AA研トップ > 出版物 > 『FIELDPLUS』(フィールドプラス)
文字の大きさ : [大きく] [標準] [小さく]

『FIELDPLUS』(フィールドプラス)

創刊号表紙

AA研では2009(平成21)年1月より,一般向けの雑誌『FIELDPLUS』(フィールドプラス)を刊行しています。本誌は多様な研究分野の垣根を超えて,世界のあらゆる地域をフィールドとする研究者たちの取り組みや経験を紹介する雑誌です。年2回(1月・7月)刊行,高校生以上の若い世代をふくむ多くの読者を対象として,豊富なカラー写真や図版を使いながら,フィールド研究の面白さを伝えていきます。

「no. 3」から,東京外国語大学出版会を通じて市販しています(476円+税)。お近くの書店にてご注文いただくか,ネット書店にてお求めください。また本誌掲載記事のPDF版がウェブサイトからダウンロードできるようになりました(最新号と一部の記事を除く)。こちらもぜひご利用ください。詳しくはバックナンバーのページをご覧ください。


Field+ no.19(2018年1月20日発売)

2018 01 no.19

Contents

巻頭特集 一なる神,多様なる社会――少数派から読み解く中東地域

責任編集/近藤洋平

  • オマーン——「寛容」の精神のもとで暮らす --近藤洋平
  • ダマスクスのウマイヤ・モスク --黒木英充
  • 現代トルコのアレヴィー——少数派として生き抜く --若松大樹
  • エジプト・ナイル川中流域のキリスト教社会 --辻明日香

フィールドワークって何? 「よむ」

  • 今のモンゴルで昔のトルコ語を読む --鈴木宏節
  • 歩いて,掘って,よむ --山本睦
  • アイヌ語をよむ,きく,たずねる --小林美紀

フィールドノート

  • 私蔵写本を求めて --小倉智史
  • 生活世界としての路上と市場―インド・コルカタから --澁谷俊樹

研究者の本棚

  • 激動の森の民族誌『民族境界の歴史生態学――カメルーンに生きる農耕民と狩猟採集民』 --服部志帆
  • バッタ博士の楽しくも真面目な語り『バッタを倒しにアフリカへ』 --苅谷康太

フロンティア

  • J-POPと言語学のあいだで --平田秀
  • 謎解きラスター彩陶――コードネームは「甘美ナ声ノ挽歌誦ミ」 --神田惟

Field+CAFÉ

  • コピティアム,多文化社会のごった煮的食文化 --櫻田涼子

フィールドワーカーのおみやげ

  • 髙松洋一

Profile

  • 小倉智史(おぐら さとし)AA研
  • 苅谷康太(かりや こうた)AA研
  • 神田惟(かんだ ゆい)東京大学大学院人文社会系研究科博士課程,日本学術振興会特別研究員(DC1)
  • 黒木英充(くろき ひでみつ)AA研
  • 小林美紀(こばやし みき)国立アイヌ民族博物館設立準備室((公財)アイヌ文化振興・研究推進機構博物館運営準備室)研究員
  • 近藤洋平(こんどう ようへい)AA研特任研究員
  • 櫻田涼子(さくらだ りょうこ)育英短期大学
  • 澁谷俊樹(しぶや としき)横浜市立大学非常勤講師,AA研ジュニア・フェロー
  • 鈴木宏節(すずき こうせつ)青山学院女子短期大学
  • 髙松洋一(たかまつ よういち)AA研
  • 辻明日香(つじ あすか)川村学園女子大学,AA研共同研究員
  • 服部志帆(はっとり しほ)天理大学
  • 平田秀(ひらた しゅう)AA研特任研究員
  • 山本睦(やまもと あつし)山形大学
  • 若松大樹(わかまつ ひろき)トロス大学アレヴィー・ベクタシー研究センター(トルコ),AA研共同研究員

(注)所属等は原稿執筆時のものです。



Copyright © 2010 Research Institute for Languages and Cultures of Asia and Africa. All Rights Reserved.