ILCAA Home > Training > Intensive Language Courses (ILC) > ILC 2017
Font Size : [Larger] [Medium] [Smaller]

ILC 2017

The courses are taught in Japanese.

As explanation of grammar, pronunciation, etc. are provided in Japanese, participants need to have Japanese language skills.


■ Hungarian

Term: 17 Aug 2017 - 30 Aug 2017 70 hours/total
Venue: Research Institute for Languages and Cultures of Asia and Africa (Tokyo, Japan)
Head Teacher: Hajime OSHIMA
Sub Teacher: Shingo AKIYAMA
Native Teacher: Eva BILIK

  • ILCAA Forum: A Cultural lecture in the Intensive Language Course of Hungarian
  • Date/Time: Sat 26 Aug 2017 10:00–15:00
  • Venue: Room 306, ILCAA
  • Language: Japanese
  • Admission: Free
  • No pre-registration is needed.
  • Jointly sponsored by ILCAA, Tokyo University of Foreign Studies (TUFS) / Information Center for Social and International Collaboration (ICSIC)
  • Speakers: Junko KAMIYA, Takashi KAMIYA (Researchers on Hungarian Folk Dance)
    Title: “Hungarian Folk Dance”

■ Javanese

Term: 1 Aug 2017 – 25 Aug 2017 102 hours/total
Venue: Research Institute for Languages and Cultures of Asia and Africa (Tokyo, Japan)
Head Teacher: Yumi SUGAHARA
Native Teacher: Yosephin Apriastuti RAHAYU

  • ILCAA Forum: A Cultural lecture in the Intensive Language Course of Javanese
  • Date/Time: Fri 4 Aug 2017 16:00–17:00
  • Venue: Room 304, ILCAA
  • Language: Japanese
  • Admission: Free
  • No pre-registration is needed.
  • Jointly sponsored by ILCAA, Tokyo University of Foreign Studies (TUFS) / Information Center for Social and International Collaboration (ICSIC)
  • Speaker: Toru AOYAMA (Tokyo University of Foreign Studies)
    Title: “Introduction to the History of Javanese Literature”
  • Date/Time: Tue 22 Aug 2017 16:00–17:00
  • Venue: Room 304, ILCAA
  • Language: Japanese
  • Admission: Free
  • No pre-registration is needed.
  • Jointly sponsored by ILCAA, Tokyo University of Foreign Studies (TUFS) / Information Center for Social and International Collaboration (ICSIC)
  • Speaker: Koji MIYAZAKI (Professor Emeritus, Tokyo University of Foreign Studie /ILCAA Research Fellow)
    Title: “Javanese calendar and divination”

募集要項(共通事項)

1. 募集言語ハンガリー語,ジャワ語
2. 募集人員各言語 約10名
3. 募集期間2017年5月1日(月)~ 2017年5月25日(木)
 受付時間 午前9時30分~午後5時(正午~午後1時を除く)
 持込みの場合,土・日・祝日を除きます。
 郵送の場合は,5月25日(木)必着です。
 Eメールの場合は, 5月25日(木)日本時間午後5時必着です。
現在,二次募集を行なっています。
平成29年度夏期言語研修の募集は終了しました。
第二次募集期間:2017年6月1日(木)~ 2017年6月26日(月)
 受付時間 午前9時30分~午後5時(正午~午後1時を除く)
 持込みの場合,土・日・祝日を除きます。
 郵送の場合は,6月26日(月)必着です。
 Eメールの場合は, 6月26日(月)日本時間午後5時必着です。
4. 応募資格大学在学生,大学卒業者または上記の目的に必要な学力及び動機をお持ちの方であれば,ご応募いただけます。
5. 応募方法所定の受講申込書に必要事項をご記入の上,在学証明書又は最終学校の卒業証明書(写)を添えて,お申し込み下さい。
※申し込み方法は,直接持ち込み,郵送,Eメールのいずれかとします。
※郵送の場合は,封筒の表に「言語研修○○語申し込み」と朱書き願います。
受講申込書:wordファイル
6. 選考方法当研究所で書類審査により選考します。
7. 選考結果受講の可否は,一次募集応募分については,6月末までに本人あてにEメールにて通知します。二次募集を行った場合は,7月下旬までに本人あてにEメールにて通知します。
8. 受講手続受講を許可された方は,所定の期日までに,研修言語ごとに定められた額の受講料を一括納付して下さい。 受講料は各言語ごとに異なりますので,それぞれのページをご覧ください。
9. 修了証書研修言語ごとに定められている授業時間数の3分の2以上出席し,かつ所定の成績を収めた受講者に修了証書を交付します。
10. そ の 他文化講演として,担当講師以外の外部講師を招いた授業を取り入れています。文化講演は一般向けに公開することがあります。
11. 申込み先東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所2階206室
研究協力課共同研究拠点係
〒183-8534 東京都府中市朝日町3-11-1
TEL 042-330-5603, FAX 042-330-5610
Email ilcaa-ilc[at]tufs.ac.jp [at]を@に置き換えて下さい。

