AA研トップ > イベント情報 > これからのイベント
文字の大きさ : [大きく] [標準] [小さく]

これからのイベント

タイトル欄に「公開」と記されているものは,一般公開でおこなわれます。

(開催場所の部屋番号についてはこちら
イベント情報ページに戻る
日時イベントタイトル内容場所
2017年3月21日(火)
10:30–16:30
〜 2017年3月22日(水)
10:30–16:30
フィールド言語学ワークショップ:第11回 文法研究ワークショップ:講義と実習「コーパスに基づく対象指示方略の類型〜アノテーションシステムGRAIDを用いて〜」
【公開】

講師:Stefan Schnell博士(メルボルン大学ポスドク研究員)

3月21日

  • 1. 10:30–12:00 講義:指示方略の選択と情報構造・イベント構造との相互作用に関する諸問題の紹介
  • 2. 13:30–15:00 実習:アノテーションシステムGRAIDの紹介
  • 3. 15:15–16:30 実習:参加者自身の調査データにGRAIDアノテーション

3月22日

  • 1. 10:30–12:00 講義:一致システムの類型論・一致システムの歴史的発展
  • 2. 13:30–15:00 実習:GRAIDを用いて一致システムの歴史的発展を調べる
  • 3. 15:15–16:30 実習:参加者自身の調査データにGRAIDアノテーションを付与
  • 内容の詳細は募集要項3ページ目の説明をご参照ください。
  • 午前中の講義のみの出席も可能です。
  • 実習に参加される方はパソコンをお持ちください。
  • 使用言語:英語
  • 参加費:無料
  • ※受講には申し込みが必要です。募集要項をご確認の上お申し込み下さい。
  • 募集要項: (152KB)
主催
頭脳循環を加速する戦略的国際研究ネットワーク推進プログラム「危機言語・少数言語を中心とする循環型調査研究のための機動的国際ネットワーク構築」
後援
AA研基幹研究「多言語・多文化共生に向けた循環型の言語研究体制の構築(LingDy3)」
304
2017年3月24日(金)
14:00–16:00
2017年3月25日(土)
〜2017年3月30日(木)
10:00–17:00
(27日のみ公開)
インドネシア ヌサ・トゥンガラ・ティモール州の危機言語記録のためのワークショップ/共同利用・共同研究課題「インドネシア周辺の少数言語・危機言語ドキュメンテーションに関する研究ネットワークの構築」2016年度第3回研究会
【27日のみ公開】

このワークショップはアジア・アフリカ言語文化研究所アジア・アフリカ言語文化研究所の共同利用・共同研究課題「インドネシア周辺の少数言語・危機言語ドキュメンテーションに関する研究ネットワークの構築」の活動の一環として行います。インドネシア ヌサ・トゥンガラ・ティモール州の言語の専門家であるAntoinette Schapper博士を含む上記共同研究課題のメンバーと現地から招へいしたTeiwa語とNedebang語の母語話者が共同で物語などの録音・収集・アノテーション付与など,実質的な言語ドキュメンテーション作業を行います。

