AA研トップ > スタッフ > ジュニア・フェロー
文字の大きさ : [大きく] [標準] [小さく]

ジュニア・フェロー

本研究所では,設置趣旨に基づき後継者養成を図るため,専任所員の支援のもとに共同研究活動に参画する博士後期課程修了以上の若手研究者を受け入れています。

麻生 玲子
  • 麻生 玲子
  • 琉球諸語八重山語波照間方言の記述研究,大量のデータに対し情報技術を活用した新たな言語研究手法の開発
  • 2017年4月1日~2018年3月31日
新谷 崇
  • 新谷 崇
  • イタリア領東アフリカにおける植民地統治と宗教の問題(1935~1941年)
  • 2017年4月1日~2018年3月31日
池田 昭光
  • 池田 昭光
  • レバノン高齢社会の人類学的研究-親族・国外移民・家事労働者
  • 2017年4月1日~2018年3月31日
生駒 美樹
  • 生駒 美樹
  • 負債の民族誌―茶をめぐる生産者間の関係
  • 2017年4月1日~2018年3月31日
烏雲高娃(ウユンゴワ)
  • 烏雲高娃(ウユンゴワ)
  • 近代内モンゴル知識人の文化活動
  • 2017年4月1日~2018年3月31日
海老原 志穂
  • 海老原 志穂
  • 現代方言と文献を用いたチベット語の比較研究
  • 2017年4月1日~2018年3月31日
大島 一
  • 大島 一
  • ハンガリー周辺地域のハンガリー語方言における言語接触
  • 2017年4月1日~2018年3月31日
勝畑 冬実
  • 勝畑 冬実
  • エジプト映画における近現代イスラーム改革思想の表象
  • 2017年4月1日~2018年3月31日
加藤(山内) 珠比
  • 加藤(山内) 珠比
  • サブサハラアフリカの農業投入財補助金政策の歴史的変換―タンザニアを例に
  • 2017年4月1日~2018年3月31日
倉部 慶太
  • 倉部 慶太
  • ジンポー語のアーカイビングとコーパス構築およびそれらを利用した研究
  • 2017年4月1日~2018年3月31日
小池 まり子
  • 小池 まり子
  • 現代バリの社会・宗教改革運動-バリヒンドゥー教徒の親族集団組織を事例として-
  • 2017年4月1日~2018年3月31日
東風谷 太一
  • 東風谷 太一
  • 1840年代のバイエルン王国ミュンヒェンで発生したビールをめぐる騒擾を都市の営業体制・権利概念・ビールと醸造業の表象の視点から考察すること
  • 2017年4月1日~2018年3月31日
小森 真樹
  • 小森 真樹
  • 現代アメリカ合衆国における科学館の再定義:博物館展覧会の利用実態の分析から
  • 2017年4月1日~2018年3月31日
四條 真也
  • 四條 真也
  • 島嶼地域における伝統の再解釈-米国制度下のハワイにおける伝統的養取慣行に関する社会人類学的研究
  • 2017年4月1日~2018年3月31日
澁谷 俊樹
  • 澁谷 俊樹
  • ベンガルの民衆文化をめぐる歴史人類学的研究
  • 2017年4月1日~2018年3月31日
周太加(ジュクタルジャ)
  • 周太加(ジュクタルジャ)
  • 青海近代史
  • 2017年4月1日~2018年3月31日
西川 和孝
  • 西川 和孝
  • 西南中国における漢族移民と経済活動の歴史について
  • 2017年4月1日~2018年3月31日
三代川 寛子
  • 三代川 寛子
  • 近代エジプトにおけるコプトのファラオ主義と人種主義
  • 2017年4月1日~2018年3月31日

過去のジュニア・フェロー

2015

  • 新谷 崇 イタリア領東アフリカにおける植民地統治と宗教の問題(1935~1941年)
  • アレズ ファクレジャハニ イランと中東他国との関係,そして,相違
  • 池田 昭光 「移動」への視点――レバノン人に学ぶ
  • 稲山 円  イランにおける女性の宗教実践に関する人類学的研究
  • 大島 一 ハンガリー周辺地域のハンガリー語方言における言語接触
  • 大塚 行誠 ミャンマーおよびインド北東部におけるクキ・チン諸語の研究
  • 勝畑 冬実 エジプト映画における近現代イスラーム改革思想の表象
  • 菅野 美佐子 インド北部におけるジェンダー規範の変容―想像と実態のはざまの生活世界―
  • 栗田 知宏 東アフリカ系ブリティッシュ・エイジアンのエスニック・アイデンティティに関する調査研究
  • 小林 貴幸 東アジアにおける社会集団の構造と対人関係に関する比較
  • ジュクタルジャ 青海近代史―アムドにおけるチベット人の文化活動を手掛かりとして
  • 西村(西野) 範子 ベトナムの国際社会参画時代における内政と対中国関係の変動
  • 宮本 隆史 近代インド社会における犯罪と刑罰の認識

