AA研トップ > 研究者養成 > 言語研修 > 2016年度言語研修
文字の大きさ : [大きく] [標準] [小さく]

2016年度言語研修


2016年度は,ゾンカ語,琉球語(東京会場),ヒンディー語(大阪会場)の講座を開講します。
ゾンカ語は実施取りやめとなりました。

琉球語

研修期間
2016年8月16日(火)~2016年8月29日(月)
午前10時00分 ~ 午後5時00分 (土日は休講)

研修時間
50時間

研修会場
東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所
(〒183-8534 東京都府中市朝日町3-11-1)

講師
下地理則(しもじ みちのり)(九州大学大学院人文科学研究院 准教授)
2009年オーストラリア国立大学にてPhD (Linguistics) 取得 アジア・アフリカ言語文化研究所特任研究員, 群馬県立女子大学専任講師を経て,2012年4月より現職。
主に南琉球方言(宮古方言,与那国方言)について研究。
新永悠人(にいなが ゆうと)(成城大学等 非常勤講師)
2014年6月東京大学大学院人文社会系研究科にて博士(文学)を取得
2015年4月より現職。
主に北琉球方言(奄美大島方言,沖縄久高島方言)について研究。
仲間博之(なかま ひろゆき)(加計学園参与・沖縄支局長)
1947年生まれ.宮古島市平良西原出身。琉球大学物理学科卒業。
首里高校をはじめ,県内各所で教諭として勤務。宮古高校校長で定年退職。
宮古池間方言の継承に向けて,県内外の大学・博物館などで講演を行うなど,精力的に活動している。
直三男也 (すなお みおや)
1953年生まれ。奄美大島宇検村湯湾出身。明治学院大学英文科卒業。
2013年に宇検村の社会福祉法人「滝の園」を定年退職。
湯湾集落八月踊り保存会の事務局を担当し,湯湾集落の伝統文化の保存と継承に尽力している。

受講料
30,000円(教材費込み)

文化講演
  • 日時:2016年8月22日(月)14:40–17:00
  • 場所:AA研マルチメディア会議室(304)
  • 使用言語:日本語
  • 参加費:無料
  • 事前申し込み:不要
  • 共催:AA研,東京外国語大学社会・国際貢献情報センター
  • 題目「宮古島池間民族の言語・文化・歌謡」
    講演者:仲間博之(岡山理科大学)
  • 日時:2016年8月29日(月)14:40–17:00
  • 場所:AA研マルチメディア会議室(304)
  • 使用言語:日本語
  • 参加費:無料
  • 事前申し込み:不要
  • 共催:AA研,東京外国語大学社会・国際貢献情報センター
  • 題目「奄美大島宇検村の民俗行事の解説と八月踊りの体験」
    14:40–15:40 渡聡子(宇検村教育委員会)
    16:00–17:00 直三男也
    踊り手:菅井えつ子,村石厚子

講師報告

1. 研修の概要 詳細

○研修期間:
2016年8月16日(火)~2016年8月29日(月)
午前10時00分 ~ 午後5時00分 (土日は休講)
○研修時間:
50時間
○研修会場:
東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所

本研修は2016年8月16日(火)から2016年8月29日(月)までの10日間,1日あたり5時間(午前2時間,午後3時間),合計50時間実施した。 会場は,東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所マルチメディア会議室(304)およびマルチメディアセミナー室(306)を利用した。 8月22日(月),8月29日(月)には話者を講師とした文化講演も行った。29日はさらに民俗学の専門家と年中行事の八月踊りの踊り手も招待した。

2. 講師 詳細

○主任講師:
下地理則(しもじ みちのり)(九州大学大学院人文科学研究院 准教授)
○講師:
新永悠人(にいなが ゆうと)(成城大学 非常勤講師)
○ネイティブ講師:
仲間博之(なかま ひろゆき)(加計学園参与・沖縄支局長)
直三男也 (すなお みおや)
文化講演者:
渡聡子(宇検村教育委員会 学芸員)
踊り手:
村石厚子
菅井えつ子

3. 教材 詳細

  • 『琉球語調査ハンドブックHandbook of the Linguistic Fieldwork of Ryukyuan』(下地理則・新永悠人)
  • 『奄美・宮古簡易語彙集A concise dictionary of Amami Ryukyuan and Miyako Ryukyuan』(下地理則・新永悠人)