  • コーディネーター:
  • 1. 塩原朝子(AA研所員)
  • 2. Antoinette Schapper (AA研共同研究員,KITLV)
  • 3. Yanti (AA研共同研究員,Atma Jaya Catholic University of Indonesia)
  • 参加者:
  • 1. Amos Rehabeam Sir (UBB GMIT Kupang)
  • 2. Semram Serang (Education and Culture Service of Sub Region of Pantar)
  • 3. Dominikus Tauk (Udayana University)
  • 4. Jermy Imanuel Balukh (STIBA Cakrawala Nusantara Kupang)
  • 5. Elsijon Marjesi Thine (Smpn Satu Atap Batulai, Rote)
  • 6. Anderias Susang
  • 使用言語:英語
  • 参加費:無料
  • 事前申し込み:3月27日(Schapper博士および現地語話者の講演)以外は申し込み制です。言語ドキュメンテーション作業に参加希望の方は以下までご連絡ください。連絡先:塩原朝子(AA研所員)asako[at]tufs.ac.jp([at]を@に置き換えてください。)
共催
基幹研究「多言語多文化共生に向けた循環型の言語研究体制の構築」(LingDy3),共同利用・共同研究課題「インドネシア周辺の少数言語・危機言語ドキュメンテーションに関する研究ネットワーク構築」
306
2017年3月25日(土)
13:30–18:00
共同利用・共同研究課題「アフリカ諸語における声調・アクセントの総合的研究」2016年度第3回研究会
  • 1. 古本真(AA研共同研究員,大阪大学)「スワヒリ語カエ方言のトーンとストレスについて」
  • 2. 米田信子(AA研共同研究員,大阪大学)「ヘレロ語の名詞の声調パターン(バントゥ系 R31)」(仮)
302
2017年3月25日(土)
10:00–19:00
〜2017年3月26日(日)
10:00–15:00
共同利用・共同研究課題「『プレザンス・アフリケーヌ』研究 新たな政治=文化学のために」2016年度第2回研究会
【公開】

3月25日

  • 1. 佐久間寛(AA研所員)「国際シンポジウムに関する報告」
  • 2. ロモ・アジェ=ミヤジオーム(AA研外国人研究員,ストラスブール大学)“Presence Africaine dans le contexte de la decolonisation de l’Afrique”
  • コメンテーター:福島亮(東京大学大学院生)
  • 3. 砂野幸稔(AA研共同研究員,熊本県立大学)「1950年代『プレザンス・アフリケーヌ』と言語の政治」
  • コメンテーター:元木淳子(法政大学)
  • 4. 討論と打ち合わせ

3月26日

  • 1. 佐々木祐(AA研共同研究員,神戸大学)「『プレザンス・アフリケーヌ』誌における「詩学」と「社会科学」」
  • コメンテーター:崎山政毅(立命館大学)
  • 2. 総合討論
  • 3. 国際シンポジウムについての打ち合わせ
  • 使用言語:日本語・フランス語(通訳付き)
304
2017年3月25日(土)
14:00–19:00
〜2017年3月26日(日)
9:30–13:00
共同利用・共同研究課題「アフリカ農業・農村社会史の再構築:在来農業革命の視点から」2016年度第3回研究会
【公開】

3月25日

  • 1. 横山智(名古屋大学)「東南アジア・ラオスの伝統的生業:森林政策によって消えゆく焼畑とグローバル化によって変化する農村」
  • 2. 柴田誠(京都大学)「アフリカに広がる土壌と養分循環の特徴から持続的な農地利用を考える:カメルーン森林・サバンナ境界域を事例として」

3月26日

  • 1. 四方篝(京都大学)「アフリカ熱帯雨林における焼畑の生態史」
  • 2. 小松かおり(AA研共同研究員,北海学園大学)・坂梨健太(AA研共同研究員,龍谷大学)コメント
  • 使用言語:日本語
  • 参加費:無料
  • 事前申し込み:不要
共催
AA研共同利用・共同研究課題「アフリカ農業・農村社会史の再構築:在来農業革命の視点から」,文科省科学研究費(基盤研究B海外)「バナナから見る農のグローバリゼーションと在来農文化の接続」(代表者:小松かおり(北海学園大学),課題番号:15H03134),文科省科学研究費(基盤B)「グローバル化するアフリカ農村と現金の社会化をめぐる人類学的研究」(代表者: 杉山祐子(弘前大学),課題番号:25284171)
301
2017年3月27日(月)
13:00–18:00
共同利用・共同研究課題「近世イスラーム国家と周辺世界」2016年度第2回研究会
【公開】
  • 1. 13:00 真下裕之(AA研共同研究員,神戸大学)「アズファリー著『サーニハート』の新発見写本について」
  • 2. 13:50 和田郁子(AA研共同研究員,岡山大学)「英国商人のマスリパトナム日記――17世紀後半の南インド」(仮)
  • 3. 14:40 二宮文子(AA研共同研究員,青山学院大学)「南アジアの近世ペルシア語文学を巡る近年の研究動向」
  • 4. 15:50 山口昭彦(AA研共同研究員,聖心女子大学)「在地ウラマーの任命書からみる中央=地方関係――17−19世紀イランのアルダラーン州を例に」
  • 5. 16:40 近藤信彰(AA研所員)「近世イランにおける預言者の血と王家の血――『ダビデ一族詩篇』に見る王権と系譜」
  • 6. 17:30 総合討論「プロジェクトを振り返って」
  • 使用言語:日本語
  • 参加費:無料
  • 事前申し込み:不要
303
2017年3月27日(月)
13:00–18:00
共同利用・共同研究課題「参照文法書研究」2016年度第3回研究会

