AA研トップ > イベント情報 > これからのイベント
文字の大きさ : [大きく] [標準] [小さく]

これからのイベント

イベントタイトル欄に「公開」と記されているものは,一般公開でおこなわれます。

(開催場所の部屋番号についてはこちら
イベント情報ページに戻る
日時イベントタイトル内容場所
2016年8月28日(日)
14:00–20:00
共同利用・共同研究課題「東南アジアのイスラームと文化多様性に関する学際的研究(第二期)」2016年度第2回研究会
【公開】

東南アジアにおけるイスラームと文化多様性に関する国際ワークショップ

  • 1. 床呂郁哉(AA研所員)開会挨拶
  • 2. オマル・ファルーク(AA研共同研究員,マレーシア理科大学)「大陸部東南アジアにおけるイスラームと文化多様性」
  • 3. シャムスル・A・B(AA研共同研究員,マレーシア国民大学)「多様性から超多様性へ:島嶼部東南アジアのムスリム世界」
  • 4. 吉田ゆか子(AA研所員)「多宗教都市ジャカルタにおけるバリ舞踊―ムスリムとヒンドゥ教徒の芸能を通じた交流に関する一考察(仮)」
  • 5. 坪井祐司(AA研研究機関研究員)「マラヤの脱植民地化におけるムスリム知識人の構想(仮)」
  • 6. 討論
  • 7. 富沢寿勇(AA研共同研究員,静岡県立大学)閉会挨拶
  • 8. 情報交換会
  • 使用言語:英語
  • 参加費:無料
  • 事前申し込み:不要
共催
Kota Kinabalu Liaison Office,基幹研究「アジア・アフリカにおけるハザードに対処する『在来知』の可能性の探求-人類学におけるミクロ-マクロ系の連関2」
Gaya Room 1, Hotel Meridien Kota Kinabalu (Jalan Tun Fuad Stephens, Kota Kinabalu)
2016年8月29日(月)
14:40–17:00
AA研フォーラム:言語研修(琉球語)文化講演「奄美大島宇検村の民俗行事の解説と八月踊りの体験」
【公開】

AA研フォーラム:言語研修(琉球語)文化講演

  • 題目「奄美大島宇検村の民俗行事の解説と八月踊りの体験」
  • 14:40–15:40 渡聡子(宇検村教育委員会)
  • 16:00–17:00 直三男也
  • 踊り手:菅井えつ子,村石厚子
  • ※本フォーラムは,言語研修「琉球語」の一環として開催されます。
  • 使用言語:日本語
  • 参加費:無料
  • 事前申し込み:不要
共催
AA研,東京外国語大学社会・国際貢献情報センター
304
2016年9月1日(木)
10:00–14:00
– 2016年9月2日(金)
10:00–14:00
共同利用・共同研究課題「中東社会における宗教宗派的・政治社会的少数派に関する研究」2016年度第1回研究会
【公開】

9月1日

  • 1. Yohei KONDO (ILCAA Joint Researcher, ILCAA Research Associate) Introduction
  • 2. Yohei KONDO (ILCAA Joint Researcher, ILCAA Research Associate) “Minorities in Oman”
  • 3. Guita HOURANI (ILCAA Joint Researcher, Notre Dame University-Louaize (NDU)) “Kurds in the Middle East”
  • 4. Hiroki WAKAMATSU (ILCAA Joint Researcher, Toros University) “Alevis in Turkey”
  • 5. Aiko NISHIKIDA (ILCAA) “Palestinians in the Middle East”

