AA研トップ > イベント情報 > これからのイベント
文字の大きさ : [大きく] [標準] [小さく]

これからのイベント

タイトル欄に「公開」と記されているものは,一般公開でおこなわれます。

(開催場所の部屋番号についてはこちら
イベント情報ページに戻る
日時イベントタイトル内容場所
2020年9月14日(月)
~2020年10月30日(金)
10:00–16:30
(土日・祝日は休場)
企画展「越境する仮面文化-ペルシャ・アラビア湾岸地域の女性たち」
【公開】
  • ポスター(241KB)
  • ポスター(裏)(239KB)
  • 使用言語:日本語
  • 参加費:無料
  • 関連イベント有り
  • 第1回「顔を覆うヴェール—湾岸地域とタイの比較」(10/5)
  • 第2回「暑熱環境下における湾岸女性の服装の知と実践」(10/10)
  • *Covid-19の感染拡大防止のため、体調の悪い方のご来場はご遠慮ください。
    *来場の際にはマスクの着用をお願いいたします。
    *入り口での手指の消毒をお願いしております。
主催
人間文化研究機構(NIHU)現代中東地域研究(AA研拠点)
AA研資料展示室(1F)
2020年9月17日(木)
~2020年9月20日(日)
9:30–17:20
中東☆イスラーム教育セミナー
  • 詳細は事後に公開します。
  • 使用言語:日本語
協賛
地域研究コンソーシアム
オンライン
2020年9月18日(金)
14:00–18:00
~2020年9月19日(土)
10:00–17:00
共同利用・共同研究課題「秦代地方県庁の日常に肉薄する―中国古代簡牘の横断領域的研究(4)」2020年度第10回研究会

    9月18日

  • 14:00–15:50 鷲尾祐子(AA研共同研究員,立命館大学)「史料講読:『里耶秦簡(二)』第9層簡牘10(前半)」
  • 16:10–18:00 鷲尾祐子(AA研共同研究員,立命館大学)「史料講読:『里耶秦簡(二)』第9層簡牘10(後半)」

