AA研トップ > イベント情報 > これからのイベント
文字の大きさ : [大きく] [標準] [小さく]

これからのイベント

タイトル欄に「公開」と記されているものは,一般公開でおこなわれます。

(開催場所の部屋番号についてはこちら
イベント情報ページに戻る
                 
日時イベントタイトル内容場所
2024年4月13日(土)
14:00–17:00
イスラーム信頼学国際ワークショップ “Chancelleries, Correspondence, and Diplomacy in the Iranian Plateau”
【公開】
  • イスラーム信頼学B01班「イスラーム共同体の理念と国家体系」(代表:近藤信彰)は,A01班「イスラーム経済のモビリティと普遍性」(代表:長岡慎介)と共催で、国際ワークショップ “Chancelleries, Correspondence, and Diplomacy in the Iranian Plateau” を開催いたします。皆様のご参加をお待ち申し上げます。
  • プログラム:
  • 14:00–14:10 イントロダクション:近藤信彰(AA研所員)
  • 14:10–15:10
  • Colin Mitchell (Dalhousie University)
  • “Belletristic Presentations of Princely Governance during the 1469-70 Timurid Succession Crisis”
  • 15:20–16:20
  • Peter Good (JSPS Fellow/ ILCAA)
  • “Stability by Contract?: The East India Company in Persia 1600-1747”
  • 16:30–17:00 ディスカッション
  • 使用言語:英語
  • 参加費:無料
  • 事前登録が必要です。
  • 対面参加はこちらからご登録ください。
  • オンライン参加はこちらからご登録ください。
  • 報告要旨
  • “Belletristic Presentations of Princely Governance during the 1469-70 Timurid Succession Crisis”
  • Colin Mitchell
  • Largely stepping into the vacuum left by Timur and his descendants in Azarbaijan and central Iran, the Aq Qoyunlu developed a semblance of a Perso-Islamic court culture while at the same time maintaining structures, institutions, titles, and rankings associated with Turkish tribal politics (pace J. Woods). The chancellery is very much emblematic of this hybridism, and this paper seeks to examine the Aq Qoyunlu production of letters in the tradition of insha (epistolography) to better understand how this particular state understood the appointment and mandate of royal family members (i.e. princes) for positions of governance. Nowhere is this better seen than during the aftermath of Uzun Hasan’s defeat of the Timurid ruler, Abu Said at the Battle of Qarabagh in 1469. Curiously, Uzun Hasan made a conscious decision to not appoint one of his sons as the governor of the newly conquered city of Herat, but rather nominated Yadgar Muhammad Mirza. Yadgar Muhammad Mirza was one of many competing descendants of Timur who were making claims to the Timurid throne, and Uzun Hasan openly used him as a proxy. Uzun Hasan sent supplies, men, and guidance to this young Timurid prince in his civil conflict with his cousin, Sultan Husain Baiqara. These events of 1469-70 – Yadgar’s invasion of Khurasan, the displacement of Sultan-Husain Baiqara from Herat, the successful counterattack by the Timurids - are detailed and discussed in a number of letters produced by the chancellery of Uzun Hasan. While the style, tone, and rhetoric are consistent with medieval Perso-Islamic conceptions of monarchical theory and sovereignty, there is no disputing the Turkic predilection for tanistry and succession politics. This paper will examine and analyze these letters in the hopes of better understanding how such literary-administrative texts can shed light on how contemporaries articulated these tensions which exist in the Perso and Turco-Islamic worlds regarding succession practices among competing princes.