9月2日

  • 1. Hidemitsu KUROKI (ILCAA) “Elites in the Ottoman Period”
  • 2. Souad SLIM (ILCAA Joint Researcher, University of Balamand) “Christians in the Middle East (1)”
  • 3. Ray MOUAWAD (ILCAA Joint Researcher, Saint Joseph University) “Christians in the Middle East (2)”
  • 4. Hidemi TAKAHASHI (ILCAA Joint Researcher, The University of Tokyo) “Christians in the Middle East (3)”
  • 5. Antranig DAKESSIAN (ILCAA Joint Researcher, Haigazian University) “Armenians in the Middle East (1) ”
  • 6. Takayuki YOSHIMURA (ILCAA Joint Researcher, Waseda University) “Armenians in the Middle East (2)”
  • 7. About next meetings
  • 使用言語:英語
  • 参加費:無料
  • 事前申し込み:不要
主催
AA研基幹研究「中東・イスラーム圏における分極化とその政治・社会・文化的背景」
Japan Center for Middle Eastern Studies, Beirut (JaCMES)
2016年9月8日(木)
14:20–16:30
2016年9月9日(金)
14:20–16:30
AA研フォーラム:言語研修(ヒンディー語)文化講演「インド・ラージャスターン農村の25年」
【公開】

