AA研トップ > イベント情報 > これからのイベント
文字の大きさ : [大きく] [標準] [小さく]

これからのイベント

タイトル欄に「公開」と記されているものは,一般公開でおこなわれます。

(開催場所の部屋番号についてはこちら
イベント情報ページに戻る
日時イベントタイトル内容場所
2022年11月18日(金)
~2022年12月15日(木)
11:00–16:30
<写真展> マイノリティとして生きる――アメリカのムスリムとアイデンティティ
【公開】
  • この秋、アメリカ在住の写真家リック・ロカモラ氏の記録写真集『マイノリティとして生きる―アメリカのムスリムとアイデンティティ』が東京外国語大学出版会より刊行されました。この本は、2001年の「9.11」以後のアメリカで暮らすムスリム(イスラーム教徒)に焦点を当て、かれらの日常の一端を捉えた写真と、関連するテーマを論じたエッセイや解説を収めています。
  • 写真展では、本書の出版を記念し、集録された写真のいくつかを展示します。ロカモラ氏は自らの写真を、現代のアメリカに生きるムスリムの「目に見える声」と表現しています。本写真展の狙いは、写真が語るかれらのライフストーリーの一部に耳を傾けることで、人の生とは、出自や宗教の内側に閉じ込められるものではないことを明らかにすることにあります。世界のいまを知るために、そして、生きることについてあらためて考えるために、ぜひご来場ください。
  • 使用言語:日本語,英語
  • 入場用:無料
  • 詳細はこちらをご覧ください。
  • ※初日は13:00から。最終日は15:00まで。土日祝日および月は基本的に閉室。ただし、外語祭期間中の11月19日(土),20日(日),23日(水・祝),および記念セミナー準備および当日にあたる12月3日(土),4日(日)は11:00-16:30まで開室。
  • ※2022年12月4日(日)13:00–15:00に記念セミナーがあります。
共催
AA研, 科研費基盤研究(A)「イスラーム・ジェンダー学と現代的課題に関する応用的・実践的研究」(研究代表者:長沢栄治(AA研フェロー)課題番号:20H00085)
101(資料展示室)
2022年11月30日(水)
18:00–19:30
(17:30開場)
イサーム・クルバージ Issam Kourbaj 氏 トークイベント:“Leave to Remain: Burning”
【公開】
  • グローバル地中海地域研究アジア・アフリカ言語文化研究所拠点では、シリア生まれ・英ケンブリッジ在住のアーティストであるイサーム・クルバージ Issam Kourbaj 氏によるトーク・イベントを開催します。“Leave to Remain: Burning” と題した今回のトーク・イベントでは、クルバージ氏のアーティストとしてのキャリアや作品、アート・パフォーマンスについて語っていただくとともに、2011年3月にはじまり、現在進行形で続いているシリア内戦に対する氏の応答や、彼の郷土シリアやその文化遺産の受けた壊滅的な被害についても、お話をうかがう予定です。
  • 司会:神田惟(グローバル地中海地域プロジェクト AA研拠点事務局)
  • 使用言語:英語(アラビア語による詩の朗読あり)※通訳はつきません。
  • 参加費:無料
  • 事前登録が必要です。
  • 参加ご希望の方は,こちらから事前のご登録をお願いします。
  • 申し込み期限:11月27日(日)23:59
  • ※参加に必要なzoom URL等の情報は、グローバル地中海地域プロジェクトAA研拠点事務局より、トーク・イベント前日正午までにお送り致します。
  • ※対面形式での参加を希望される方は、先着順で承ります。
  • 新型コロナウイルス感染症予防の観点から、対面での参加につきましては、収容人数を限定しての開催とさせていただきます。
  • 申し込み人数が多い場合は、対面参加のご希望にお応えできかねる場合もございます。あらかじめご承知おきください。
  • お問い合わせ先:gmed.ilcaa[at]gmail.com
    (グローバル地中海地域プロジェクト AA研拠点事務局 担当者:神田惟)
    ※[at]を@に変えてください。
主催
アジア・アフリカ言語文化研究所中東イスラーム研究拠点(グローバル地中海地域研究)
304,オンライン会議室
2022年12月3日(土)
13:00–16:30
共同利用・共同研究課題「グローバル時代のアフリカの「若者」のキャリア志向と「現実」との交渉:東部アフリカを中心に」2022年度第4回研究会
  • 1.近藤有希子(AA研共同研究員、京都大学)
  • 「『もう丘には戻らない』―虐殺後のルワンダに生きる若者の選択と暴力の記憶―」
