AA研トップ > イベント情報 > これからのイベント
文字の大きさ : [大きく] [標準] [小さく]

これからのイベント

タイトル欄に「公開」と記されているものは,一般公開でおこなわれます。

(開催場所の部屋番号についてはこちら
イベント情報ページに戻る
日時イベントタイトル内容場所
【開催延期】
2020年4月27日(月)
~2020年6月30日(火)
10:00–17:00
(土日・祝日は休場。
ただし6月21日,6月27日
6月28日は開場)
企画展「越境する仮面文化-ペルシャ・アラビア湾岸地域の女性たち」
【公開】
  • 【開催が延期になりました。日程は決まり次第告知します】
  • 【ギャラリートーク】
    6月5日(金)15:30–16:00
    6月28日(日)16:00–17:00
  • 使用言語:日本語
  • 参加費:無料
  • 事前申し込み:不要
主催
人間文化研究機構(NIHU)現代中東地域研究(AA研拠点)
AA研資料展示室(1F)
2020年5月30日(土)
13:00–17:00
共同利用・共同研究課題「中東・イスラームの歴史と歴史空間の可視化分析―デジタル化時代の学知の共有をめざして」2020年度第1回研究会
  • 13:00 イントロダクション(Zoomの利用方法・研究会の進め方・趣旨)
  • 13:20 中村覚(AA研共同研究員,東京大学)「TEI概説」
  • 15:00 参加者研究紹介(関心・史料・展望),ディスカッション
  • 使用言語:日本語
Zoomによるオンライン開催
2020年5月31日(日)
13:00–17:00
共同利用・共同研究課題「チベット・ヒマラヤ牧畜文化論の構築―民俗語彙の体系的比較にもとづいて―」2020年度第1回研究会
  • 1. 海老原志穂(AA研フェロー,日本学術振興会/東京外国語大学)「本共同利用・共同研究課題について」
  • 2. 星泉(AA研所員)「『チベット牧畜文化辞典』紹介:ヒマラヤ・チベット地域における牧畜語彙調査票構築の観点から」
  • 3. 平田昌弘(AA研共同研究員,帯広畜産大学)「第3期チベット牧畜研究に向けて課題と宿題」、「乳文化(乳加工体系)の体系的理解のための調査票」
  • 4. 全員から自己紹介
  • 5. 活動予定についてのディスカッション
  • 使用言語:日本語
主催
基幹研究「多言語・多文化共生に向けた循環型の言語研究体制の構築(LingDy3)」
Zoomによるオンライン開催
2020年5月31日(日)
14:00–16:00
共同利用・共同研究課題「イスラーム聖者廟の財産管理に関する史料学的研究:イラン・サファヴィー朝祖廟を事例として」2020年度第1回研究会
  • 14:00–15:00 共同研究成果論集計画についての打ち合わせ
  • 15:00–15:30 渡部良子(AA研共同研究員,東京大学)「Sarih al-Milkデータベース作成計画」
  • 15:30–16:00 総合討論
  • 使用言語:日本語
オンライン開催
2020年6月5日(金)
14:00–18:00
共同利用・共同研究課題「秦代地方県庁の日常に肉薄する―中国古代簡牘の横断領域的研究(4)」2020年度第5回研究会
  • 14:00–15:50 青木俊介(AA研共同研究員,学習院大学)「『里耶秦簡(壹)』官職名索引における単語と連語の区切り方について」
  • 16:10–18:00 石原遼平(AA研共同研究員)「『里耶秦簡(壹)』社会労働編成関連語彙索引の収録基準について」
  • 使用言語:日本語
301,Online開催
2020年6月7日(日)
14:00–17:00
共同利用・共同研究課題「チュルク諸語における情報構造と知識管理―音韻・形態統語・意味のインターフェイス―」2020年度第1回研究会
  • 1. 吉村大樹(AA研フェロー)「トルコ語の接語mIは疑問のマーカーなのか?」
  • 2. 奥真裕(AA研共同研究員,東京外国語大学大学院)「トルクメン語の再帰形に関する予備的考察」
  • お問い合わせは児倉 徳和 koguran[at]aa.tufs.ac.jp([at]を@に変えて送信してください)までお願いいたします。
  • 使用言語:日本語
主催
基幹研究「多言語・多文化共生に向けた循環型の言語研究体制の構築(LingDy3)」
Zoomによるオンライン開催
2020年6月14日(日)
14:00–17:00
共同利用・共同研究課題「チュルク諸語における情報構造と知識管理―音韻・形態統語・意味のインターフェイス―」2020年度第2回研究会
  • 1. 佐藤久美子(AA研共同研究員, 国立国語研究所), 児倉徳和(AA研所員)「趣旨説明」
  • 2. 全員「研究計画に関する討論」
  • 使用言語:日本語
主催
基幹研究「多言語・多文化共生に向けた循環型の言語研究体制の構築(LingDy3)」
Zoomによるオンライン開催
2020年6月19日(金)
14:00–18:00,
2020年6月20日(土)
10:00–17:00
共同利用・共同研究課題「秦代地方県庁の日常に肉薄する―中国古代簡牘の横断領域的研究(4)」2020年度第6回研究会