AA研フォーラム:言語研修(ヒンディー語)文化講演

  • 題目「インド・ラージャスターン農村の25年」
  • 講演者:中谷純江(鹿児島大学)
  • ※本フォーラムは,言語研修「ヒンディー語」の一環として開催されます。
  • 使用言語:日本語
  • 参加費:無料
  • 事前申し込み:不要
  • 注意:お席に限りがありますので,人数が多い場合は立ち見となります。
共催
AA研,東京外国語大学社会・国際貢献情報センター
大阪研修センター十三 会議室D(大阪市淀川区十三本町1-12-15)
2016年9月11日(日)
13:00–17:00
公開講演会「9・11から15年 中東の混迷と『イスラム国』」
【公開】
  • 13:00 飯塚正人(AA研所員)挨拶 趣旨説明
  • 13:10 保坂修司(日本エネルギー経済研究所)「アルカーイダと『イスラム国』」
  • 13:50 アフガニスタン・アーカイブ上映
  • 14:05 山根聡(大阪大学)「宗教とテロの峻別へ――パキスタンの選択」
  • 14:45 休憩
  • 15:00 酒井啓子(千葉大学)「すべてのパンドラの箱をあけた9.11」
  • 15:40 黒木英充(AA研所員)「対テロ戦争と世界内戦――最終的(?)引金としてのシリア内戦」
  • 16:20 全員 質疑応答
  • 16:55 西尾哲夫(国立民族学博物館)閉会の辞
  • 司会:近藤信彰(AA研所員)
  • 使用言語:日本語
  • 参加費:無料
  • 事前申し込み:不要
  • お問合せ先】koenkai_aa_nihu[at]yahoo.co.jp [at]を@にして送信下さい。
  • ちらし
主催
AA研 中東イスラーム研究拠点(人間文化研究機構「現代中東地域研究」)
大手町サンケイプラザ 3F 301-304会議室(東京都千代田区大手町1-7-2)
2016年9月13日(火)
18:00–20:30
(17時45分開場)
チベットの今を見つめる眼『Bringing Tibet Home』
【公開】
  • 1. Bringing Tibet Home 劇中歌担当テンジン・チョーギャルさんによる歌とお話
  • 2. Bringing Tibet Home 上映 (18:30–19:52)
  • 3. テンジン・ツェテン・チョクレイ監督講演
  • 4. テンジン・チョーギャルさんによる歌
  • Bringing Tibet Home
  • 2014 アメリカ/韓国/インド 82分
  • 監督 Tenzin Tsetan Choklay(テンジン・ツェテン・チョクレイ)
  • 死ぬまでに一度チベットの土を踏みたいという,叶えられることのなかった主人公の父親の遺言にインスパイア され,2万トンものチベットの土をインドに運ぶ壮大なアートプロジェクトを追ったドキュメンタリー。
  • http://www.bringingtibethome.com
  • 詳細はこちらもご覧ください
  • 使用言語:日本語,チベット語(日本語⇔チベット語の逐次通訳あり)
  • 参加費:無料
  • 事前申し込み:不要
共催
AA研基幹研究「多言語多文化共生に向けた循環型の言語研究体制の構築」(LingDy3),キキソソチベットまつり
303
2016年9月16日(金)
13:30–17:00
「ヒマラヤ・チベット文明の史的展開と学際的研究」2016年度第5回研究会
  • 1. 岩尾一史(神戸市外国語大学)「古代チベットにおける牧民の管理と土地」
  • 2. 『チベット文明の発展と展開』(仮)出版打ち合わせ
  • 3. シンポジウム事前準備
共催
京都大学人文科学研究所「ヒマラヤ・チベット文明の史的展開と学際的研究」,AA研共同利用・共同研究課題「“人間―家畜―環境をめぐるミクロ連環系の科学”の構築 ~青海チベットにおける牧畜語彙収集からのアプローチ」, 科学研究費(基盤B)「チベット牧畜民の生活知の研究とそれに基づく牧畜マルチメディア辞典の編纂」(代表者:星泉(AA研所員),課題番号:15H03203)
302
2016年9月17日(土)
10:00–17:00(9:30開場)
シンポジウム「チベット文明のレジリエンス」
【公開】
  • 1. 10:00–10:20 岩尾一史(神戸市外国語大学)「趣旨説明」
  • 2. 10:20-10:50 井内真帆(神戸市外国語大学)「チベット史の転換期としての仏教伝播」
  • 3. 10:50-11:20 小松原ゆり(明治大学)「ガンデンポタンの成立と周辺諸国への波及」
  • 4. 11:30-12:00 質疑応答・ディスカッション
  • 5. 13:30-14:00 別所裕介(広島大学,AA研共同研究員)「ポスト王政期ネパールにおける“仏教の政治”とチベット仏教の社会進出」
  • 6. 14:00-14:30 根本裕史(広島大学)「チベット古典文学の再創造」
  • 7. 14:30-15:00 小西賢吾(金沢星稜大学)「ボン教のレジリエンス:人・自然・思想のつながりから」
  • 8. 15:10-15:50 質疑応答・ディスカッション
  • 9. 16:00-17:00 ラウンドディスカッション「チベット文明の特質」
  • 使用言語:日本語
  • 参加費:無料
  • 事前申し込み:不要
共催
京都大学人文科学研究所「ヒマラヤ・チベット文明の史的展開と学際的研究」,AA研共同利用・共同研究課題「“人間―家畜―環境をめぐるミクロ連環系の科学”の構築 ~青海チベットにおける牧畜語彙収集からのアプローチ」,科学研究費(基盤B)「チベット牧畜民の生活知の研究とそれに基づく牧畜マルチメディア辞典の編纂」(代表者:星泉(AA研所員),課題番号:15H03203)
協力
一般財団法人 東方学会
303
2016年9月18日(日)
〜2016年9月21日(水)
中東☆イスラーム教育セミナー
協賛
地域研究コンソーシアム
304
2016年9月26日(月)
〜2016年9月30日(金)
9:30–16:30
(30日(金)のみ9:30–13:00)
言語ドキュメンテーションセミナー
  • 言語ドキュメンテーションに関するセミナーの開催(講義,録音,録画,ソフトウェアの実習,フィールド調査の実習)
  • 講師:呉人徳司(AA研所員),Zhargal Badagarov(ブリヤート国立大学(ロシア)),Sambuudorj Ochirbat(モンゴル国科学アカデミー)
  • プログラム
  • 使用言語:モンゴル語,英語
共催
AA研基幹研究「多言語・多文化共生に向けた循環型の言語研究体制の構築(LingDy3)」,モンゴル国科学アカデミー言語文学研究所(モンゴル)
モンゴル国科学アカデミー言語文学研究所(モンゴル)

イベント情報ページに戻る


Copyright © 2010 Research Institute for Languages and Cultures of Asia and Africa. All Rights Reserved.