『琉球語調査ハンドブック』(以下,『ハンドブック』)の前半は『言語学大辞典』の琉球語の記述の抜粋である。本研修の主眼はフィールドワークメソッドを身に付けることであるため,本研修の調査対象言語(宮古語池間方言・奄美語湯湾方言)についての前提情報は与えず,周辺の言語の概要を参照可能にすることを目的とした。『ハンドブック』の後半は,語彙調査の方法をまとめた「語彙調査のガイド」,フィールドにおいて話者が質問すべき項目を網羅した「文法調査票」,例文の提示の仕方をまとめた「例文の表記とグロス」から成る。研修に用いた語彙調査票は「語彙調査のガイド」に記載された意味領域の一部(社会関係・身体・動作・状態)に関する語彙から作られた。『ハンドブック』の最後には言語学に馴染みの無い受講生のために言語学の概念に関する簡単な用語集を付けた。
『奄美・宮古簡易語彙集』(以下,『語彙集』)は,社会関係・身体・動作・状態に関する奄美語湯湾方言と宮古語池間方言の語彙と例文をまとめたものである。

4. 成果物 詳細

  • 『2016年度言語研修「琉球語」成果報告書Intensive Language Course 2016 The Ryukyuan Languages: basic vocabularies and grammatical outlines』(新永悠人・下地理則・占部由子(編))

5. 受講生詳細 詳細

受講生の構成は,学部生5名,博士前期課程在籍者3名,博士後期課程在籍者3名の計11名である。琉球の方言を既に調査した経験はあるけれど,さらにその技術を磨きたいと考える者,日本語・琉球語以外の言語を専門としながらフィールドワークの経験は少ない(もしくは皆無の)者,言語学は専門ではないが琉球歌謡などに興味があり,将来琉球でフィールドワークを行いたいと考えている者など,多様な経験・受講動機を持つメンバーが集まった。全員が最後までほぼ無欠席で(2名が通院および体調不良のため1日だけ欠席した),登録した受講生全員が無事研修を修了した。

6. 文化講演 詳細

8月22日(月),8月29日(月)の2回に渡り,文化講演を開催した。1回目は,宮古島池間方言ネイティブ講師の仲間博之氏が伝統歌謡に関する講演を行い,最後は受講生全員が輪になって歌謡に合わせて一連の踊りを踊った。2回目は,奄美大島宇検村教育委員会の学芸員をされている田中聡子氏を招いて地元の年中行事の紹介をしていただき,その後,奄美大島湯湾方言ネイティブ講師の直三男也氏が当地の伝統舞踊である八月踊りの説明を行い,二名の踊り手(村石厚子氏,菅井えつ子氏)と共に八月踊りの実演を行った。最後は,前回と同様に受講生一同輪になって,八月踊りを踊った。受講生は,伝統舞踊の独特な足遣いに戸惑いつつも,楽しそうに踊りに参加していた。


写真1.8月22日の風景


写真2.8月29日の風景


7. 授業 詳細

授業は前半1週間に宮古島池間方言を,後半1週間に奄美大島湯湾方言を調査対象としたフィールドワークの実践練習とした。その具体的手順は,まず2つの教室を確保した上で,1つの教室にはネイティブ講師に滞在していただき(「調査室」と呼ぶ),もう一方の教室には受講生が控え(「作戦室」と呼ぶ),調査準備や調査結果をまとめる場とした。受講生は4つの班に分かれ,各班が交替で調査室に伺い,それぞれ一回に15分から30分程度の質問を行うことを繰り返した。初日に録音機器の基礎知識を伝えた後は,学生の様子を見つつ,作戦室において各班の疑問に個々に回答した。IPAが不得意(もしくは未習)の学生には,上記2方言にかかわる音声について希望者に対して簡素なIPA講習会も開催した。最終的に,各自に文法現象(代名詞,動詞形態論,コピュラ文など)を一つずつ担当してもらい,池間方言と湯湾方言(および各自の知る言語)との異同をまとめてもらった。また,語彙と例文のデータは辞書作成ソフト(LexiquePro)に入力してもらった。