「バンツーの会」

  • 1. 渡辺己(AA研所員)はじめに
  • 2. 牧野友香(AA研共同研究員,大阪大学大学院生)「バンツー諸語の現地調査報告と文法記述について」(仮題)
  • 3. 阿部優子(AA研共同研究員,AA研特任研究員)「バンツー諸語の文法書について」(仮題)
  • 4. 米田信子(AA研共同研究員,大阪大学)「バンツー諸語の文法書について」(仮題)
  • 5. 全体討議および連絡事項等
主催
基幹研究「多言語多文化共生に向けた循環型の言語研究体制の構築」(LingDy3)
304
2017年3月28日(火)
13:00–16:00
リンディフォーラム:特任研究員研究発表会
【公開】
  • 1. 13:00–14:10 安達真弓(AA研特任研究員)「ベトナム語における同形の指示詞・文末詞・感動詞」
  • 2. 14:20–15:30 阿部優子(AA研特任研究員)「タンガニイカ湖バントゥ諸語のTAM標識*kɪ́-のマイクロバリエーション」
  • 3. 15:30–16:00 総合討論
  • 使用言語:日本語
  • 参加費:無料
  • 事前申し込み:不要
主催
多言語・多文化共生に向けた循環型の言語研究体制の構築(LingDy3)
304
2017年3月29日(水)
13:30–18:00
基幹研究「中東・イスラーム圏における分極化とその政治・社会・文化的背景」研究機関研究員発表会
【公開】
  • 1. 細田和江(AA研特任助教/人間文化研究機構)「ヘブライ文学からイスラエル文学への系譜:イスラエルの「アラブ系」による作品の新たな潮流」
  • 2. 坪井祐司(AA研研究機関研究員)「シンガポールのムスリム知識人からみたマレーシアの結成(仮)」
  • 使用言語:日本語
  • 参加費:無料
  • 事前申し込み:不要
主催
基幹研究「中東・イスラーム圏における分極化とその政治・社会・文化的背景」
304
2017年3月30日(木)
14:00–17:00
映像ワークショップ「Messages from Paradise」
【公開】
  • 1. 14:00–14:05 Kenji KURODA (National Museum of Ethnology) Opening Remarks
  • 2. 14:05-14:15 Daniela Swarowsky (Filmmaker) & Samuli Schielke (Leibniz-Zentrum Moderner Orient) Introduction of film and concept of Messages from Paradise Series
  • 3. 14:15-15:00 “Messages from Paradise#1”, Egypt: Austria (44mins)
  • 4. 15:10-16:05 “Messages from Paradise#2”, Morocco: The Netherlands (53mins)
  • 5. 16:15-17:00 All participants Comment and Discussion
  • Commentator: Hidemitsu KUROKI (ILCAA), Aiko NISHIKIDA (ILCAA)
  • 6. 17:00 Nobuaki KONDO(ILCAA) Closing Remarks
  • 使用言語:英語
  • 参加費:無料
  • 事前申し込み:要(下記よりお申込みください)
  • Kenji KURODA (kenjikuroda[at]idc.minpaku.ac.jp)←[at]を@に置き換えてください。
共催
中東イスラーム研究拠点(人間文化研究機構「現代中東地域研究」推進事業),国立民族学博物館現代中東地域研究拠点
303
2017年3月31日(金)
13:00–19:00
共同利用・共同研究課題「東南アジアのイスラームと文化多様性に関する学際的研究(第二期)」2016年度第4回研究会
【公開】
  • 1. 小林寧子(南山大学)「植民地期インドネシアのイスラーム系定期刊行物(仮)」
  • 2. 川端隆史(AA研共同研究員,Uzabase Asia Pacific)「日本の「ハラール・ビジネス」をめぐる誤解とその再生産」
  • 3. 成果論集出版のための打ち合わせ(全員)
  • 参加費:無料
  • 事前申し込み:不要
主催
基幹研究「アジア・アフリカにおけるハザードに対する『在来知』の可能性の探究—人類学におけるミクロ-マクロ系の連関2」
306
2017年4月15日(土)
12:30–16:40
(12:00開場)
2017年4月22日(土)
12:30-16:40
(12:00開場)
『草原の河』公開記念 TUFS Cinema チベット映画特集 〜ソンタルジャとの出会い〜
【公開】