  • 2.セーラ ジョージア(AA研共同研究員、京都大学)
  • 「やせっぽちの女の子、太った女性:ウガンダ都市部における肥満のダイナミクス」
  • 司会:椎野若菜(AA研)
  • 使用言語:英語
共催
AA研,科研費基盤研究 (B)「現代東部アフリカ社会をゆるがすセクシュアリティ・結婚の変容とシングル化」(研究代表者:椎野若菜(AA研所員)課題番号:22H00769)
302,オンライン会議室
2022年12月3日(土)
13:30–19:00
共同利用・共同研究課題「チベット・ヒマラヤ牧畜文化論の構築―民俗語彙の体系的比較にもとづいて―」2022年度第2回研究会
  • 1. ナムタルジャ/南太加(AA研共同研究員,青海民族大学)
  • 「チベット牧畜民の骨利用とそこからみえる文化の諸相」
  • 2. 三浦順子(AA研共同研究員,翻訳家)
  • 「ニンマ派におけるベジタリアン思想の流れ:ニャラ・ペマ・ドゥンドゥルとパトゥル・リンポチェ」
  • 3. ジャムヤン(東京外国語大学AA研大学院博士後期課程)
  • 「チベット高原における家畜の管理法と土地利用法について」
  • 4. 全員 論集に関する打ち合わせ
  • 使用言語:日本語
共催
特別研究員奨励費「特有文法と民俗語彙に着目した、チベット語の地理言語学的・歴史言語学的研究」(研究代表者:海老原志穂(日本学術振興会/東京外国語大学)課題番号:20J40127)、科研費基盤(B)「フィールドデータと文献資料をつなぐ「チベット語民俗語彙=用例データベース」の構築」(研究代表者:星泉(AA研所員)課題番号:20H04480)
303,オンライン会議室
2022年12月4日(日)
13:00–15:00
<記念セミナー> マイノリティとして生きる――アメリカのムスリムとアイデンティティ
【公開】
  •   アメリカ在住の写真家リック・ロカモラ氏の記録写真集が東京外国語大学出版会より刊行されました。この本は、2001年の「9.11」以後のアメリカで暮らすムスリム(イスラーム教徒)に焦点をあて、かれらの日常の一端を捉えた写真と、関連するテーマを論じたエッセイや解説からなっています。
     この度、来日中のロカモラ氏を迎えて刊行および写真展開催記念セミナーを開催することになりました。交流会とサイン会も行いますので、多くの皆様に会場にてご参加いただけますと幸いです。
  • 司会:後藤絵美(AA研)
  • 登壇者:
  •  高橋圭(東洋大学)「ロカモラ氏との出会い、アメリカのムスリムについて」
  •  リック・ロカモラ(記録写真家)「アメリカに生きるムスリムの声を写す」
  •  長沢栄治(AA研フェロー)「写真から学び、考える」
  • 使用言語:英語,日本語(逐次通訳)
  • 参加費:入場および視聴無料
  • 事前登録が必要です。
  • 申し込み期限:12月3日(土)
  • 参加ご希望の方は,こちらからご登録をお願いします。
共催
AA研,イスラーム・ジェンダー研究会@TUFS, 科研費基盤研究(A)「イスラーム・ジェンダー学と現代的課題に関する応用的・実践的研究」(研究代表者:長沢栄治(AA研フェロー)課題番号:20H00085)
303,オンライン会議室
2022年12月4日(日)
14:00–17:30
共同利用・共同研究課題「東南アジアにおけるイスラーム主義と社会・文化要因の相互作用に関する学際的研究―トランスナショナルなネットワークと現地の応答」2022年度第2回研究会
  • 14:00–15:30 新井和弘(慶應義塾大学)
  • 「ルトゥフィー・ビン・ヤフヤーとインドネシア社会:宗教者、大統領評議会メンバーとしての活動を中心に」
  • 15:45–17:30 錦田愛子(慶應義塾大学)
  • 「パレスチナをめぐるイスラーム主義運動のトランスナショナルな諸相」
  • 使用言語:日本語
主催
コタキナバル・リエゾンオフィス(KKLO)
オンライン会議室
2022年12月4日(日)
~ 2022年12月9日(金)
※5日間
The Iraqi Japanese Workshop(第13回 日本・イラク合同学術会議「日本とイラクの歴史、政治と社会:両国の視座から」)
【公開】
    イベントの概要 A03「移民・難民とコミュニティ形成」班は、12月4日から9日、バグダード大学他とともに、イラク共和国バグダード市において、”The Iraqi Japanese Workshop”(第 13 回 日本・イラク合同学術会議「日本とイラクの歴史、政治と社会:両国の視座から」)を開催いたします。
  • Program
  • Day 1: 4 December – University of Baghdad- College of Arts

