AA研トップ > 出版物 > 『FIELDPLUS』(フィールドプラス)
文字の大きさ : [大きく] [標準] [小さく]

『FIELDPLUS』(フィールドプラス)

創刊号表紙

AA研では2009(平成21)年1月より,一般向けの雑誌『FIELDPLUS』(フィールドプラス)を刊行しています。本誌は多様な研究分野の垣根を超えて,世界各地でフィールド調査する研究者たちの取り組みや経験を紹介する雑誌です。年2回(1月・7月)刊行,高校生以上の若い世代をふくむ多くの読者を対象として,豊富なカラー写真や図版を使いながら,フィールド研究の面白さを伝えていきます。

「no. 3」から,東京外国語大学出版会を通じて市販しています(476円+税)。お近くの書店にてご注文いただくか,ネット書店にてお求めください。また本誌掲載記事のPDF版がウェブサイトからダウンロードできます(最新号と一部の記事を除く)。こちらもぜひご利用ください。詳しくはバックナンバーのページをご覧ください。


Field+ no.26(2021年7月10日刊行)

2021 07 no.26

Contents

巻頭特集 言語地図からアジアの言語を探る

責任編集:遠藤光暁

  • アジア言語地図の「太陽」と日本語方言学 --福嶋秩子
  • 稲・稲作とチベット文化圏 --鈴木博之
  • ミャオ・ヤオ語族の鉄にまつわるお話 --田口善久
  • 四川省の少数民族言語からアジアの「雨が降る」文へ
    --白井聡子

あの時、あの瞬間

  • ペルシア語文化を求めてインドへ --近藤信彰

フィールドで見つけました 「こわいもの」

  • こわい隣人――香港における東南アジアの呪いのイメージ --小栗宏太
  • 時空を越えて忍び寄る奇々怪々な気配 --岡田知子
  • スクリーンの向こうの「異世界」 --廣田龍平

私のフィールドワーク

  • 混成の小宇宙2000-2019 --小田淳一

フロンティア

  • 「放浪」するオスたち――ニホンザルのオス集団とその関わり --川添達朗

Field+MUSIC

  • ヨルバの音楽に見る異文化の受容と新たな伝統 --塩田勝彦

フィールドワーカーのよりみちスポット

  • アフォーダンスを感じとれる場所 --石黒芙美代

Profile

  • 石黒芙美代(いしぐろ ふみよ)小田原短期大学, AA研教務補佐員
  • 遠藤光暁(えんどう みつあき)青山学院大学, AA研共同研究員
  • 岡田知子(おかだ ともこ)東京外国語大学
  • 小栗宏太(おぐり こうた)東京外国語大学大学院総合国際学研究科博士後期課程
  • 小田淳一(おだ じゅんいち)AA研フェロー
  • 川添達朗(かわぞえ たつろう)AA研研究機関研究員
  • 近藤信彰(こんどう のぶあき)AA研
  • 塩田勝彦(しおた かつひこ)大阪大学, AA研共同研究員
  • 白井聡子(しらい さとこ)東京大学, AA研共同研究員
  • 鈴木博之(すずき ひろゆき)復旦大学(中国), AA研共同研究員
  • 田口善久(たぐち よしひさ)千葉大学
  • 廣田龍平(ひろた りゅうへい)東洋大学非常勤講師
  • 福嶋秩子(ふくしま ちつこ)新潟県立大学, AA研共同研究員

(注)所属等は刊行時のものです。



Copyright © 2010 Research Institute for Languages and Cultures of Asia and Africa. All Rights Reserved.