8. 研修の成果と課題 詳細

研修は一人の脱落者も出すことなく,成功裡に終わったと言える。受講生の熱意も高く,率先して様々なフィールドワークメソッドを身に付けて行ったようであった。琉球語の需要は高い。今後,別の形でレギュラーに行ってもよいかもしれないとさえ感じた。今後,方言記述の分野で活発になっていく少数危機方言のフィールドワークの人材を育てるうえでも,今回のようなやり方はひとつのモデルケースとなると確信する。

9. おわりに 詳細

ネイティブ講師の多大な労力と,受講生の能動的な熱意のおかげで,実りある言語研修にすることができた。心より感謝申し上げる。願わくば,今回の経験をもとに,各自が自らのフィールドを開拓し,様々な学問的調査を実践することを心から願う。

ヒンディー語

ヒンディー語授業風景2 ヒンディー語授業風景1

研修期間
2016年8月17日(水)~2016年9月13日(火)
午前10時00分 ~ 午後4時30分 (土日は休講)

研修時間
100時間

研修会場
貸し会議室 大阪研修センター 十三 (阪急十三駅西口より徒歩3分)
(〒532-0024大阪市淀川区十三本町1-12-15ドルチェヴィータ ファースト 3F 会議室A)

講師
西岡美樹(にしおか みき)(大阪大学大学院言語文化研究科 専任講師)
2001年 大阪外国語大学にて 博士(言語・文化学) 取得
2007年4月大阪外国語大学専任講師に就任,2012年4月より現職。
研究分野:言語学,ヒンディー語学,ヒンディー語と日本語の対照研究
Rajesh Kumar(ラジェーシュ クマール)(インド工科大学マドラス校人文社会学研究科 准教授)
2003年 アメリカ,イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校にてPhDを取得。
テキサス大学では講師,インド工科大学カンプール校,パトナ校では助教を経験した後,2012年に同大学マドラス校に助教として就任,2014年7月より現職。
研究分野:言語理論,社会言語学,英語,ヒンディー語の言語教育

受講料
60,000円(教材費込み)

教材
デーバナーガリー文字練習帳 Learning Hindi- How to Write and Read Devanagari Script』(西岡美樹(著))
『初級ヒンディー語文型練習帳 Learning Hindi- Basic Sentence Patterns』(西岡美樹(編著),Gunjan Sharma(著),Ashwani Kumar Srivastava(監修))
『現代ヒンディー語文法概説 初級~初中級編 Handbook of Modern Hindi Grammar: For Primary and Pre-intermediate Levels』(西岡美樹(著))
『初級ヒンディー語 会話編 Learning Hindi- Hindi Conversation』(西岡 美樹(編著),Ranjana Narsimhan(編著))
『初級ヒンディー語 読解編 Learning Hindi- Reading Comprehension』(西岡美樹(編))
『初級ヒンディー語 語彙集 Learning Hindi- Vocabulary』(西岡美樹(編著))

文化講演
  • 日時:2016年9月8日(木)14:20–16:30,2016年9月9日(金)14:20–16:30
  • 場所:大阪研修センター十三 会議室D(大阪市淀川区十三本町1-12-15)
  • 使用言語:日本語
  • 参加費:無料
  • 事前申し込み:不要
  • 共催:AA研,東京外国語大学社会・国際貢献情報センター
  • 題目「インド・ラージャスターン農村の25年」
    講演者:中谷純江(鹿児島大学)
    注意:お席に限りがありますので,人数が多い場合は立ち見となります。

講師報告

1. 研修の概要 詳細

○研修期間:
2016年8月17日(水)~2016年9月13日(火)
午前10時00分 ~ 午後4時30分 (土日は休講)
○研修時間:
100時間
○研修会場:
貸し会議室 大阪研修センター 十三

10分の休憩や12:10-13:10のお昼休みがあったが,教室が一つしかないのでそこにだいたい皆がいることが多かった。そのため,その間も我々講師(アルバイトの学生たちもT.A.と化していた)はいろいろ質問を受けたりすることになった。したがって,実際は1日5時間以上の授業だった。(これが後に述べる「1日4時間授業で十分だった」という外国人講師の談にもつながる)