    Morning Panel: 9.00-11.00 a.m.
    Opening speeches: 5 Minutes for each speech
    A Short Welcoming Speech of President of UoB, Professor Muneer Al-Saadi
    A Short Welcoming Speech of Dean of the CoA, Prof.Abdullah al-Ejeili
    A Short Speech of the HE the ambassador of Japan in Iraq, Mr. Futoshi Matsumoto
    A short Speech of Coordinating Committee (Prof. Keiko Sakai)
    Keynote lecture: 30 Minutes
    Chair: Professor Lahay Abdulhussein
    Professor Hidemitsu Kuroki
    Discussants: Prof. Falah Al-Assadi and Prof. Hassan Ali Sabti
    Discussions
    Teabreak 11.00-12.00
    Afternoon Panel 1: 12.00-14.00 p.m.
    Panel 1: Lecture by JICA-Iraq Office, Mr.YONEDA Gen, “Partnership for the Future of Iraq”
    Chair: Professor Professor Inaam Al-Salman
    Discussants : Professor Akiko Yoshioka, professor Bashar Al-Qaysi and Ms. Faika Nasser
    Discussions:
    Afternoon Panel 2: On The Gender and Genocide Studies in Iraq through Iraqi Perception
    Chair: Salam Al-Ebadi
    Professor Adnan Yassen Mustafa, ”The Societal Changes and the Human Security of Woman in Iraq: Social Analysis”
    Professor Salah Al-Jaberi, ”On UNESCO Chair in UoB to Prevent of Genocide in Iraq”
    Discussants: Professor Nibras Adnan and Dr. Shirine Muhammed
    Discussions
    Lunch:14.30-16.00 p.m.

    Day 2: 5 December- Mustansiryah University-College of Arts

    Afternoon Panel: 9.00-11.30 a.m.
    Opening speeches: 5 Minutes for each speech
    A Short Welcoming Speech of President of MU, Professor Sadiq Al-Hamash
    A Short Welcoming Speech of Professor Abdulbaqi Bader Nasser, Dean of CoA-MU
    A Short Speech of the HE the ambassador of Japan in Iraq, Mr. Futoshi Matsumoto
    A short Welcoming Speech of Coordinating Committee(Prof. Keiko Sakai)
    Keynote Lecture : 30 Minutes
    Professor Eiji Oguma, Keio University,
    “Imagined Communities and the Japanese Experience:how do we the people who can be a base of a political unity ”(Online Lecture).
    Professor Keiko Sakai, Chiba University,
    “Social Movements in the Iraqi History and emergence of Diverse Senses of Watan”
    Chair: Professor Ali Abdulhadi Al-Merhaj
    Discussants: Professor Mahmoud Al-Qaysi and professor Jalal Kadhum
    Discussions
    Panel 3: on Iraqi Social Movements
    Chair: Professor Jalal Kadhum
    Professor Saad Mohammed Ali Al-Gar’awi,”The Protests Psychology in Iraq”
    Discussants: Professor Keiko Sakaiand Professor Ali Abdulhadi Al-Merhij
    Discussions
    Panel 4: on Japanese Studies in Iraq
    Chair: Professor Samer Rahim Nu’ama
    Professor Alaa Al-Ameri,”The future of Japanese Studies in Iraq”
    Discussants: Professor Haider Shaker Al-Sultani and Dr.Afrah Muhammed Ali
    Discussions
    Lunch: 3.30-5.30 p.m.