この春,チベット人監督作として初めて日本で劇場公開されるソンタルジャ監督の『草原の河』。その公開を記念して,チベット映画の秀作を上映します。監督のデビュー作『陽に灼けた道』をはじめ,チベット人監督の第一人者であり,ソンタルジャ監督より一足先に国際舞台で活躍しているペマ・ツェテン監督の『ティメー・クンデンを探して』,『オールド・ドッグ』(2011年東京フィルメックス最優秀作品賞受賞作)を上映するほか,「チベット牧畜民の仕事展」で好評を博したドキュメンタリー『チベット牧畜民の一日』も同時上映。いずれも日本では上映されることの少ない貴重な作品です。チベット文化を深く知ることのできる映画の数々,ぜひこの機会にご鑑賞ください。

4月15日 開場:12:00

  • 1. 12:30〜 『ティメー・クンデンを探して』(監督:ペマ・ツェテン,撮影:ソンタルジャ)
  • 2. 14:30〜 トーク「チベット映画人のリーダー:ペマ・ツェテンとソンタルジャ」 市山尚三(映画プロデューサー/東京フィルメックス・プログラムディレクター)×星泉(東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所)
  • 司会:武井みゆき(映画配給会社ムヴィオラ代表)
  • 3. 15:30〜 『オールド・ドッグ』(監督:ペマ・ツェテン,撮影:ソンタルジャ)

4月22日 開場:12:00

  • 1. 12:30〜 『チベット牧畜民の一日』(撮影:カシャムジャ)
  • 2. 14:15〜 トーク「東北チベットの暮らしとソンタルジャの世界」三浦順子(翻訳家)×星泉
  • 司会:武井みゆき
  • 3. 15:30〜 『陽に灼けた道』(監督:ソンタルジャ)
  • 使用言語:トークイベントは日本語
  • 参加費:無料
  • 事前申し込み:不要
  • 入場:先着順(入れ替えなし)/定員:501名
  • ホームページ:http://lingdy.aacore.jp/jp/news/screening-tibetan-15-22-april-2017.html
主催
東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所,ムヴィオラ
協力
Gyal/東京フィルメックス/福岡市総合図書館

TUFS Cinemaとは
東京外国語大学において大使館・映画配給会社などの関係機関の支援・協力により,世界の諸言語による映画・演劇および講演会等などを実施するプロジェクトです。
http://www.tufs.ac.jp/abouttufs/cinema/

東京外国語大学アゴラ・グローバル プロメテウス・ホール

イベント情報ページに戻る


Copyright © 2010 Research Institute for Languages and Cultures of Asia and Africa. All Rights Reserved.