  • “Stability by Contract?: The East India Company in Persia 1600-1747”
  • Peter Good
  • The English East India Company’s presence in Persia represents one of the longest non-colonial or imperial relationships of a European state with an Indian Ocean Empire. The Company’s ability to maintain its position as both a trading and diplomatic presence in the Safavid Empire was due to mutually recognised benefits. These included joint military campaigns against the Portuguese (1622), Gulf Piracy, or Arab and Afghan rebels along the littoral of the Persian Gulf. This paper will explore the different and changing methods used and deployed by both parties in order to maintain this valuable cooperation. The Company and the Safavid State enshrined their relationship in an evolving written document, the farmān. However, the farmān alone was rarely sufficient to fully answer all eventualities faced by either party, renegotiations were therefore required to better reflect changing circumstances. These negotiations were often carried out by non-European intermediaries, involving exchanges of gifts, invitations to social events and promises of mutual assistance. This paper will explore how the Anglo-Persian relationship was maintained outside of the formal confines of the written farmān. It will focus on the role of informal contacts, non-European intermediaries and the deployment of formal endorsements by court and local officials. By exploring these often-bilateral exchanges, it is possible to better understand how the Company’s business was interwoven with the local and state policies of the Safavid Empire and its successors. Understanding the balance of power and management of the Anglo-Persian relations has an important impact upon the way we understand the agency of non-European states and peoples in their commercial and diplomatic exchanges. This helps us to understand the multi-valent nature of these interactions, rather than relying solely on Eurocentric views.
共催
科研費学術変革領域研究(A)「イスラーム共同体の理念と国家体系」(研究代表者:近藤信彰(AA研)課題番号:20H05827),科研費学術領域変革研究(A)A01「イスラーム経済のモビリティと普遍性」(研究代表者:長岡慎介(京都大学)課題番号:20H05824)
京都大学吉田キャンパス総合研究2号館4階401号室,オンライン会議室
2024年4月13日(土)
14:00–18:00
共同利用・共同研究課題「マルチモーダル人類学とアートの実践に根差したプラットフォームの形成」2024度第1回研究会
  • 14:00–14:40 村津蘭(AA研所員)趣旨説明
  • 14:40–17:30 全員 自己の研究・作品等の紹介
  • 17:30-18:00 全員 今後の方向性議論
  • 使用言語:日本語
主催
AA研
405
2024年4月17日(水)
15:00–18:00
Roundtable: Persianate Studies in Japan
【公開】
  • 15:00 Introduction Nobuaki Kondo (ILCAA)
  • 15:10 Ryo Mizukami (JSPS/ ILCAA)
  • Spread of Imamophilia and Various Confessional Boundaries: A Study of Sunni and Shiʿi Fadāʾil Works in the Premodern Islamic Lands
  • 15:30 Kaori Otsuya (NIHU/ILCAA)
  • Circulation, Translation, and Reception of Arabic Manuscripts on the History of Mecca and Medina in the Early Modern Persianate World
  • 15:50 Haruya Shishido (MA, Meiji University)
  • Power Map of Qizilbāsh during the Reign of Shāh Ismā‘īl II (1576—77)
  • 16:10 Q&A
  • 16:40 Yui Kanda (ILCAA)
  • Legacy of Shāh ʿAbbās’s Book Endowments: A Preliminary Study of Kufic Qurʾāns with Alleged Twelver Imām Signatures Endowed to Mashhad
  • 17:00 Norifumi Daito (The Historiographical Institute, the University of Tokyo)
  • The Dutch East India Company and Local Intermediaries in Post-Safavid Iran
  • 17:20 Naofumi Abe (Ochanomizu University)
  • The Safavid Shrine after the Safavids: How We Delineate the Agency of a Muslim Shrine in the Age of Decline?