2014

  • 申 才恩 The Dynamics of Religious Organizations in Assam: Śaiva cult among the ruling families of tribal origin
  • 池田 昭光 「移動」への視点――レバノン人に学ぶ
  • 宮本 隆史 近代インド社会における犯罪と刑罰の認識
  • 小林 貴幸 東アジアにおける社会集団の構造と対人関係に関する比較
  • 勝畑 冬実 エジプトにおける近現代イスラーム改革思想の展開~「シャリーアの意図」概念を中心に~
  • アレズ ファクレジャハニ イランと中東他国との関係,そして,相違
  • 鳥山 純子 人間の移動における教育機関の意義―現代カイロの私立学校を事例に
  • 栗田 知宏 東アフリカ系ブリティッシュ・エイジアンのエスニック・アイデンティティに関する調査研究
  • 西村(西野) 範子 ベトナムの国際社会参画時代における内政と対中国関係の変動
  • 朱 海燕 近現代中国西南部のキリスト教の普及について
  • 稲山 円 イランにおける女性の宗教実践に関する人類学的研究
  • ティツィアーナ カルピ コーパスに基づいたCALL(コンピュータ支援語学学習)の評価とSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サイト)の有効性
  • 古谷 伸子 タイにおける民間治療師実践の変容と医療システムの再編に関する研究

2013

  • 佐久間 寛 ニジェール西部農村地帯における地縁組織と当地倫理の連関をめぐる民族誌学的研究
  • 賽漢卓娜(サイハンジュナ) 女性の結婚移動(日中国際結婚,東アジアにおける国境を越えた女性移民)
  • 吉松 久美子 カレン族移動の民族誌
  • 大久保 由理 戦時期日本の南方移民研究
  • 吉村 貴之 第二次大戦後のアルメニア「祖国帰還」運動とナショナリズムの変容
  • 馬場 淳 ローカルな社会性・ジェンダーと国際人権レジームの相互作用に関する人類学的研究
  • 澤井 一彰 近世オスマン朝社会における物資流通とイスタンブル
  • LINKHOEVA, Tatiana 帝国期の社会主義:日本左翼とロシア革命(1905-25年)
  • 梅村 絢美 診療における言語発話の不在が患者の病いの経験に与える影響にかんする人類学的研究
  • 久保 明教 社会空間においてテクノロジーが果たす役割に関する人類学的研究
  • 阿部 優子 スワヒリ語話しことばコーパスを用いた方言研究(世代間方言および地域方言)
  • 長崎 郁 コリマ・ユカギール語およびセリクープ語のドキュメンテーションと記述研究
  • ERB, Jason William 時間意識と感性
  • 申 才恩 The Dynamics of Religious Organizations in Assam: Conflicts and Negotiations among the Śāktas, the Neo-Vaiṣṇavas and Tribal Groups
  • 池田 昭光 「移動」への視点――レバノン人に学ぶ
  • 宮本 隆史 近代インド社会における犯罪と刑罰の認識
  • 稲山 円 イランにおける女性の宗教実践に関する人類学的研究
  • 古谷 伸子 タイにおける民間治療師実践の変容と医療システムの再編に関する研究

2012

  • BONEA AMELIA 19世紀インドにおける新聞と通信ネットワーク:電報技術を中心に
  • 常田 道子 タイにおけるムスリム・コミュニティ 他
  • 伏木 香織 音と「もの」と人の連関性
  • 辛嶋 博善 モンゴル国遊牧社会の研究
  • ナラン 内モンゴルの砂漠化が進行している地域の生業活動の持続性に関する研究
  • 林 虹瑛 遠隔教育法,言語文化に関する歴史的資料の復元,公開,活用についての研究-ブヌン語の事例から
  • 櫻田 涼子 マレーシア華人社会における「伝統食」と「国民食」の創造
  • 柳 宗伸 文化運動としてのお伽噺に関する研究
  • 佐久間 寛 ニジェール西部農村地帯における地縁組織と当地倫理の連関をめぐる民族誌学的研究
  • 賽漢卓娜(サイハンジュナ) 中国における女性結婚移民の移動に関する研究
  • 吉松 久美子 カレン族の民族誌
  • 大久保 由理 戦時期日本の南方移民研究
  • 吉村 貴之 第二次大戦後のアルメニア「祖国帰還」運動とナショナリズムの変容
  • 馬場 淳 ローカルな社会性・ジェンダーと国際人権レジームの相互作用に関する人類学的研究
  • 澤井 一彰 近世オスマン朝社会における物資流通とイスタンブル
  • 申 才恩 The Dynamics of Religious Organizations in Assam: Conflicts and Negotiations among the Śāktas, the Neo-Vaiṣṇavas and Tribal Groups
  • LINKHOEVA, Tatiana 帝国期の社会主義:日本左翼とロシア革命(1905-25年)