    6月19日

  • 14:00–15:50 渡邉英幸(AA研共同研究員,愛知教育大学)「史料講読:『里耶秦簡(二)』第9層簡牘05(前半)」
  • 16:10–18:00 渡邉英幸(AA研共同研究員,愛知教育大学)「史料講読:『里耶秦簡(二)』第9層簡牘05(後半)」
  • 6月20日

  • 10:00–11:50 鷲尾祐子(AA研共同研究員,立命館大学)「史料講読:『里耶秦簡(二)』第9層簡牘06(前半)」
  • 13:15–15:00 鷲尾祐子(AA研共同研究員,立命館大学)「史料講読:『里耶秦簡(二)』第9層簡牘06(後半)」
  • 15:15–17:00 青木俊介(AA研共同研究員,学習院大学)「里耶秦簡8-2163+8-0671+8-0721の年代と県尉の守官任職者について」
  • 使用言語:日本語
301,オンライン開催
2020年6月20日(土)
20:00–22:00
共同利用・共同研究課題「バントゥ諸語のマイクロ・バリエーションの類型的研究(2)」2020年度第1回研究会
  • 20:00–20:30 品川大輔(AA研所員),李勝勲(AA研共同研究員,国際基督教大学),阿部優子(AA研共同研究員)「バントゥ諸語声調のマイクロバリエーションのパラメター試論と解説」
  • 20:35–21:35 全員「パラメータに基づく対象言語の声調現象の概略」
  • 21:40–22:00 全員「マイクロバリエーションの声調パラメターについて議論」
  • 使用言語:日本語
主催
基幹研究「多言語・多文化共生に向けた循環型の言語研究体制の構築(LingDy3)」
オンライン開催
2020年6月27日(土)
13:00–18:45,
2020年6月28日(日)
10:00–13:00
共同利用・共同研究課題「社会性の起原:ホミニゼーションをめぐって」2020年度第1回研究会

    6月27日

  • 13:00−15:30 松本卓也(総合地球環境学研究所)「霊長類学が問い直す、「障害」とは何か」
  • 16:00−18:30 曽我亨(AA研共同研究員,弘前大学)「牧畜民の紛争にみる社会性」
  • 6月28日

  • 10:00−12:30 杉山祐子(AA研共同研究員,弘前大学)「一石二鳥の在来知-焼畑農耕民ベンバの事例から」(仮)
  • 使用言語:日本語
共催
AA研共同利用・共同研究課題「社会性の起原:ホミニゼーションをめぐって」,科研費基盤(S)「社会性の起原と進化:人類学と霊長類学の協働に基づく人類進化理論の新開拓」(研究代表者:河合香吏(AA研所員)課題番号:19H05591)
Zoomによるオンライン開催

イベント情報ページに戻る


Copyright © 2010 Research Institute for Languages and Cultures of Asia and Africa. All Rights Reserved.