  • 17:40 Q&A
  • Discussant: Colin Mitchell (Dalhousie University)
  • 使用言語:英語
  • 参加費:無料
  • 事前登録が必要です。
  • 参加ご希望の方は,こちらから事前のご登録をお願いします。
共催
イスラーム信頼学B01,グローバル地中海地域研究AA研拠点
本郷サテライト401,オンライン会議室
2024年4月20日(土)
8:00–12:00
共同利用・共同研究課題「中国古代簡牘の横断領域的研究(5)―歴史情報学活用による総合的文書簡牘学の確立を目指して― (jrp000291)」2024度第2回研究会
  • 8:00–9:50 杉浦仁誼(学習院大学)「走馬楼西漢簡の概況について」
  • 9:50–10:10 休憩
  • 10:10–12:00 目黒杏子(AA研共同研究員、京都大学)「史料講読:『里耶秦簡(二)』第9層簡牘20」
  • 使用言語:日本語
主催
AA研
オンライン会議室
2024年4月20日(土)
10:00–18:30
映像編集を通してフィールドワークを学ぼう——ベトナム編2024
【公開】
  • コーディネーター:藤田周(TUFSフィールドサイエンスコモンズ(TUFiSCo)特任研究員)「映像編集を通してフィールドワークを学ぼう——ベトナム編2024」
  • ゲスト講師:康陽球(カン ヤング:国立民族学博物館 外来研究員)
  • ○概要
  • フィールドワークは、フィールドで物事を経験することと、そこで感じたり思ったりしたことについてよく考え、文字や映像に表すことからなります。このワークショップでは、康陽球さんがベトナム南中部ラグライ人社会での文化人類学的フィールドワークで撮影した映像を見ることをフィールドでの経験とみなし、その映像を編集することによって、フィールドの経験について思考し表現する方法について学んでいきます。フィールドワークに基づく映像を編集してみることで、フィールドワークから思考する「かのような」体験をしてみませんか? 映像編集は、日々映像に親しみ、そこから何かを考えることに慣れている現代の私たちにとって難しいことではありません。映像を編集したことがない人も、フィールドワークをしたことがない人も、ぜひ遊びにきてください。
  • ○本ワークショップの特徴
  • ①自分が撮影した映像ではなく、他人が撮った映像(今回は康さんがラグライ人社会で撮影したもの)を編集します。ここでは、映像を撮るというフィールドワークの現場での過程を体験するのではなく、映像を編集することを通してフィールドから考える方法について学んでいくことを目的としています。
  • ②多くのドキュメンタリー映像とは異なり、時系列や出来事の順番で映像を並べる編集を行いません。むしろ、フィールドの映像素材をそれがもたらす感覚や印象、テーマによって分類したり、繋いだりすることに基づいて、ひとつながりの映像を生み出すことを目指します。そうした映像に対する直感をもとに思考を働かせることで、フィールドから考え、それを伝える感覚をつかむことができます。
  • ○作品例
  • 長谷川莉帆(編集)、橋爪太作(撮影)『自然と人の力学』
  • 飯盛真緒(編集)、橋爪太作(撮影)『座空間』
  • *上の二作品は以前のワークショップの参加者であった長谷川さん、飯森さんが編集した映像です(いずれも学部生)。
  • ○イベント詳細
  • コーディネーター:藤田周(東京外国語大学 TUFSフィールドサイエンスコモンズ(TUFiSCo))
  • ゲスト講師:康陽球(カン ヤング:国立民族学博物館 超域フィールド科学研究部 外来研究員)
  • 使用言語:日本語
  • 参加資格:フィールドワークに興味がある方(大学1年生以上)
  • 参加定員:8人(応募多数の場合は先着順といたします)
  • 参加費:無料
  • 必要なもの:ノートパソコン(性能はYouTubeなどが見られるものであれば十分です。また、映像編集には無料のアプリClipchampを使います)
  • お問い合わせ先:fujitashu[at]aa.tufs.ac.jp([at]を@に変えてください)
  • 事前登録が必要です。
  • 参加ご希望の方は、こちらから事前のご登録をお願いします。
主催
TUFSフィールドサイエンスコモンズ(TUFiSCo)
405(コモンズ・ラボ)
2024年4月20日(土)
13:30–17:00
グローバル地中海ワークショップ “Prophets, History and Literature in the Islamicate World”
【公開】
  • Program:
  • 13:30–13:40 Introduction
  • 13:40–14:30 Osamu Otsuka (The University of Tokyo)
