AA研トップ > イベント情報 > これからのイベント
文字の大きさ : [大きく] [標準] [小さく]

これからのイベント

イベントタイトル欄に「公開」と記されているものは,一般公開でおこなわれます。

(開催場所の部屋番号についてはこちら
イベント情報ページに戻る
日時イベントタイトル内容場所
2016年9月26日(月)
〜2016年9月30日(金)
9:30–16:30
(30日(金)のみ9:30–13:00)
言語ドキュメンテーションセミナー
  • 言語ドキュメンテーションに関するセミナーの開催(講義,録音,録画,ソフトウェアの実習,フィールド調査の実習)
  • 講師:呉人徳司(AA研所員),Zhargal Badagarov(ブリヤート国立大学(ロシア)),Sambuudorj Ochirbat(モンゴル国科学アカデミー)
  • プログラム
  • 使用言語:モンゴル語,英語
共催
AA研基幹研究「多言語・多文化共生に向けた循環型の言語研究体制の構築(LingDy3)」,モンゴル国科学アカデミー言語文学研究所(モンゴル)
モンゴル国科学アカデミー言語文学研究所(モンゴル)
2016年9月30日(金)
〜 2016年10月2日(日)
共同利用・共同研究課題「里耶秦簡と西北漢簡にみる秦・漢の継承と変革ーー中国古代簡 牘の横断領域的研究(2)」2016年度第4回研究会

9月30日,14:00-18:00

  • 1. 渡邉英幸(AA研共同研究員,愛知教育大学)科研費申請書類検討会(01)
  • 2. 陶安あんど(AA研所員)里耶秦簡訳注読み合わせ12

10月1日,10:00-18:00

  • 1. 伊藤瞳(関西大学大学院生)研究報告:「簡牘の尺寸と規格」
  • 2. 籾山明(AA研共同研究員,東洋文庫)史料講読:「里耶秦簡73」(前半)
  • 3. 籾山明(AA研共同研究員,東洋文庫)史料講読:「里耶秦簡73」(後半)

10月2日,10:00-16:00

  • 1. 事務協議
  • 2. 青木俊介(AA研共同研究員,学習院大学)里耶秦簡官職名索引と注釈検討会(04,前半)
  • 3. 青木俊介(AA研共同研究員,学習院大学)里耶秦簡官職名索引と注釈検討会(04,後半)
AA研セミナー室(301)および京都大学学術情報メディアセンター北館4階遠隔会議室
2016年10月1日(土)
9:30–17:30
共同利用・共同研究課題「東・東南アジアの越境する子どもたち--トランスナショナル家族の子どもをめぐる文化・アイデンティティとローカル社会--」2016年度第2回研究会
【公開】

9:30–13:00

  • 1. 石井香世子(AA研共同研究員,立教大学)趣旨説明・経過報告
  • 2. 研究の進捗状況報告
  • 3. 昼食(兼シンポジウム打合せ)
  • 4. シンポジウム準備
  • 使用言語:日本語

13:00–17:30

  • 5. Kayoko ISHII (ILCAA Joint Researcher, Rikkyo University) Opening Remarks
  • 6. Rhacel Parrenas (University of Southern California) Keynote Speech: “Partial Citizenship of Family Migrants”
  • 7. Hsia, Hsiao-Chuan (ILCAA Joint Researcher, Shih Hsin University) Presentation “Partial Citizenship of Family Migrants in Taiwan”
  • 8. Itaru NAGASAKA (Hiroshima University) Presentation “Partial Citizenship of Family Migrants in Japan”
  • 9. Choo Hae Yeon (University of Toronto) Presentation “Contesting the politics of containment: Marriage migrant women and the negotiation of citizenship in South Korea”
  • 10. Open Discussion
  • 11. Ruri ITO (Hitotsubashi University) Closing Remarks
  • 使用言語:英語
  • 参加費:無料
  • 事前申し込み:不要
主催
共同利用・共同研究課題「東・東南アジアの越境する子どもたち--トランスナショナル家族の子どもをめぐる文化・アイデンティティとローカル社会--」
立教大学(池袋)マキムホール第1・第2会議室(東京都豊島区西池袋3-34-1)
2016年10月1日(土)
13:00–18:00
共同利用・共同研究課題「「アルタイ型」言語に関する類型的研究」2016年度第2回研究会
  • 1. 蝦名大助(AA研共同研究員, 神戸山手大学)「ケチュア諸語の関係節」(仮題)
  • 2. 日高晋介(東京外国語大学大学院)「ウズベク語の -(a)r / -masは形動詞なのか?」
  • 3. 山田洋平(東京外国語大学大学院)「ダグール語の動詞aa」
  • 4. 総合討論・今後の予定
  • 使用言語:日本語
  • 非公開ですが,参加を希望される方はyamakoshi[at]aa.tufs.ac.jpまでご相談ください([at]を@に置き換えてください)。
主催
基幹研究「多言語多文化共生に向けた循環型の言語研究体制の構築」(LingDy3)
304
2016年10月1日(土)
13:00–18:00
共同利用・共同研究課題「イスラームに基づく経済活動・行為(第二期)」2016年度第1回研究会
【公開】

