ILCAA Home > Training > Intensive Language Courses (ILC) > Short-term ILC 2017 [Special program]
Font Size : [Larger] [Medium] [Smaller]

Short-term ILC 2017 [Special program]

The course is taught in Japanese.
Participants need to have Japanese language skills.

■ Short-term Intensive Language Course 2017

Special program on Readings of Ancient Chinese Administrative Tablet Documents

Term: 6 Sep. 2017 – 10 Sep. 2017 30 hours/total
Venue: Inter-University Seminar House (1987-1, Shimoyugi, Hachioji-shi, Tokyo, Japan)
Head Teacher: Arnd Helmut HAFNER
Sub Teacher: Kyoko MEGURO, Tsuneko SUMIYA, Akira MOMIYAMA, Naomi SUZUKI, Takeyuki TAKAMURA

史料講読研修「中国古代文書簡牘」募集要項

今年度は,短期言語研修特別企画として,史料講読研修「中国古代文書簡牘」を実施します。
受講希望者は下記によりお申込みください。

印刷用ページはこちら(研修内容詳細は9ページから)

募集要項

1. 募集研修名2017年度短期言語研修[特別企画]史料講読研修「中国古代文書簡牘」
2. 募集人員約10名
3. 募集期間2017年5月1日(月)~ 2017年5月25日(木)
 受付時間 午前9時30分~午後5時(正午~午後1時を除く)
 持込みの場合,土・日・祝日を除きます。
 郵送の場合は,5月25日(木)必着です。
 Eメールの場合は, 5月25日(木)日本時間午後5時必着です。
現在,二次募集を行なっています。
平成29年度夏期言語研修の募集は終了しました。
第二次募集期間:2017年6月1日(木)~ 2017年6月26日(月)
 受付時間 午前9時30分~午後5時(正午~午後1時を除く)
 持込みの場合,土・日・祝日を除きます。
 郵送の場合は,6月26日(月)必着です。
 Eメールの場合は, 6月26日(月)日本時間午後5時必着です。
4. 応募資格若手研究者を主な対象としていますが,上記の目的に必要な学力及び動機をお持ちの方であれば,ご応募いただけます。
5. 応募方法所定の受講申込書に必要事項をご記入の上,在学証明書又は最終学校の卒業証明書(写)を添えて,お申し込み下さい。
※申し込み方法は,直接持ち込み,郵送,Eメールのいずれかとします。
※郵送の場合は,封筒の表に「短期言語研修申し込み」と朱書き願います。
受講申込書:wordファイル
6. 選考方法当研究所で書類審査により選考します。
7. 選考結果受講の可否は,一次募集応募分については,6月末までに本人あてにEメールにて通知します。二次募集を行った場合は,7月下旬までに本人あてにEメールにて通知します。
8. 受講手続受講を許可された方は,所定の期日までに,定められた額の受講料,宿泊料,食事代を一括納付して下さい。 金額の詳細は募集要項をご覧ください。
9. 修了証書定められている授業時間数の3分の2以上出席し,かつ所定の成績を収めた受講者に修了証書を交付します。
10. 申込み先東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所2階206室
研究協力課共同研究拠点係
〒183-8534 東京都府中市朝日町3-11-1
TEL 042-330-5603, FAX 042-330-5610
Email ilcaa-ilc[at]tufs.ac.jp [at]を@に置き換えて下さい。

史料講読研修「中国古代文書簡牘」

研修期間
研修期間:2017年9月6日(水)~2017年9月10日(日)
午前9時00分 ~ 午後5時50分(初日は午後1時から授業開始,最終日は午後0時10分まで)

研修時間
30時間

研修会場
大学セミナーハウス (公益財団法人大学セミナーハウス)
(〒192-0372 東京都八王子市下柚木1987-1)
URL: https://iush.jp/