2. 講師 詳細

○主任講師:
西岡美樹(にしおか みき)(大阪大学大学院言語文化研究科 専任講師)
○外国人講師:
Rajesh Kumar(ラジェーシュ クマール)(インド工科大学マドラス校人文社会学研究科 准教授)
文化講演者:
中谷純江(なかたに すみえ)(鹿児島大学グローバルセンター 教授)

3. 教材 詳細

  1. 『デーバナーガリー文字練習帳 Learning Hindi- How to Write and Read Devanagari Script』(西岡美樹(著))
  2. 『初級ヒンディー語文型練習帳 Learning Hindi- Basic Sentence Patterns』(西岡美樹(編著),Gunjan Sharma(著),Ashwani Kumar Srivastava (監修))
  3. 『現代ヒンディー語文法概説 初級~初中級編 Handbook of Modern Hindi Grammar: for Primary and Pre-intermediate Levels』(西岡美樹(著))
  4. 『初級ヒンディー語 会話編 Learning Hindi- Hindi Conversation』(西岡美樹(編著),Ranjana Narsimhan(編著))
  5. 『初級ヒンディー語 読解編  Learning Hindi- Reading Comprehension』(西岡美樹(編))
  6. 『初級ヒンディー語 語彙集 Learning Hindi- Vocabulary』(西岡美樹(編著))

上記の教材のうち,1.はデーバナーガリー文字とヒンディー語の発音を覚えるために用意した。2.はヒンディー語の基本文型を導入するためのものだが,各課は,ヒンディー語⇒日本語訳,日本語⇒ヒンディー語訳,対話練習(日本語⇒ヒンディー語),読解用の短い文章(各課で導入した文型や文法を使用したもの)で構成されている。これはヒンディー語の骨組みとなる基本の統語構造を導入するためのものである。3.は初級から初中級用の文法概説書であり,日本語で体系的にヒンディー語の仕組みを理解したい人が個々で参照できるように用意した。4.と5.は応用編で,2.と3.で導入した文型や文法の定着を図るために用意したものである。4.のトピックについては,時代に合せて日本人がインドで暮らすことを想定している。5.については,実際の新聞,雑誌に出てくる短めの読み物で構成されている。
これらは基本的に日本語教育用の教授法と教材を念頭にヒンディー語に応用したものである。市販のヒンディー語学習用の教材は,会話(トピックは主に日本人がインド観光へ出かける場合のもの)があり,それに応じた文型や文法を説明がされるところで終わり,学習者が十分に練習してその骨組みを体得するようにはできていない。本研修ではヒンディー語の骨組みを体得することを主眼にしていたため,上記のとおり,それに必要な教材をそれぞれ用意した。

4. 受講生詳細 詳細

受講生は学部生,大学院生,研究業務に関わる方,そしてインド研究に携わる大学教員の方々であった。全員ヒンディー語習得に対するモチベーションが最初から高く,大変授業がやりやすかった。研修前は語学のクラスとしては少々人数も多く,実際講師側の目が行き届くか心配だったが,外国人講師との連携プレーが可能であったため,主任講師の負担になることもなく研修を終えられた。
受講生の中には,本務のため欠席された方(うち1名は9月から参加不可だった)や体調を崩された方もおられ,9月に入ってから出席率がやや低くなったが,モチベーションは最後まで高かったため,先の1名を除く受講生全員が無事修了された。

5. 文化講演 詳細

9月8,9日の2日間(時間帯は共に14:20–16:30),「インド・ラージャスターン農村の25年」という題で中谷純江教授(鹿児島大学)にご講演をいただいた。これはヒンディー語使用地域の一つであるラージャスターンでのフィールド調査を元に,インドの農村の暮らし(村の衣食住,構成員,その職業,結婚形態など)を紹介したものである。
1日目は講演後に質問の時間が十分設けられなかったため,2日目は講演途中でも受講生に自由に質問をさせてもらえるようにご配慮いただいた。受講生は学部生が多かったため,素朴な疑問,質問が講演中に活発になされた。また,同分野の研究職の方々も活発に質問をされたため,質疑応答で双方向性のある有意義な講演となった。