13:00–14:00(非公開)

  • 1. 共同研究員自己紹介,打ち合わせ

14:00–18:00(公開)

  • 2. 福島康博(AA研共同研究員,AA研フェロー)開会挨拶,趣旨説明
  • 3. アフマド・プアド・マット・ソン(スルタン・ザイナル・アビディン大学(マレーシア))「イスラーム・ツールズムへの需要とシャリーア適格ホテルの発展」
  • 4. 質疑応答
  • 5. 福島康博(AA研共同研究員,AA研フェロー)閉会挨拶
  • 使用言語:英語
  • 参加費:無料
  • 事前申し込み:不要
主催
AA研共同利用・共同研究課題「イスラームに基づく経済活動・行為(第二期)」
306
2016年10月2日(日)
10:00–17:30
2016チベット異文化理解交流事業
【公開】
  • 講演会 開演10:00
  • 「チベットの物語世界へようこそ」
  • 近年素晴らしい映画や文学が次々と生み出されているチベット。その物語世界の秘密に迫る!
  • ★講師:星泉(AA研所員)
  • ★入場料:500円予約制(電話・メール予約)
  • 映画会 開演13:30
  • 『草原』『静かなるマニ石』
  • ★解説「チベットの映画制作とペマ・ツェテン作品」星泉(AA研所員)
  • ★チケット:前売券1,000円 当日券1,500円
  • (チケット販売方法はチラシまたは下記サイトをご覧ください)
  • 詳細:見て聴いて知るチベット
  • 予約・問合せ:ヒマラヤ圏サパナ 011-887-9700 sapana387@gmail.com
  • ちらし
  • 使用言語:日本語
  • 事前申し込み:必要
共催
ヒマラヤ圏サパナ,AA研基幹研究「多言語多文化共生に向けた循環型の言語研究体制の構築」(LingDy3)
後援
札幌市
協賛
株式会社日本レーベン
札幌市教育文化会館4階講堂
2016年10月5日(水)
13:00–17:00
フィールド言語学ワークショップ:テクニカルワークショップ「Praatを用いた音響音声学的分析の初歩」
【公開】

本ワークショップでは,青井隼人さん(国立国語研究所・日本学術振興会特別研究員)を講師に迎え,Praatを用いた音響音声学的分析の初歩について学びます。Praatは,アムステルダム大学のPaul Boersma氏とDavid Weenink氏を中心に開発されているオープンソースのソフトウェアで,特別な音響分析用の機械を使わずとも,比較的簡単に音響音声学的分析を行うことができるため,世界中で広く使われています。本ワークショップでは ,ソフトウェアの使い方を身につけること,および,音響音声学における初歩的な諸概念を実践的に身につけることを目的とします。

  • 講師:青井隼人(国立国語研究所・日本学術振興会特別研究員)
  • プログラム(予定):
  • 1. 導入(ファイルの取り込み,音声の保存,再生,観察する値の表示)
  • 2. 子音の観察
  • 3. 母音の観察
  • 4. 超文節的特徴の観察
  • 5. アノテーションの作成
  • 6. 図・グラフの作成
  • 使用言語:日本語
  • 募集要項
  • ※参加には事前申込が必要です。募集要項をご覧の上ご応募下さい。
  • また,お手持ちのノートパソコンにPraatをインストールし,当日持参してください。
主催
多言語・多文化共生に向けた循環型の言語研究体制の構築(LingDy3)
304
2016年10月9日(日)
14:00–17:30
ダッカのテロ事件とバングラデシュの若者たち-その背景とこれからを考える
【公開】

ダッカのテロ事件とバングラデシュの若者たち-その背景とこれからを考える

2016年7月1日のダッカ・テロ事件では,バングラデシュの首都ダッカの高級住宅街にあるレストランを武装集団が襲撃し,日本人7名を含む20名の犠牲者を出し,それは日本でも大きな衝撃をもって報じられました。1971年の独立以来,バングラデシュと日本は,政府開発援助やNGOの取り組みを通して緊密な関係を築いており,その開発の現場にたずさわる日本人が犠牲となったことに,関係者の間には,深い悲しみと戸惑いの声があがりました。
本ワークショップでは,事件から3か月がたち,その解明が進む中で,バングラデシュをフィールドにする様々な研究者や実務家を招き,この事件が生み出されたバングラデシュ社会の多様な背景や新たなバングラデシュとの関わりについて,多角的な視点から考えます。

