AA研トップ > スタッフ > 専任教員 > 荒川 慎太郎
文字の大きさ : [大きく] [標準] [小さく]

荒川 慎太郎

准教授,博士(文学)

東京外国語大学
アジア・アフリカ言語文化研究所
〒183-8534 東京都府中市朝日町3-11-1

Email: arakawa[at]aa.tufs.ac.jp

個人ウェブサイト: http://www.aa.tufs.ac.jp/~arakawa/

研究テーマ:西夏語学,西夏語文献学


昔中国西北にあった西夏(11-13世紀)という国の文字と言語を研究しています。

現在では使われていない西夏語と,それを記した西夏文字。特に西夏文字は,一見複雑な字形と,時にユニークな発想による造字法が多くの人を魅了します。また,言語としての西夏語は,動詞に付加される文法要素(接辞)など,チベット・ビルマ語派の歴史的な発展を知る上で重要な言語であることが知られています。

西夏文字の資料は現在,中国,ロシア,日本などに残ります。これら現地の博物館などで実際の文献を調査し,西夏語の発音を復元したり,西夏語で書かれた文献を読み進めていくのが私の仕事です。

私と西夏文字との出会いは高校の世界史教科書です。また当時,『敦煌』という西夏を舞台とした小説が映画化されました。映画に登場する西夏文字のヴィジュアルは今でも強く印象に残っています。自己アピールにはなりませんが,私は20年来手書きの西夏文字が上達せず困っています。


研究プロジェクト:


専任教員ページに戻る


Copyright © 2010 Research Institute for Languages and Cultures of Asia and Africa. All Rights Reserved.