6. 授業 詳細

最初の約10時間は文字練習帳を用い,文字と発音の定着を図ることに重点を置いた。その後文型練習帳を用いて文型導入を開始した。前半50時間までのところで,名詞と形容詞の変化形,コピュラと動詞の変化形(現在,過去,未来)まで一通り導入した。(該当は第1-7課)外国人講師は各課のヒンディー語文や日本語からの作文の発声練習と,その都度導入したものを元に応用問題を作り,受講生に当てながらヒンディー語でのコミュニケーションを開始した。
50時間を超えた折り返し地点辺りから受講生の文字の読み書きが定着してきた。ここからは文型練習帳の与格主語表現以後の課を少しスピードを緩めて導入しながら,会話編を始めた。こちらについては,まず日本語で会話の意味を把握してもらい,一通り発音練習した上で,それを雛型にして受講生がペアを組み,外国人講師の助けを借りて会話練習をするという具合で導入した。
読解編の導入は70時間に達する辺りで行った。会話編同様,日本語で内容を把握した後,一通り発音練習をしてもらい,外国人講師がそのトピックについて質問をして答えるという具合で進めた。
後半の50時間は,文型練習帳と会話編,読解編を織り交ぜながら進めたが,授業が単調にならないように,外国人講師が「日本の都市とその紹介」などのトピックをあてがい,受講生にヒンディー語で答えてもらうという練習も取り入れた。さらに,リスニングの一環としてインド映画の歌を聞いてもらい,これまでの知識で理解可能な部分を聞き取って意味を理解する練習も行った。
なお,9/5の筆記試験は,会話編第8課と読解編第1課を出題した。口頭試験は「インドの都市」についての質疑応答で,筆記試験と合せて総合評価をした。

7. 研修の成果と課題 詳細

初級○○語の授業でよくみられる,文字の練習,名詞,形容詞,動詞の変化形の練習にはなるべく時間を割かず,ヒンディー語の骨組みとなる単文,与格主語構文,名詞修飾の基本構造を導入することに重点を置いたため,発話に必要な骨組みは一通り導入できた。肉付けである品詞の変化形の練習は,日本語教育における形容詞や動詞の変化形と同じで,大枠だけ説明し後は実際の練習問題で徐々に身につけてもらうことにした。実際,ヒンディー語は人称,性,数という要因で語形変化をするため,日本語母語話者にとってはなかなか慣れない上に,本当に定着させるにはかなり時間がかかるため,集中型の研修での完全習得は困難である。
また,授業の進捗状況と残り時間に鑑み,文型練習帳の全課(第1課を除く)の対話練習を省略した。また,途中で補助動詞の用法(第10,11課)も端折ることにした。そのため導入できなかった補助動詞(いわゆる複合動詞)や受身,また文型練習帳で特に取り上げなかった使役については,文法概説でパターンと例文のみを説明した。これらもまた基本文型に比べれば末梢的であり,実際文型練習帳の文章読解や会話編,読解編にも多く出てくるため,そちらで説明を補うことにした。
今回の教材は125時間を想定して作っていたこともあり,上記の通り端折らざるをえない箇所が出てきたのは残念であった。また,前半50時間ぐらいまでに動詞の語形変化を一通り極限まで詰め込んだが,その後,会話編や読解編を使った十分な消化期間を設けることができなかった。もう一点,読解編については,口語体のものは比較的分かり易かったようだが,新聞記事などは短いもので内容も比較的易しいと思われるものでも,短時間で読むにはきつそうだった。これは文型や文法の問題ではなく,おそらく語彙の問題(サンスクリット系の語彙が増えるため)と考えられるのだが,やはりこの辺りからは中級に入れてもよかったかもしれない。しかし,アラビア・ペルシャ語系の語彙の多用=口語体,サンスクリット系の語彙の多用=文語体(=中級向け)のように必ずしもいえないのが,国語になれず,そのため標準語が定まらないヒンディー語なのだが。
いずれにしても国内外問わずヒンディー語教育については,初級や中級を設定する際の確たる基準があるわけではないので,今回の経験をヒンディー語初級,初中級,中級のレベル設定に活かしたい。
最後に総合時間数についてだが,外国人講師は1日4時間で計80時間(アメリカの週2回×90分授業を参考にしているため)が講師,生徒双方のためによかったのではと言っていた。しかし,日本の夏季休暇は長くないこと,また日本語母語話者(もちろんそれ以外の方もおられたが)は,基本的に几帳面で可視媒体(文字)にこだわる人が多いこと,さらに英文法的語学学習で始めたせいか,語形変化を体系的にきちんと覚えるのが語学学習と考えがちな(したがって進度が落ちる)人々に強行的に詰め込んで,結局文型導入もぎりぎりだったことを考えると,とても80時間では足りない。しかし,消化時間を考えると,研修期間を長くすることになる。いずれにしても一長一短を免れない,どこかを削らざるを得ないこと実体験で分かったため,これも今後の検討課題としたい。
ちなみに,「『日本では日本語で説明しなければ分からない』ということがよく分かった」というのが外国人講師の一番の感想だったが,外国語教育は母語で要領よく説明するのが肝要であり一番の近道だと再認識できたことは,個人的に最大の成果だった。