9月19日

  • 10:00–11:50 編集会議
  • 13:15–15:00 籾山明(AA研共同研究員,東洋文庫)「史料講読:『里耶秦簡(二)』第9層簡牘11(前半)」
  • 15:15–17:00 籾山明(AA研共同研究員,東洋文庫)「史料講読:『里耶秦簡(二)』第9層簡牘11(後半)」
  • 使用言語:日本語
301,オンライン
2020年9月26日(土)
14:00–17:30
共同利用・共同研究課題「オスマン文書史料の基礎的研究」2019年度第2回研究会
【公開】
  • 14:00-14:15 趣旨説明
  • 14:15-15:45 秋葉淳(AA研共同研究員,東洋文化研究所)「マフムト2世期人口調査台帳の史料的可能性」
  • コメント:齋藤久美子(AA研共同研究員,聖心女子大学)
  • 16:00-17:00 総合討論
  • 17:00-17:30 研究会の総括
  • 使用言語:日本語
  • 参加費:無料
  • ※事前申し込みが必要です。
    参加希望の方は、9月25日(金)までに、メールにて、件名を「『オスマン文書史料の基礎的研究』研究会参加希望」として、担当の髙松:ytakamatsu[at]aa.tufs.ac.jp ([at] を @ に置き換えて下さい)までご連絡下さい。ZoomのID/パスワードをお知らせいたします。
共催
AA研共同利用・共同研究課題「オスマン文書史料の基礎的研究」,科研費基盤B「イスラーム圏における簿記史料の通時的・共時的研究」(代表者:髙松洋一(AA研所員)課題番号:17H02398)
オンライン
2020年10月1日(木)
14:00–17:30
COVID-19パンデミックと文化・社会に関するワークショップ-医学系と人文・社会系の学際研究のために(仮題)
  • 14:00–14:15 床呂郁哉(AA研所員),藤原武男(東京医科歯科大)「趣旨説明」
  • 14:15–15:00 参加者全員による自己紹介
  • 15:10–15:40 藤原武男(東京医科歯科大)【話題提供1】「日本および世界におけるコロナへの対応」
  • 15:45–16:15 床呂郁哉(AA研所員)【話題提供2】「文化人類学者から見たCOVID-19パンデミックと文化・社会-フィリピンの事例を中心に(仮題)」
  • 16:15-17:30 総合討論
  • 使用言語:日本語
共催
基幹研究「アジア・アフリカにおけるハザードに対する『在来知』の可能性の探究—人類学におけるミクロ-マクロ系の連関2」,コタキナバル・リエゾンオフィス(KKLO),東京医科歯科大学国際健康推進医学分野,科研費新学術領域(研究領域提案型)「顔と身体表現の文化フィールドワーク研究」(研究代表者:床呂郁哉(AA研所員)課題番号:17H06341)
オンライン
2020年10月2日(金)
14:00–18:00
共同利用・共同研究課題「秦代地方県庁の日常に肉薄する―中国古代簡牘の横断領域的研究(4)」2020年度第11回研究会
  • 14:00–15:50 籾山明(AA研共同研究員,東洋文庫)「史料講読:『里耶秦簡(二)』第9層簡牘12(前半)」
  • 16:10–18:00 籾山明(AA研共同研究員,東洋文庫)「史料講読:『里耶秦簡(二)』第9層簡牘12(後半)」
  • 使用言語:日本語
301, オンライン
2020年10月5日(月)
16:00-17:00
【企画展関連企画】第1回講演会
【公開】
  • 西井凉子(AA研所員),後藤真実(日本学術振興会特別研究員/AA研)「顔を覆うヴェール—湾岸地域とタイの比較」
  • 使用言語:日本語
  • 参加費:無料
  • 事前申し込みが必要です。参加ご希望の方は、10月1日までに、こちらのフォームから参加登録をお願いいたします。
  • *登録を頂いた方宛に、担当者より少人数制対面参加、またはzoomウェビナーへの参加手続き情報をお送りいたします。
共催
人間文化研究機構(NIHU)現代中東地域研究(AA研拠点),新学術領域研究(研究領域提案型)「トランスカルチャー状況下における顔身体学の構築―多文化をつなぐ顔と身体表現」(研究代表者:山口真美(中央大学)課題番号:17H06340)
AA研3階大会議室(303)/Zoomを利用した対面(人数制限あり)・オンライン同時開催
2020年10月6日(火)
12:00–12:40
リンディフォーラム:ウェビナーシリーズ (2)
【公開】
  • 12:00-12:20 岩崎加奈絵(AA研特任研究員)「ハワイ語の機能語記述を見直す」
  • 12:20-12:40 質疑応答
  • 使用言語:日本語
  • 参加費:無料
  • 事前申し込みが必要です。参加申し込みはこちらのサイトにアクセスしてください。
主催
基幹研究「多言語・多文化共生に向けた循環型の言語研究体制の構築(LingDy3)」
オンライン
2020年10月10日(土)
14:00-15:00
【企画展関連企画】第2回講演会
【公開】
  • 坂田隆(石巻専修大学),後藤真実(日本学術振興会特別研究員/AA研)「暑熱環境下における湾岸女性の服装の知と実践」
  • 使用言語:日本語
  • 参加費:無料
  • 事前申し込みが必要です。参加ご希望の方は、10月6日までに、こちらのフォームから参加登録をお願いいたします。
  • *登録を頂いた方宛に、担当者より少人数制対面参加、またはzoomウェビナーへの参加手続き情報をお送りいたします。
共催
人間文化研究機構(NIHU)現代中東地域研究(AA研拠点),新学術領域研究(研究領域提案型)「トランスカルチャー状況下における顔身体学の構築―多文化をつなぐ顔と身体表現」(研究代表者:山口真美(中央大学)課題番号:17H06340)
Zoomを利用したオンライン開催
2020年10月10日(土)
14:00–17:30
共同利用・共同研究課題「南アジアにおけるムスリム社会の民族誌的研究」2020年度第1回研究会
【公開】
  • 「ムスリム社会の生活世界の多極的な変容」
  • 1. 趣旨説明:外川昌彦(AA研所員)
  • 2. 報告者1:高尾賢一郎(AA研ジュニアフェロー,中東調査会)「サウジアラビアにおける政治議題としての「観光」」
  • 3. 報告者2:荒木亮(東京大学)「「宗教の商品化」にみるインドネシアのイスラームと社会」
  • 4. 報告者3:桂悠介(大阪大学大学院)「日本におけるイスラームへの改宗の諸類型:結婚による改宗/自発的な改宗の二分法を超えて」
  • 5. 全体討論
  • コメンテーター1 小牧幸代(AA研共同研究員,高崎経済大学)
  • コメンテーター2 岡井宏文(共愛学園前橋国際大学)
  • 使用言語:日本語
  • 参加費:無料
  • 事前申し込みが必要です。
  • 参加ご希望の方は、10月8日(木)18時までに、こちらのフォームから参加登録をお願いいたします。
共催
AA研共同利用・共同研究課題「南アジアにおけるムスリム社会の民族誌的研究」,基幹研究「アジア・アフリカにおけるハザードに対処する『在来知』の可能性の探究-人類学におけるミクロ-マクロ系の連関2」,科研費基盤(A)「現代南アジアにおけるムスリム社会の多極化の傾向-テロとツーリズム」(研究代表者:外川昌彦(AA研所員)課題番号:19H00554)
オンライン
2020年10月11日(金)
13:00–16:30
第15回四大学連合文化講演会
〜学術研究の最前線:環境・社会・人間~
【公開】
主催
四大学連合(東京医科歯科大学,東京外国語大学,東京工業大学,一橋大学)
後援
お茶の水会,東京外語会,蔵前工業会,如水会
オンライン
2020年10月17日(土)
~2020年10月18日(日)
10:00–13:00
フィールド言語学ワークショップ:第18回文法研究ワークショップ「音節構造の諸問題」
【公開】