  • 1. 開会挨拶 粟屋利江(東京外国語大学)
  • 2. 趣旨説明 外川昌彦(AA研所員)
  • <第一部>
  • 3. 高田峰夫(広島修道大学)ダッカのテロ事件-イスラーム研究との関連で
  • 4. 南出和余(桃山学院大学)農村の若者の生活から見たテロ事件
  • 5. 石山民子(アジア砒素ネットワーク)家庭やコミュニティの視点から振り返るダッカ事件
  • 6. 外川昌彦(AA研所員)ダッカの若者たちとテロ事件
  • <第二部>
  • 7. 日下部尚徳(東京外国語大学)コメントとその後の展開
  • 8. リプライ ディスカッション
  • 9. 堀口松城(元バングラデシュ大使,日本バングラデシュ協会会長)閉会挨拶
  • 司会 丹羽京子(東京外国語大学)
  • 使用言語:日本語
  • 参加費:無料
  • 事前申し込み:不要
  • 連絡先 外川昌彦(AA研所員,fakir[at]aa.tufs.ac.jp([at]を@に置き換えてください))
共催
AA研基幹研究「アジア・アフリカにおけるハザードに対処する『在来知』の可能性の探求―人類学におけるミクロ-マクロ系の連関2」,FINDASセンター(東京外大・NIHU南アジア研究拠点センター),日本南アジア学会,(特活)アジア砒素ネットワーク
303
2016年10月14日(金)
14:00-18:00
〜 2016年10月15日(土)
10:00–18:00
共同利用・共同研究課題「里耶秦簡と西北漢簡にみる秦・漢の継承と変革ーー中国古代簡 牘の横断領域的研究(2)」2016年度第5回研究会

10月14日

  • 1. 籾山明(AA研共同研究員,東洋文庫)科研費申請書類検討会(02)
  • 2. 陶安あんど(AA研所員)里耶秦簡訳注読み合わせ13(前半)

10月15日

  • 1. 陶安あんど(AA研所員)里耶秦簡訳注読み合わせ13(後半)
  • 2. 青木俊介(AA研共同研究員,学習院大学)里耶秦簡官職名索引と注釈検討会(05,前半)
  • 3. 青木俊介(AA研共同研究員,学習院大学)里耶秦簡官職名索引と注釈検討会(05,後半)
AA研セミナー室(301)および京都大学学術情報メディアセンター北館4階遠隔会議室
2016年10月22日(土)
14:00–18:00
〜2016年10月23日(日)
9:00–13:00
隠岐の島方言調査事前ワークショップ

10月22日

  • 1. 木部暢子(国立国語研究所・東京外国語大学)「調査実習の概要」
  • 2. 友定賢治(県立広島大学名誉教授)「隠岐の島方言の実態概説」
  • 3. 児倉徳和(AA研所員)「録音技法実習 (1) 効果的な録音技法」
  • 4. 中山俊秀(AA研所員)「録音技法実習 (2) 自然談話の録り方」

10月23日

  • 木部暢子(国立国語研究所・東京外国語大学)・原田走一郎(国立国語研究所)・佐藤久美子(国立国語研究所)「IPAによる書き起こしトレーニング」
  • 使用言語:日本語
共催
AA研基幹研究「多言語・多文化共生に向けた循環型の言語研究体制の構築」(LingDy3),国立国語研究所
島根大学法文学部(島根県松江市)
2016年10月26日(水)
10:30–17:30
2016年10月27日(木)
10:30–12:00
2016年10月29日(土)
10:30–17:30
2016年10月30日(日)
10:30–12:00
第1回シベ語言語文化国際会議
【公開】

10月26日 会場:九州大学文学部会議室

  • 10:30-10:40 久保智之(九州大学)開会
  • 10:40-11:10 久保智之(九州大学)日本側あいさつ
  • 11:00–12:00 賀元秀(イリ師範学院)中国側あいさつ
  • 13:30–14:40 賀元秀(イリ師範学院)
  • 14:50–15:50 庄声(東北師範大学)
  • 16:00–17:00 趙潔(イリ師範学院)
  • 17:10–17:30 総合討論

10月27日 会場:九州大学文学部会議室

  • 10:30–11:30 児倉徳和(AA研所員)
  • 11:30–12:00 久保智之(九州大学)閉会

10月29日 会場:AA研マルチメディア会議室(304)

  • 10:30–10:40 児倉徳和(AA研所員)開会
  • 10:40–11:10 児倉徳和(AA研所員)日本側あいさつ
  • 11:10–12:00 賀元秀(イリ師範学院)中国側あいさつ
  • 13:30–14:30 Zikmundova, Veronika
  • 14:40–15:50 承志(追手門学院大学)
  • 16:00–17:00 孟栄路(瑟公錫満文化伝播中心)
  • 17:10–17:30 総合討論

10月30日 会場:AA研マルチメディア会議室(304)

  • 10:30-11:30 久保智之(九州大学)
  • 11:30-12:00 児倉徳和(AA研所員)閉会
  • 使用言語:シベ語・中国語・日本語 (シベ語と中国語は日本語への通訳あり)
  • 参加費:無料
  • 事前申し込み:不要
共催
AA研基幹研究「多言語・多文化共生に向けた循環型の言語研究体制の構築」(LingDy3),科学研究費補助金・基盤研究(B)「シベ語の体系的文法と辞書の作成」(研究代表者:久保智之(九州大学)課題番号:24320079),若手研究(B)「記憶領域のモデル化に基づくシベ語文法の研究」(研究代表者:児倉徳和(AA研所員)課題番号:26770144)
九州大学文学部会議室,AA研マルチメディア会議室(304)

イベント情報ページに戻る


Copyright © 2010 Research Institute for Languages and Cultures of Asia and Africa. All Rights Reserved.