8. おわりに 詳細

普段の授業と違い,毎日5時間の授業は我々講師陣も体力的にきつかったが,受講生のモチベーションの高さに助けられ,無事に研修を終えられた。前半での文字習得,語形変化と単文の導入の際の強行スケジュールにも耐えてくださった受講生の皆様,本研修の教材作成に携わってくださった方々,授業の補助をしてくれたアルバイトの学生2人,ならびに本研修の実施を支えていただいた東京外国語大学AA研の関係各所の皆様に改めて御礼を申し上げたい。

2016年度 言語研修募集要項

この研修はアジア・アフリカ地域での現地調査・研究や専門的業務に役立つ現地語の習得を目指す短期集中型語学研修です。
日本の専門研究者と母語話者とが一緒に教授にあたる生きた言語教育である点が特徴です。
今年度は,琉球語,ゾンカ語,ヒンディー語の言語研修を実施しますので,受講希望者は下記により申し込んで下さい。

印刷用ページはこちら

募集要項(共通事項)

1. 募集言語琉球語,ゾンカ語,ヒンディー語
2. 募集人員各言語 約10名
3. 募集期間2016年5月2日(月)~ 2016年5月25日(水)
 受付時間 午前9時30分~午後5時(正午~午後1時を除く)
 持込みの場合,土・日・祝日を除きます。
 郵送の場合は,5月25日(水)必着です。
 Eメールの場合は, 5月25日(水)日本時間午後5時必着です。
 定員にみたない場合は,二次募集を行います。
 定員に達すれば,二次募集はありません。

ゾンカ語,ヒンディー語は二次募集実施中
第二次募集期間:2016年6月1日(水)~ 2016年6月27日(月)
 受付時間 午前9時30分~午後5時(正午~午後1時を除く)
 持込みの場合,土・日・祝日を除きます。
 郵送の場合は,6月27日(月)必着です。
 Eメールの場合は, 6月27日(月)日本時間午後5時必着です。

平成28年度夏期言語研修の募集は終了しました。
4. 応募資格上記の目的に必要な学力及び社会的経験を有する人。
5. 応募方法所定の受講申込書に記入の上,在学証明書又は最終学校の卒業証明書(写)を添えて,お申し込み下さい。
※申し込み方法は,直接持ち込み,郵送,Eメールのいずれかとします。
※郵送の場合は,封筒の表に「言語研修○○語申し込み」と朱書き願います。
受講申込書:wordファイル
6. 選考方法当研究所で書類審査により選考します。
7. 選考結果受講の可否は,一次募集応募分については,6月下旬までに本人あてにEメールにて通知します。
二次募集を行った場合は,7月上旬に本人あてにEメールにて通知します。
8. 受講手続受講を許可された方は,所定の期日までに,研修言語ごとに定められた額の受講料を一括納付して下さい。
受講料は各言語ごとに異なりますので,それぞれのページをご覧ください。
9. 修了証書研修言語ごとに定められている授業時間数の3分の2以上出席し,かつ所定の成績を収めた受講者に修了証書を交付します。
10. そ の 他文化講演として,担当講師以外の外部講師を招いた授業を取り入れています。文化講演は一般向けに公開することがあります。
11. 申込み先東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所2階206室
研究協力課共同研究拠点係
〒183-8534 東京都府中市朝日町3-11-1
TEL 042-330-5603, FAX 042-330-5610
Email ilcaa-ilc[at]tufs.ac.jp [at]を@に置き換えて下さい。


Copyright © 2010 Research Institute for Languages and Cultures of Asia and Africa. All Rights Reserved.