AA研トップ > スタッフ > 専任教員 > 後藤 絵美
文字の大きさ : [大きく] [標準] [小さく]

後藤 絵美

助教,博士(学術)

東京外国語大学
アジア・アフリカ言語文化研究所
〒183-8534 東京都府中市朝日町 3-11-1

Email: emi-gto[at]aa.tufs.ac.jp

個人ウェブサイト:

研究テーマ:現代イスラーム研究,ジェンダー


現代のイスラームの理解や実践を支える構造について研究をしています。

 とくに関心を持っているのが,イスラームの理解や実践の基盤といわれている聖典クルアーンの解釈です。ムスリムにとってクルアーンは「神の言葉」そのものですが,それを誰が,どのように解釈し,その結果何を実践するのかを,装い(ヴェール)や,ジェンダー(男女のあり方や役割),食文化(ハラール食品産業)などの事例をもとにみてきました。最近では第二の聖典といわれるハディースや,イスラーム法についての現代の人々の理解や実践にも関心を広げています。  
 宗教識字が広がり,情報メディアが増える中,自ら聖典を繙き,宗教文献を読み,自身の解釈を発信する人々が増えています。そうした比較的新しい状況の中で,イスラームの理解や実践にどのような変化がみられるのか,今後の動きを含めて興味は尽きません。

最近の取り組み

 日本の状況に関心を持ち始めています。日本の中でイスラームに関する知識が増え始めたのは19世紀末以降のこと。それから約150年が経ちますが,その間に,クルアーンの翻訳や,イスラームに関する概説書,研究書,エッセイなど,多くの文献が日本語で刊行されています。それらを資料として,日本の中でのイスラームの理解や実践について,その特徴や変化を明らかにしてみたいと考えています。


研究プロジェクト:


関連サイト:


専任教員ページに戻る


Copyright © 2010 Research Institute for Languages and Cultures of Asia and Africa. All Rights Reserved.