    10月17日

  • 10:00-10:10 倉部慶太(AA研所員)趣旨説明
  • 10:10-11:00 中本舜(メキシコ国立自治大学大学院)「マサテク語アヤウトラ方言の前鼻音化子音とオンセットの内部構造」
  • 11:10-12:00 山岡翔(京都大学大学院)「ベトナム語ハノイ方言の音節構造について―介音の位置づけを基に―」
  • 12:00-12:50 平野綾香(大阪大学大学院)「ヌン語ランソン省チャンディン県方言の音節内部構造」

    10月18日

  • 10:00-10:50 加藤幹治(東京外国語大学大学院)「奄美語徳之島方言の音節:アクセントと喉頭化子音の観点から」
  • 10:50-11:40 髙城隆一(東京大学大学院) 「鹿児島県大隅半島内之浦方言の音節構造」
  • 11:50-12:40 清水美里(大阪大学大学院) 「ビルマ語ヨー方言の音節構造」
  • 12:40-13:00 まとめと全体討論
  • 使用言語:日本語
  • 参加費:無料
  • ※事前申し込みが必要です。募集要項(952KB)をご確認の上お申し込み下さい。
主催
基幹研究「多言語・多文化共生に向けた循環型の言語研究体制の構築(LingDy3)」
オンライン
2020年10月20日(火)
12:00–12:40
リンディフォーラム:ウェビナーシリーズ (3)
【公開】
主催
基幹研究「多言語・多文化共生に向けた循環型の言語研究体制の構築(LingDy3)」
オンライン

イベント情報ページに戻る


Copyright © 2010 Research Institute for Languages and Cultures of Asia and Africa. All Rights Reserved.