    Day 3: 7 December- Bayt al Hikma

    Morning Panel: 9.00-12.00 a.m.
    Welcoming Speech of the President of the Iraqi Scientific Academy and President of Baytal Hikma,Professor Muhammed Hussein Al-Yassein
    A Short Speech of the HE the ambassador of Japan in Iraq,Mr. Futoshi Matsumoto
    A short Speech of Coordinating Committee (Prof.Keiko Sakai)
    Chair: Professor Ismael Al-Jaberi
    Lecture 1: Professor Keiko Sakai “1920 Revolution as a source of nation-hood of Iraq” 30 Minutes
    Lecture 2: Professor Akiko Yoshioka, IEEJ.
    Power Struggle in Kurdistan of Iraq and Political Mobilization in Disputed Territories:
    from Analyses of 2021 Iraqi Election”. 30 Minutes
    Lecture 3: Professor Mahmoud Al-Qaysi,
    ”How Do Iraqis understand the Japanese History and Modernization”20 Minutes
    Lecture 4: Professor Thana’Mohammed Saleh and Duaa Saad,
    ” Attempts to benefit from the Japanese Educational System in Iraq”
    Discussants”:Professor falah Al-Assadi, Professor Inaam Al-Salman and Professor Kadhum Al-Sahlani
    Discussions
    General discussion with Iraqi Scholars on the Future of academic Exchange between Iraq and Japan
    Final Remarks:professor Haider Qasim M. Al-Timimi

    Day 4: 8 December-College of Arts-Iraqia University

    9.30-12.00 p.m.
    Working meeting with professors of Iraqiya University-College of Arts
    Opening speeches: 5 Minutes for each speech
    A Short Welcoming Speech of President of IU, Professor Ali Hussein Al-Jabouri
    A Short Welcoming Speech of Professor Hussein Dakhil Al-Bahadeli ,Dean of CoA-IU
    A Short Speech of the HE the ambassador of Japan in Iraq,Mr. Futoshi Matsumoto
    Keynote Lecture: 25 Minutes
    Chair: Professor Falah Al-Assadi
    Professor Keiko SAKAI,”1920 Revolution: Its Contemporary Implication”
    Professor Waissam Abdulrazaq Hussein and Isra’ Mohammed Saleh,”The Japanese Studies on Palestine”
    Discussants: Professor Inaam Al-Salman and Dr.Saif Adnan
    Discussions
    Discussion with professor Hussein al-Bahadhili, Dean of College of Arts,
    professors and graduate students in the University on the future academic cooperation with Japanese Universities
    Visit to Qiyam Private School 12.30-14.00
    Working-level Meeting with staff of al-Qiyam school
    Discussion on future cooperation in educational fields
    Lunch: 14.30-16.00.

    Day 5: December 9 , 10.00-11.00a.m.

    Follow-up Meeting with President of University of Baghdad
    The Future of academic Cooperation with Chiba University according to 2017 MOU.
    Lunch: 12.00-14.00 p.m.
    Professor Dr. Keiko Sakai, Dean of the center of Relational Studies on Global Crises, Chiba University
    Professor Dr. Abdullah Sabar Al-Ajeili, Dean of College of Arts- University of Baghdad
    Professor Dr. Hussein Dakhil Al-Bahedili, Dean of College of Arts-Iraqia University
    Professor Dr. Abdulbaqi Bader Naser, Dean of College of Arts-Mustansiryah University
    Professor Dr. Mahmoud A.M. Al-Qaysi,College of Arts-University of Baghdad
    Assistant Professor Dr. Ahmed Natiiq Ibrahim,College of Arts-University of Baghdad
    Assistant Professor Dr.Ismael Taha Al-Jaberi,baytal Hikma
    Dr. Amal Abdullah Ataya,The Scientific Affairs Unit,College of Arts-University of Baghdad
    Dr. Bushra ‘inad Al-Khalili,History Department-College of Arts-University of Baghdad