講師
陶安あんど(すえやす あんど)東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所 准教授
2000年京都大学にて博士(法学)の学位を取得。東京大学東洋文化研究所研究機関研究員を経て,2001年4月東京外国語大学に着任,2006年4月より現職。
主に中国法制史,秦漢簡牘史料について研究。
目黒杏子(めぐろきょうこ)京都大学人文科学研究所 特定助教
2007年京都府立大学大学院文学研究科博士後期課程単位取得退学。2008年4月以降,京都府立大学や京都大学人文科学研究所にて非常勤講師を務め,2015年4月より現職。
主に中国古代史,国家儀礼について研究
角谷常子(すみや つねこ)奈良大学文学部 教授
1986年京都大学文学研究科修士課程修了。1997年堺女子短期大学助教授を経て,
2004年奈良大学文学部史学科助教授に着任。2009年4月より現職。
主に中国古代史,社会関係史について研究。
籾山明(もみやま あきら)東洋文庫 専任研究員
2007年京都大学にて博士(文学)を取得。
1990年4月より埼玉大学教養学部助教授に着任し,1995年4月より教授を務める。2010年4月より現職。
主に中国古代史,史料論について研究。
鈴木直美(すずき なおみ)明治大学文学部 兼任講師
2009年明治大学大学院文学研究科博士後期課程修了。博士(史学)取得。その後現職。
主に中国古代史,簡牘による葬送儀礼について研究。
髙村武幸(たかむら たけゆき)明治大学文学部 准教授
2006年明治大学大学院文学研究科博士後期課程修了。博士(史学)取得。その後,慶應義塾大学,国士舘大学などの非常勤講師を務め,2009年より三重大学人文学部准教授に着任。2014年4月より,現職。
主に秦漢簡牘史料,地方行政と地域社会について研究。

受講料
18,000円(教材費込み)
※宿泊料および食事代は含まれません。募集要項にて金額をご確認ください。

「中国古代文書簡牘講読研修」時間割(2017年3月15日現在)

時限時間帯9月6日
(水)
9月7日
(木)
9月8日
(金)
9月9日
(土)
9月10日
(日)
19:00–10:30西北漢簡講読(人事関係文書,角谷)葬送簡牘概論(鈴木)里耶秦簡講読(往来文書と行政の分業体制,陶安)簡牘に見る古代社会生活史(目黒)
210:40–12:10西北漢簡講読(下達文書の諸相,籾山)葬送簡牘演習(鈴木)里耶秦簡講読(証明文書の諸相,陶安)総合討論――世界史の中の文書行政(陶安)
313:00–14:30簡牘学概論(角谷)西北漢簡講読(交通行政関係文書と記録,角谷)簡牘製作演習(高村)里耶秦簡講読(上計制度の運用実態,陶安)
414:40–16:10文書行政概論(陶安)西北漢簡講読(上計根拠資料としての簿籍,籾山)簡牘製作演習(高村)里耶秦簡講読(簿籍と文書の保管技術,目黒)
516:20–17:50簡牘形態分類理論(角谷)西北漢簡集成演習(出土状況から執務状況を復元,籾山)簡牘製作演習(高村)里耶秦簡集成演習(形状分類からみる簡牘の再利用,目黒)

秦漢文書簡牘の実物が比較的纏まって出土した場所は,漢代の長城の西端に当たる甘粛省の敦煌から内蒙古自治区の額濟納旗(えちなき)にかけて広がる乾燥地帯と,秦代の遷陵県が置かれていた湖南省龍山県里耶鎮とである。前者のいわゆる「西北漢簡」(敦煌漢簡や居延漢簡等)は,主として軍政行政機関が作成した文書や簿籍を内容とするのに対し,後者の「里耶秦簡」は,民政の地方行政機関が廃棄した文書や簿籍から構成される。秦代と漢代の時代的変遷もよく読み取れるので,文書簡牘はこの二つの史料群に分けて講読を行う。なお,日本の伝統的な文書簡牘研究は西北漢簡を中心に発展してきたので,材料の時代順とは逆に,学術史的流れに沿って西北漢簡から講読を始める。
また,文書簡牘の古文書学的研究に関する次の文献を事前に読んでおいてください。
・籾山明「日本における居延漢簡研究の回顧と展望――古文書学的研究を中心に」(籾山明・佐藤信編『文献と遺物の境界II――中国出土簡牘史料の生態的研究』,東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所,2014年。籾山明『秦漢出土文字史料の研究』(創文社,2015年)にも収録)
・永田英正「文書行政」(松丸道雄・古賀登・永田英正・尾形勇・佐竹康彦『殷周秦漢時代史の基本問題』,汲古書院,2001年)
・角谷常子「中国の木簡――秦漢帝国では」(木簡学会編『木簡から古代はみえる』,岩波新書,2010年)



Copyright © 2010 Research Institute for Languages and Cultures of Asia and Africa. All Rights Reserved.