AA研トップ > スタッフ > 専任教員 > 安達 真弓
文字の大きさ : [大きく] [標準] [小さく]

安達 真弓

助教,博士(文学)

東京外国語大学
アジア・アフリカ言語文化研究所
〒183-8534 東京都府中市朝日町 3-11-1

Email: adachi[at]aa.tufs.ac.jp

個人ウェブサイト:

研究テーマ:ベトナム語,語用論,社会言語学


記述言語学的手法と社会言語学的手法を用いて、ベトナム語について研究しています

 言語体系を最も経済性の高いかたちで記述しようとする言語学と、混沌とした言語事実の中に規則性を見出そうとする社会言語学、私はそのどちらにも興味を持って研究を行っています。これまで、ベトナム語のダイクシス表現(その解釈に言語外の文脈情報を必須とする表現)を中心的なテーマとして据え、特に、指示詞・文末詞・感動詞の研究に取り組んできました。  
 ベトナム語は、本国ベトナム以外に、アメリカやオーストラリアなど各国の移民コミュニティにおいても話されています。日本でも、ベトナム戦争後に難民として来日した人や、留学生や技能実習生として比較的最近来日した人などが、それぞれのグループごとに個別の特徴を持ったベトナム語を使用して生活しています。ダイクシス表現の使い分けを、所属コミュニティなど話者の社会的属性の違いを手がかりとして解明することができないか、これからも試行錯誤を続けていきたいと思います。

最近の取り組み

 上記のような研究活動と並行して、前職では研究広報誌の編集に、その前は研究プロジェクトのWebサイトの運営に携わっていました。研究の成果を一般社会に分かりやすく伝え、フィードバックを得ることの重要性は、研究者コミュニティの中でも最近強く意識されていることだと思います。これまでの経験を生かして、今後もアウトリーチ活動に積極的に関わっていきたいと考えています。


研究プロジェクト:


関連サイト:


専任教員ページに戻る


Copyright © 2010 Research Institute for Languages and Cultures of Asia and Africa. All Rights Reserved.