  • 使用言語:アラビア語,英語
  • 参加費:無料
  • 事前申し込み:不要
共催
バグダード大学,イラキーヤ大学,ムスタンシリーヤ大学,千葉大学,「知恵の館」
協賛
日本学術振興会研究拠点形成事業(B.アジア・アフリカ学術基盤形成型)「中東を軸とした非欧米社会の路上抗議運動研究ネットワーク構築:アジアの結節と比較」,科研費学術変革領域研究(A)「移民・難民とコミュニティ形成」(研究代表者:黒木英充(AA研所員/SRC)課題番号:20H05826)
イラク共和国バグダード市(場所は開催日によって異なります)
2022年12月5日(月)
18:00–21:00
TUFS Cinema:モンゴル・ドイツ合作映画上映会『大地の静脈』
【公開】
  • 1. 映画『⼤地の静脈』本編上映
  • 2. 上村明(東京外国語⼤学⼤学院総合国際学研究科研究員)氏によるトーク
  • 司会:山越康裕(AA研所員)
  • 使用言語:日本語,モンゴル語
  • 参加費:入場無料
  • ※事前登録制(先着250名)、⼀般公開
  • ※新型コロナウイルス感染症対策のため、事前登録制での開催となります。
  • 詳細はこちらをご覧ください。
  • 協力:東京外国語大学多言語多文化共生センター, 人間文化研究機構国立民族学博物館, 鳥取大学乾燥地研究センター
共催
TUFSフィールドサイエンスコモンズ(TUFiSCo),AA研基幹研究「アジア・アフリカの⾔語動態の記述と記録:アジア・アフリカに⽣きる⼈々の⾔語・⽂化への深い理解を⽬指して」(略称DDDLing),東京外国語⼤学TUFS Cinema
東京外国語大学アゴラ・グローバル プロメテウスホール
2022年12月6日(火)
17:00–19:00
AA研共同基礎研究「南アジアにおける文化的接触のダイナミズム」2022年度第2回研究会
【公開】
  • LI Lingli(ゲッティンゲン大学)
  • “Persian translations of the Bhāgavatapurāṇa with a brief comparison of two manuscripts”
  • 使用言語:英語
  • 参加費:無料
  • 事前申し込みが必要です。
  • 参加を希望される方は,小倉智史:ogura[at]aa.tufs.ac.jpまでお申し込みください。([at]を@に変えてください)
共催
AA研共同基礎研究「南アジアにおける文化的接触のダイナミズム」,AA研,国際共同研究加速基金(国際共同研究強化(B)) 「翻訳から見る近世南アジアの文化多元主義」(研究代表者:太田信宏(AA研所員)課題番号:18KK0013)
オンライン会議室
2022年12月10日(土)
13:00–18:00
共同利用・共同研究課題「新型コロナ感染拡大下における芸能に関する学際的研究」2022年度第4回研究会
  • 13:00–13:10 吉田ゆか子(AA研所員)「研究会趣旨など説明」
  • 13:10–14:10 長嶺亮子(AA研共同研究員,沖縄県立芸術大学)「コロナ下の台湾における芸能と防疫」
  • 14:10–14:55 Q&A
  • 14:55–15:10 休憩
  • 15:10–16:10 阿部武司(AA研共同研究員,東北文化財映像研究所)「コロナ禍の祭礼と民俗芸能~東北地方の現状~」
  • 16:10–16:55 Q&A
  • 16:55–18:00 全体討論
  • 使用言語:日本語
共催
AA研,科研費基盤研究(B)「「コロナ状況」下で育まれる芸能―危機への応答・身体性をめぐる交渉・社会との関係」(研究代表者:吉田ゆか子(AA研)課題番号:21H00643)
306,オンライン会議室
2022年12月10日(土)
13:00–17:00
共同利用・共同研究課題「アイヌ語現地調査資料のアーカイブズ構築にかんする学際的研究(2)」2022年度第2回研究会
  • 13:00–13:10 奥田統己(AA研共同研究員、札幌学院大学)開会、趣旨説明
  • 13:10–14:00 奥田統己(AA研共同研究員、札幌学院大学)「AA研所蔵のアイヌ語資料の整理の現状・成果と今後の方針について」
