AA研トップ > 出版物 > 『FIELDPLUS』(フィールドプラス)
文字の大きさ : [大きく] [標準] [小さく]

『FIELDPLUS』(フィールドプラス)

創刊号表紙

AA研では2009(平成21)年1月より,一般向けの雑誌『FIELDPLUS』(フィールドプラス)を刊行しています。本誌は多様な研究分野の垣根を超えて,世界各地でフィールド調査する研究者たちの取り組みや経験を紹介する雑誌です。年2回(1月・7月)刊行,高校生以上の若い世代をふくむ多くの読者を対象として,豊富なカラー写真や図版を使いながら,フィールド研究の面白さを伝えていきます。

「no. 3」から,東京外国語大学出版会を通じて市販しています(476円+税)。お近くの書店にてご注文いただくか,ネット書店にてお求めください。また本誌掲載記事のPDF版がウェブサイトからダウンロードできます(最新号と一部の記事を除く)。こちらもぜひご利用ください。詳しくはバックナンバーのページをご覧ください。


Field+ no.27(2022年1月20日刊行)

2022 01 no.27

Contents

巻頭特集 デット――「負債/負目」研究の最前線

責任編集:佐久間 寛

  • 首長に負うこと、負わないこと
     ――ミクロネシア連邦ポーンペイ島にみる称号と負目
     --河野正治
  • 戦前の都市下層社会における貸し借りの論理
     ――赤松啓介「非常民の民俗学」の記録を通して
     --酒井隆史
  • 金を借りても逃げればよい
     ――ラオスコーヒー栽培地域にみる貸し手が負う社会
     --箕曲在弘
  • 負う・負わせることなく分かち合う --関野文子

オシボン!

  • 川原繁人『「あ」は「い」より大きい!?――音象徴で学ぶ音声学入門』 --伊藤智ゆき

フィールドで見つけました 「本屋」

  • 図書館と古本屋と博物館――『象院題語』のはなし --竹越 孝
  • イスタンブルの怪しい本屋 --髙松洋一
  • スワヒリ語のハウツー本――タンザニアの書店めぐりで見つけたもの --小野田風子

フィールドノート

  • 子供の誕生祝い――インドネシア・ジャワのスラパナン儀礼 --合地幸子

フロンティア

  • 歴史資料としての写真――歩く、写す、そして保存する --渡辺健哉

特別企画

  • JaCMESの来し方と今後 --黒木英充

フィールドワーカーのよりみちスポット

  • 中国ムスリムとの出会いスポット――タイ・チェンマイの雲南料理店 --王 柳蘭

Profile

  • 伊藤智ゆき(いとう ちゆき)AA研
  • 小野田風子(おのだ ふうこ)日本学術振興会特別研究員(京都大学)
  • 河野正治(かわの まさはる)東京都立大学,AA研共同研究員
  • 黒木英充(くろき ひでみつ)AA研、北海道大学スラブ・ユーラシア研究センター(併任)
  • 合地幸子(ごうち さちこ)東洋大学アジア文化研究所客員研究員
  • 酒井隆史(さかい たかし)大阪府立大学,AA研共同研究員
  • 佐久間 寛(さくま ゆたか)明治大学,AA研共同研究員
  • 関野文子(せきの あやこ)京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科博士課程
  • 髙松洋一(たかまつ よういち)AA研
  • 竹越 孝(たけこし たかし)神戸市外国語大学
  • 箕曲在弘(みのお ありひろ)早稲田大学,AA研共同研究員
  • 渡辺健哉(わたなべ けんや)大阪市立大学
  • 王 柳蘭(Liulan Wang-Kanda)同志社大学

(注)所属等は刊行時のものです。



Copyright © 2010 Research Institute for Languages and Cultures of Asia and Africa. All Rights Reserved.