  • The Development of ‘History of the Prophets’ in Islamic Universal History Works
  • 14:40–15:30 Colin Mitchell (Dalhousie University)
  • Problematizing the Prophet-King David and His Reception in Medieval Persianate Culture
  • 15:40–16:30 Nobuaki Kondo (ILCAA, Tokyo University of Foreign Studies)
  • The Hamza-nama, the Safavids and the Pre-Islamic Past
  • 16:30–17:00 General Discussions
  • Chair: Nobuaki Kondo
  • 使用言語:英語
  • 参加費:無料
  • 事前登録が必要です。
  • 参加ご希望の方は,こちらから事前のご登録をお願いします。
主催
グローバル地中海地域研究アジア・アフリカ言語文化研究所拠点
本郷サテライト401,オンライン会議室
2024年4月22日(月)
13:00–14:00
共同利用・共同研究課題「中近世西アジアにおける史的テクストの参照・改変・転用とその主体・受容者についての国際的・学際的研究 (jrp000301)」2024年度第1回研究会
  • 13:00–13:10 Yui Kanda (ILCAA): Introduction to the Annual Schedule (AY 2024)
  • 13:10–13:40 All Members: Meeting and Introduction Session
  • 13:40–14:00 Q&A and Discussion
  • 使用言語:英語
主催
AA研
オンライン会議室
2024年4月27日(土)
13:00–16:00
TUFS Cinema:モンゴル映画特集『チャンドマニ ~モンゴル・ホーミーの源流へ~』
【公開】
  • 1. 映画『チャンドマニ ~モンゴル・ホーミーの源流へ~』本編上映
  • 2. 亀井岳(映画監督),伊藤麻衣子(モンゴル民謡歌手),上村明氏(東京外国語大学):上映後トーク
  • 司会:山越康裕(AA研所員)
  • 使用言語:日本語,モンゴル語
  • 参加費:無料
  • 事前登録が必要です。(先着500名),⼀般公開
  • 参加ご希望の方は,こちらから事前のご登録をお願いします。
共催
TUFSフィールドサイエンスコモンズ(TUFiSCo),AA研基幹研究「アジア・アフリカの⾔語動態の記述と記録:アジア・アフリカに⽣きる⼈々の⾔語・⽂化への深い理解を⽬指して」(略称DDDLing),東京外国語⼤学TUFS Cinema
東京外国語大学アゴラ・グローバル プロメテウスホール
2024年4月27日(土)
14:00–18:00
共同利用・共同研究課題「東部アフリカにおける’hustle’する若者たちの民族誌:その想像力と実践力 (jrp000300)」2024年度第1回研究会
  • 1.椎野若菜(AA研所員) プロジェクト概要と計画
  • 2.メンバーによる研究計画の発表
  • 使用言語:日本語
主催
AA研
302,オンライン会議室
2024年5月19日(日)
14:00–18:00
共同利用・共同研究課題「環ヒマラヤ地域における農牧複合フロンティアの実態解明-語彙研究のアプローチから- (jrp000297)」2024年度第1回研究会
  • 14:00 開会挨拶 平田昌弘(AA研共同研究員,広畜産大学)
  • 14:10–14:30 平田昌弘「共同研究課題の目的」
  • 14:30–15:00 平田昌弘「チベット・ヒマラヤ山脈南面シッキムの農牧複合発酵文化」
  • 15:00–15:15 休憩
  • 15:15–16:15 横山智(AA研共同研究員,名古屋大学)「東南アジア大陸部と東ヒマラヤにおける納豆の生産と利用に関する比較研究」
  • 16:15–17:00 別所 裕介(AA研共同研究員,駒澤大学)「シッキム北部地域の持続可能な開発課題をめぐる錯綜した社会関係」
  • 17:00–18:00 総合討論「語彙調査票の作成について意見交換」
  • 18:00 閉会
  • 使用言語:日本語
主催
AA研
405(コモンズ・ラボ)

イベント情報ページに戻る


Copyright © 2010 Research Institute for Languages and Cultures of Asia and Africa. All Rights Reserved.