2011

  • 尾崎 俊輔 フランス植民地における帰化の研究-アルジェリアを中心に
  • 渡部 良子 書記術文献の分析によるペルシャ語文書・財務行政技術の発達に関する研究
  • 常田 道子 タイにおけるムスリム・コミュニティ 他
  • 伏木 香織 音と「もの」と人の連関性
  • 妙木 忍 現代日本女性のライフコース選択に関する研究,身体の展示をめぐる理論的・実証的研究-博物館から観光まで-
  • 張 盛開 漢語平江方言の音韻及び文法の体系的研究
  • 今堀 恵美 社会主義後のウズベキスタンにおけるハラールとハラームの展開
  • 辛嶋 博善 モンゴル国遊牧社会の研究
  • ナラン 内モンゴルの砂漠化が進行している地域の生業活動の持続性に関する研究
  • 林 虹瑛 遠隔教育法,言語文化に関する歴史的資料の復元,公開,活用についての研究-ブヌン語の事例から
  • 櫻田 涼子 マレーシア華人社会における「伝統食」と「国民食」の創造
  • 齋藤 久美子 近世オスマン朝下におけるティマール制の研究
  • 溝口 大助 マリ共和国カディオロ県セヌフォ社会における宗教実践と社会性
  • 柳 宗伸 文化運動としてのお伽噺に関する研究
  • 佐久間 寛 ニジェール西部農村地帯における地縁組織と当地倫理の連関をめぐる民族誌学的研究
  • 賽漢卓娜(サイハンジュナ) 中国における女性結婚移民の移動に関する研究
  • 吉松 久美子 カレン族の民族誌
  • 梶丸 岳 民族誌記述による一般歌掛け論の人類学的構築
  • 森田 健嗣 戦後台湾における台湾先住民「国語」教育史研究-近代日本の排除と近代中国への転換-
  • 坂田 晴奈 フィンランド語の非定形動詞の研究
  • 大久保 由理 戦時期日本の南方移民研究
  • 吉村 貴之 第二次大戦後のアルメニア「祖国帰還」運動とナショナリズムの変容
  • 馬場 淳 ローカルな社会性・ジェンダーと国際人権レジームの相互作用に関する人類学的研究
  • 福島 康博 イスラム金融,マレーシアの社会経済

2010

  • 尾崎 俊輔 フランス移民史
  • 渡部 良子 近代イラン社会・文化史
  • 常田 道子 文化人類学
  • 伏木 香織 文化人類学,民族音楽学
  • 妙木 忍 社会学,ジェンダー研究,観光研究
  • 張 盛開 漢語方言
  • 今堀 恵美 社会人類学,民族誌学
  • 辛嶋 博善 文化人類学
  • ナラン 文化人類学,環境人類学,モンゴル・中国研究
  • 林 虹瑛 漢語方言音韻論
  • 櫻田 涼子 文化人類学,華僑華人研究,マレーシア研究
  • 齋藤 久美子 歴史学
  • 溝口 大助 文化人類学
  • 柳 宗伸 文化人類学,日本文化研究
  • 佐久間 寛 文化人類学,経済学,アフリカ地域研究
  • 山田 勅之 中国西南地域史
  • 海老原 志穂 チベット語方言学
  • Fernandez Rodriguez, Rebeca 言語学
  • Pytlowana, Anna Katarzyna 言語学
  • Ragi Cordeiro, Roberta Henriques 言語学

2009

  • 市川 哲 文化人類学,華人研究,トランスナショナリズム研究
  • 今堀 恵美 社会人類学,民族誌学
  • 林 虹瑛 漢語方言音韻論
  • 妙木 忍 社会学,観光研究
  • 石森 大知 文化人類学,太平洋地域研究
  • 辛嶋 博善 文化人類学
  • 藤野 陽平 宗教人類学,医療人類学
  • 溝口 大助 文化人類学
  • 齋藤 久美子 歴史学
  • 山田 勅之 中国西南地域史
  • 尾崎 俊輔 フランス移民史
  • 海老原 志穂 チベット語方言学
  • 渡部 良子 近代イラン社会・文化史
  • Fernandez Rodriguez, Rebeca 言語学
  • Pytlowana, Anna Katarzyna 言語学
  • Ragi Cordeiro, Roberta Henriques 言語学

2008

  • 辛嶋 博善 文化人類学
  • 藤野 陽平 宗教人類学,医療人類学


Copyright © 2010 Research Institute for Languages and Cultures of Asia and Africa. All Rights Reserved.