリストの配信を停止するには fieldling+unsubscribe [at] googlegroups.com にメールを送信してください。

これまでの活動:
2004年に有志の記述言語学研究者がAA研に集まって準備研究会を行い,2005年から本格的に活動を開始しました。2008年以降はAA研でスタートした言語ダイナミクス科学研究プロジェクト (LingDy) を活動母体として様々な研究会,ワークショップを実施してきました。2013年以降はLingDyの後継プロジェクトである言語の動態と多様性プロジェクト (LingDy2) が活動を支援しています。主な活動は以下のとおりです。

  1. 研究会・勉強会 (文法スケッチ研究会,Grammar Writing勉強会,トピックレス研究会など)
  2. スキルアップのためのフィールド言語学ワークショップ (DocLing,文法研究ワークショップ,テクニカルワークショップなど)
  3. 研究成果刊行 (『文法を描くーーフィールドワークに基づく諸言語の文法スケッチ』,『Grammatical Sketches from the Field』など)
  4. 情報・知識の共有 (メーリングリスト)
  5. 一般向けの情報発信 (Fieldling Blogの運営 [現在休止中])

2008年度までの活動記録の詳細は Fieldling Blogを,またその後の活動記録についてはフィールド言語学ワークショップのページをご覧ください。

なお,フィールド言語学ワークショップは,2010年以降,AA研の言語研修の一環として正式に位置づけられています。



Copyright © 2010 Research Institute for Languages and Cultures of Asia and Africa. All Rights Reserved.