ILCAA Home > Publications > FIELDPLUS
Font Size : [Larger] [Medium] [Smaller]

FIELDPLUS

Front cover of the first issue

ILCAA has been publishing FIELDPLUS, a magazine for the general public, since January 2009. Transcending the boundaries of disciplines, FIELDPLUS features research activities and experiences of ILCAA researchers who explore topics on diverse regions around the world. Through this semi-annual magazine published in January and July, many readers, including young generations, high school students and up, are able to experience the excitement of field research through numerous color pictures and illustrations.

No.3 and the later issues of FIELDPLUS are sold through Tokyo University of Foreign Studies Press for 476 yen (before tax). Please visit a local book store or an online store. Also, the PDF version of the magazine is now available for download on this Website except the latest issue and some of the articles. See Back Issues for further details.

Japanese version only.

Field+ no.16(2016年7月10日発売)

2016 07 no.16

Contents

巻頭特集 イスラームに基づく商品とサービスの多様性

責任編集/福島康博

  • ムスリムの日常生活を支える商品・サービス --福島康博
  • 中東におけるイスラーム銀行の現状――イスラーム金融が利用される背景とは? --上山一
  • ハラール・ブーム,日本企業はどこへ行く? --川端隆史
  • ムスリム観光客への対応とハラール食品の輸出――沖縄の取り組み --福島康博

連載企画 フィールドワークって何? 「あそぶ」

  • 子どもと遊ぶ大人が見た遊びの世界――マダガスカルにおけるフィールドワークから --深澤秀夫
  • 悪い遊戯?――南インドの飲酒事情 --池亀彩
  • サルとサルの「取っ組み合い」――遊びなのか喧嘩なのかサルにもわからない!? --島田将喜

フィールドノート

  • 文字からみたマレーシアの民族,社会 --坪井祐司

特別企画

  • 「アジア諸文字のタイプライター」展を巡って --荒川慎太郎

フロンティア

  • ひらがなを数えなおす――ひらがなは何文字あるのか --岡田一祐
  • 文学を通して出会うチベット --星泉

Field+SOCCER

  • トルコのサッカー --今松泰

フィールドワーカーのおみやげ

  • 金子守恵

Profile

  • 荒川慎太郎(あらかわ しんたろう)AA研
  • 池亀彩(いけがめ あや)東京大学東洋文化研究所
  • 今松泰(いままつ やすし)京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科特任准教授
  • 岡田一祐(おかだ かずひろ)AA研特任研究員
  • 金子守恵(かねこ もりえ)京都大学,AA研共同研究員
  • 上山一(かみやま はじめ)筑波大学,AA研共同研究員
  • 川端隆史(かわばた たかし)Uzabase Asia Pacific Pte. Ltd.(シンガポール)兼株式会社ニューズピックス編集部,AA研共同研究員
  • 島田将喜(しまだ まさき)帝京科学大学
  • 坪井祐司(つぼい ゆうじ)AA研研究機関研究員
  • 深澤秀夫(ふかざわ ひでお)AA研
  • 福島康博(ふくしま やすひろ)AA研フェロー,立教大学アジア地域研究所特任研究員
  • 星泉(ほし いずみ)AA研

(注)所属等は原稿執筆時のものです。



Copyright © 2010 Research Institute for Languages and Cultures of Asia and Africa. All Rights Reserved.