AA研トップ > イベント情報 > これからのイベント
文字の大きさ : [大きく] [標準] [小さく]

これからのイベント

イベントタイトル欄に「公開」と記されているものは,一般公開でおこなわれます。

(開催場所の部屋番号についてはこちら
イベント情報ページに戻る
日時イベントタイトル内容場所
2016年6月4日(土)
14:00-17:30
~2016年6月5日(日)
10:00-16:00
共同利用・共同研究課題「新出多言語資料からみた敦煌の社会」2016年度第1回研究会

6月4日

  1. 松井太(AA研共同研究員,大阪大学)・荒川慎太郎(AA研所員)「プロジェクト全体の進捗について」
  2. 松井太(AA研共同研究員,大阪大学)「ウイグル語銘文からみた仏教巡礼の諸相」
  3. 山本明志(AA研共同研究員,大阪国際大学)「漢文銘文から見た元代敦煌の巡礼者」
  4. 佐藤貴保(AA研共同研究員,盛岡大学)「莫高窟・楡林窟における西夏時代の漢文題記,供養人像について」

6月5日

  1. 橘堂晃一(AA研共同研究員,龍谷大学)「2015年度敦煌地域ブラーフミー文字銘文調査報告」
  2. 成果刊行物編集会議
  3. 今後の研究会と調査に関する打ち合わせ
大阪大学・豊中キャンパス・文学部本館2階・史学科共同研究室
2016年6月4日(土)
14:00-17:30
~2016年6月5日(日)
10:00-15:00
共同利用・共同研究課題「通言語的・類型論的観点からみた琉球諸語のケースマーキング」2016年度第1回研究会
【公開】

6月4日

  1. 下地理則(AA研共同研究員,九州大学)趣旨説明
  2. 中川奈津子(AA研共同研究員, 千葉大学)「八重山白保方言の目的語標示」
  3. 林由華(大阪大学/日本学術振興会特別研究員(PD))「宮古池間方言の目的語標示」
  4. 中間討議

6月5日

  1. 新永悠人(AA研共同研究員,成城大学)「沖縄久高島方言の目的語標示」
  2. 當山奈那(AA研共同研究員,琉球大学)「沖縄首里方言の目的語標示」
  3. 総合討議
  • 使用言語:日本語
  • 参加費:無料
  • 事前申し込み:不要
304
2016年6月10日(金)
9:30-17:45
2016年6月11日(土)
9:30-17:45
2016年6月12日(日)
9:30-12:45
第23回オーストロネシア形式言語学会(AFLA 23)
【公開】
共催
科研費基盤(C)「Malayo-Sumbawan言語における定性標示と文構造との関係に関わる研究」(代表:塩原朝子), 科研費若手(B)「数の仕組みとその文法・情報構造との連関の通言語的研究」(代表:野元裕樹),多言語・多文化共生に向けた循環型の言語研究体制の構築(LingDy3)
303
2016年6月11日(土)
13:00-19:00
~2016年6月12日(日)
10:00-15:00
共同利用・共同研究課題「「もの」の人類学的研究(2)人間/非人間のダイナミクス」2016年度第1回研究会

6月11日

  • 1. 春日直樹(AA研共同研究員,一橋大学)「二つの真実の間で:フィジーの時間と物理学の時間」
  • 2. 西井凉子(AA研所員)「民族誌記述の基点としての『もつれ髪』-ヒッピーからダッワ実践者へ」
  • 3. 黒田末寿(AA研共同研究員,滋賀県立大学)「農鍛冶の鉄のうち方:循環する鍛冶物が木と土と人を語る」(仮題)

6月12日

  • 1. 伏木香織(大正大学)「人形劇『ポテヒ』のトポロジー」
  • 2. 丹羽朋子(AA研共同研究員,人間文化研究機構)「中国黄土高原の紙細工ー<陰陽両間>をつなぐモノの力(仮) 」
306
2016年6月17日(金)
14:00-17:00
フィールドサイエンス・コロキアム 2016年度第1回ワークショップ「災害と/のフィールドワーク」
【公開】
  • 14:00-14:05 趣旨説明:床呂郁哉(AA研所員)
  • 14:05-14:40 発表(1)木村周平(筑波大学)「災害下での人類学的フィールドワークの試み:サルベーション・コラボレーション・アクション」
  • 14:40-15:15 発表(2)清水展(京都大学)「フィールド・ワークと民族誌の長い距離:スローな人類学が災害復興にできる/ できないこと」
  • 15:15-15:50 発表(3)祖田亮次(大阪市立大学)「災害研究と地理学」
  • 15:50-16:00 休息
  • 16:00-17:00 コメント: 外川昌彦(AA研所員), 菅豊(東京大学), 大石高典(東京外国語大学) + 討論
  • 使用言語:日本語
  • 参加費:無料
  • 事前申し込み:不要
  • ※詳細は,こちらをご覧ください。
  • 主催
    フィールドサイエンス研究企画センター
304
2016年6月19日(日)
13:00-18:00
共同利用・共同研究課題「中国雲南におけるテクスト研究の新展開」2016年度第1回研究会
  • 1. 西川和孝(AA研共同研究員,国士舘大学)「清末民国期の雲南省におけるアヘンについて」
  • 2. 相原佳之(東洋文庫/人間文化研究機構)「貴州東南部清水江流域の林業関係史料を用いた研究とその現状」
  • 3. 奈良雅史(AA研共同研究員,北海道大学)「回族におけるイスラーム教育とテキスト」
  • 4. 全体討論
304
2016年7月9日(土)
10:30-19:30
海外学術調査フォーラム
【公開(一部事前登録制)】
  • 10:30~12:30 海外学術調査ワークショップ「フィールドサイエンスにおけるドキュメンテーション―あつめる・はかる・かぞえる―」
  • 1. 卯田宗平(国立民族学博物館/環境民俗学)「概念を規定し,事例を読みとく―鵜飼研究,中国から日本,そしてマケドニアへ」
  • 2. 前野ウルド浩太郎(国立研究開発法人 国際農林水産業研究センター/昆虫学)「アフリカにおけるサバクトビバッタとの闘い」
  • 12:30~12:35 海外学術調査フェスタ展示内容の案内
  • 12:35~14:00 -昼食・休憩-
  • 14:00~14:30 全体会議 *
  • 14:30~15:00 会場別質疑 *
  • 15:10~17:10 地域別分科会 *
  • 17:30~19:30 情報交換会 *
  • ※12:35~17:30 1階展示資料室にて,「海外学術調査フェスタ」開催
  • *印のものには,事前申し込みが必要です。
  • 使用言語:日本語
  • 詳細はこちらです。
主催
アジア・アフリカ言語文化研究所
AA研大会議室(303)ほか

イベント情報ページに戻る


Copyright © 2010 Research Institute for Languages and Cultures of Asia and Africa. All Rights Reserved.