  • 14:10–15:00 深澤美香(AA研共同研究員、国立アイヌ民族博物館)「AA研所蔵のアイヌ語フィールドノートの整理に向けて:美幌方言調査を中心に(8)」
  • 15:10–16:00 中川裕(AA研共同研究員、千葉大学名誉教授)「木幡菊蔵氏のyukar(1976年8月21日録音)」
  • 16:10–17:00 奥田統己(司会)総合討論
  • 使用言語:日本語
主催
AA研基幹研究「アジア・アフリカの言語動態の記述と記録:アジア・アフリカに生きる人々の言語・文化への深い理解を目指して」(DDDLing)
304,オンライン会議室
2022年12月11日(日)
13:00–17:00
2022年度フィールドネット・ラウンジ企画「躍動する南アジアのポピュラー音楽文化の諸相」
【公開】
  • 13:00–13:05 オープニング(フィールドネットからの挨拶)
  • 13:05–13:10 開会の挨拶・趣旨説明 井上春緒(キングスカレッジ・ロンドン)
  • 13:10–13:30 軽刈田凡平(音楽ライター)「レペゼンされる重層的なアイデンティティ」
  • 13:30–13:50 拓徹(大阪大学)「「自由レコード」の軌跡:インドにおけるヒップホップと政治」
  • 13:50–14:10 井上春緒「国境を超えて繋がる南アジアのインディペンデント音楽」
  • 14:10–14:20 質疑応答
  • 14:20–14:40 休憩
  • 14:40–15:00 佐々木美佳(映画監督)「劇中歌から見えるベンガル語ポピュラー・ソングの世界」
  • 15:00–15:20 岡田恵美(国立民族学博物館)「音楽とともに生きるナガ:紛争地域からインド・ロックの首都へ」
  • 15:20–15:40 村山和之(和光大学)「トランスするイスラーム聖者様の歌、その出自をめぐって」
  • 15:40–15:50 質疑応答
  • 15:50–16:10 コメント 岩谷彩子(京都大学)
  • 16:10–16:55 総合討論
  • 16:55–17:00 閉会の挨拶 井上春緒
  • 使用言語:日本語
  • 参加費:無料
  • 参加ご希望の方は,こちらから事前のご登録をお願いします。
  • 申し込み期限:2022年12月9日(金)正午
  • 問い合わせ先:井上春緒(企画責任者)haruo.inoue[at]gmail.com *[at]を@に変更して送信ください。
共催
AA研,東京外国語大学フィールドサイエンスコモンズTUFiSCo
オンライン会議室
2022年12月12日(月)
17:30–21:00
TUFS Cinema:中国(内モンゴル舞台)映画上映会『大地と白い雲』
【公開】
  • 1. 映画『⼤地と白い雲』本編上映
  • 2. 山越康裕(AA研)によるトーク
  • 司会:山越康裕(AA研所員)
  • 使用言語:日本語,モンゴル語
  • 参加費:入場無料
  • ※事前登録制(先着250名)、⼀般公開
  • ※新型コロナウイルス感染症対策のため、事前登録制での開催となります。
  • 詳細はこちらをご覧ください。
  • 協力:東京外国語大学多言語多文化共生センター
共催
TUFSフィールドサイエンスコモンズ(TUFiSCo),AA研基幹研究「アジア・アフリカの⾔語動態の記述と記録:アジア・アフリカに⽣きる⼈々の⾔語・⽂化への深い理解を⽬指して」(略称DDDLing),東京外国語⼤学TUFS Cinema
東京外国語大学アゴラ・グローバル プロメテウスホール
2022年12月17日(土)
13:30–18:00
共同利用・共同研究課題「死の人類学再考:変容する現実の人類学的手法による探究」2022年度第4回研究会
  • 13:30–18:00 全員 成果論集のための概要発表会
  • 使用言語:日本語
主催
AA研
本郷サテライト
2023年1月9日(月)
13:00–16:00
2022年度フィールドネット・ラウンジ企画「フィールドワークってなんだ?: 異分野方法論談議(霊長類学・言語学・ 歴史学・人類学)」
【公開】
  • 【オープニング】
  • 13:00–13:05 フィールドネットからの挨拶
  • 谷口晴香(AA研)「趣旨説明」
  • 【第一部】各分野のフィールドワークの紹介
  • 霊長類学のフィールドワーク紹介