ハンガリー語

研修期間
研修期間:2017年8月17日(木)~2017年8月30日(水)
午前9時00分 ~ 午後5時15分 (土日は休講  ただし8月26日(土)のみ文化講演を実施)

研修時間
70時間

研修会場
東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所
(〒183-8534 東京都府中市朝日町3-11-1)

講師
大島一(おおしま はじめ)東京外国語大学非常勤講師 / 同アジア・アフリカ言語文化研究所ジュニア・フェロー
1997年関西外国語大学大学院外国語学研究科修士課程修了後,政府間交換留学生としてハンガリー・ブダペストのエトヴェシュ・ロラーンド大学へ留学。
2005年一橋大学大学院社会学研究科博士後期課程修了,博士(社会学)取得。
2002年にはワルシャワ大学東洋学研究所にて日本語専任講師として教鞭をとり,その後,諸大学・研究機関にて非常勤講師や研究員を歴任。
2012年よりアジア・アフリカ言語文化研究所研究機関研究員として研究に従事し,任期満了後,現職。
主にハンガリー周辺地域のハンガリー語方言における言語接触について研究。
秋山晋吾(あきやま しんご)一橋大学大学院社会学研究科 教授
1999年から2002年までハンガリー・デブレツェン大学に留学。2004年千葉大学大学院社会文化科学研究科博士後期課程修了,博士(文学)取得。
その後,諸大学の非常勤講師を歴任し,2010年に一橋大学大学院社会学研究科准教授として着任,2014年4月より現職。
主にハンガリー,トランシルヴァニアを中心に,東中欧の社会史を研究している
BILIK Éva(ビリック エヴァ)東京外国語大学等非常勤講師
1996年ハンガリー共和国のJANUS PANNONIUS大学理学部教養学部 理科,ドイツ語学科専修を卒業後,ドイツのバイロイト大学大学院にて生物学の教授法を専攻。
その後来日し,現在は,ドイツ文化センターや東京外国語大学,獨協大学,早稲田大学等において非常勤講師としてドイツ語を教授している。

受講料
42,000円(教材費込み)

文化講演
  • 日時:2017年8月26日(土)10:00–15:00
  • 場所:AA研マルチメディアセミナー室(306)
  • 使用言語:日本語
  • 参加費:無料
  • 事前申し込み:不要
  • 共催:AA研,東京外国語大学社会・国際貢献情報センター
  • 講演者:神谷潤子,神谷孝(ハンガリー舞踊研究家)
    題目「ハンガリー民族舞踊」

ジャワ語

研修期間
研修期間:2017年8月1日(火)~2017年8月25日(金)
午前9時00分 ~ 午後5時00分 (土日および8月11日~16日は休講)

研修時間
102時間

研修会場
東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所
(〒183-8534 東京都府中市朝日町3-11-1)

講師
菅原由美(すがはら ゆみ)大阪大学大学院言語文化研究科 准教授
2002年東京外国語大学大学院地域文化研究科博士後期課程地域文化専攻,博士(学術)取得. 2004年東京外国語大学21世紀COEプログラム史資料ハブ地域文化研究拠点ポスドク研究員を経て,2005年より天理大学国際文化学部アジア学科講師。2010年に大阪大学世界言語研究センター講師として着任し,2012年4月より現職。
主にインドネシア近代史,イスラーム史について研究。
RAHAYU, Yosephin Apriastuti(ラハユ,ヨセフィン アプリアストゥティ)東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所外国人研究員/ Lecturer, Wisma Bahasa, Yogyakarta
2003年インドネシア共和国ガジャマダ大学大学院修士課程修了。1995年よりYogyakartaのWisma Bahasaにてジャワ語講師を務める。
2016年10月1日に東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所外国人研究員として着任。
主に,ウッタラカンダ:ムラピ・ムルバブコレクション所蔵の古ジャワ語韻文について研究している。

受講料
61,200円(教材費込み)

文化講演
  • 日時:2017年8月4日(金)16:00–17:00
  • 場所:AA研マルチメディア会議室(304)
  • 使用言語:日本語
  • 参加費:無料
  • 事前申し込み:不要
  • 共催:AA研,東京外国語大学社会・国際貢献情報センター
  • 講演者:青山亨(東京外国語大学)
    題目「ジャワ語文学の歴史の概要」
  • 日時:2017年8月22日(火) 16:00–17:00
  • 場所:AA研マルチメディア会議室(304)
  • 使用言語:日本語
  • 参加費:無料
  • 事前申し込み:不要
  • 共催:AA研,東京外国語大学社会・国際貢献情報センター
  • 講演者:宮崎恒二(東京外国語大学名誉教授/AA研フェロー)
    題目「ジャワの暦と占い」


Copyright © 2010 Research Institute for Languages and Cultures of Asia and Africa. All Rights Reserved.