  • 13:05–13:25 谷口晴香(AA研)「積雪地のニホンザルのアカンボウはどのように冬を越すのだろうか?」
  • 13:25–13:45 杉浦秀樹(京都大学野生動物研究センター)「ニホンザルの声のやりとりを野外で調査する」
  • 言語学のフィールドワーク紹介
  • 13:45–14:00 青井隼人(東京外国語大学) 「彼らはどうやってその母音を発音しているのか:沖縄県宮古郡多良間村での器械音声学的調査」
  • 14:00–14:15 古本真(AA研)「とりあえず行ってから考える:ザンジバルでのスワヒリ語の方言調査」
  • 14:15–14:20 休憩
  • 歴史学のフィールドワーク紹介
  • 14:20–14:40 守田まどか(AA研)「イスタンブルで史料の海にとびこむ」
  • 人類学のフィールドワーク紹介
  • 14:40–15:00 吉田優貴(AA研)「ケニアの聾者/聴者との民族誌的フィールドワーク〈私の場合〉」
  • 15:00–15:10 休憩
  • 【第二部】談議
  • 15:10–16:00 質疑応答と談議
  • 使用言語:日本語
  • 参加費:無料
  • 事前申し込みが必要です。
  • 申し込み期限:2023年1月7日(土)
  • 参加ご希望の方は,こちらからご登録をお願いします。
  • 問い合わせ先:谷口晴香 taniguchi8[at]aa.tufs.ac.jp([at]を@に変えて送信してください)
共催
AA研,東京外国語大学フィールドサイエンスコモンズTUFiSCo,科研費基盤(S)「社会性の起原と進化:人類学と霊長類学の協働に基づく人類進化理論の新開拓」(研究代表者:河合香吏(AA研所員)課題番号:19H05591),科研費基盤研究(C)「ケニアの聾/聴者の相互行為態に関するヴィジュアル・メソッドを用いた民族誌的研究」(研究代表者:吉田優貴(AA研研究機関研究員)課題番号:20K01189)
オンライン会議室
2023年1月21日(土)
13:30–16:00
イスラーム・ジェンダー学科研主催 若手研究報告会「動物倫理の『最前線』:最前線としてのイスラエルからの応答」
【公開】
  • イスラーム・ジェンダー学科研主催 若手研究報告会
  • 「動物倫理の『最前線』:最前線としてのイスラエルからの応答」
  • 要旨:
  • 今年2022年の5月に出版された『動物倫理の最前線:批判的動物研究とは何か』は、動物倫理の流れから批判的動物研究に至るまでを網羅的に著した和書としては初めての書籍と名高い。イスラーム・ジェンダー学科研の本報告では、とりわけ第五章のフェミニズムやジェンダーとの関わりに着目しながら本書を解題する。その後筆者の研究対象である、イスラエルの動物の権利運動を事例に、「最前線」で起きているヴィーガン・ナショナリズムの問題を論じたい。
  • 【プログラム】
  • 司会:小野 仁美(東京大学)
  • 13:35–15:00 報告「動物倫理の『最前線』:最前線としてのイスラエルからの応答」
  • 報告者:保井啓志 (東京大学大学院 博士後期課程)
  • 参考文献 井上太一(2022)『動物倫理の最前線―批判的動物研究とは何か』人文書院
  • 15:00–15:10 休憩
  • 15:10–15:30 コメント コメンテーター:井上太一氏(翻訳家・執筆家)
  • 15:30–16:00 質疑応答
  • 使用言語:日本語
  • 参加費:無料
  • 事前申し込みが必要です。
  • 参加ご希望の方は,こちらからご登録をお願いします。
共催
科研費基盤 (A) 「イスラーム・ジェンダー学と現代的課題に関する応用的・実践的研究」(研究代表者:長沢栄治(AA研フェロー)課題番号:20H00085),科研費基盤研究(B)「『アジア・ジェンダー史』の構築と『歴史総合』教材の開発」(研究代表者:三成美保(追手門学院大学)課題番号:20H04447)
301,オンライン会議室

イベント情報ページに戻る


Copyright © 2010 Research Institute for Languages and Cultures of Asia and Africa. All Rights Reserved.