AA研トップ > 共同利用・共同研究 > 共同利用・共同研究課題 > アジア時空間データベースの構築
文字の大きさ : [大きく] [標準] [小さく]

AA研共同利用・共同研究課題

アジア時空間データベースの構築

アジア時空間データベースの構築

キーワード

  • データベース
  • 時空間
  • GIS
  • CKAN
  • HuTime
  • 地名検索システム

関連地域

  • アジア・アフリカ

ウェブサイト

Global Place Finder

asianmap

India Place Finder

プロジェクトの概要

期間:2020-2021年度

 本研究は、アジアに関する人文社会系の個別情報を、簡便に入力・蓄積・利用するための時空間データベースを構築して公共財として提供し、続いて、それが広汎に利用されるための具体的な手立てを構想・実施することを目的とする。本研究が構築するデータベースシステムの普及は、従来それが欠落していたことにより死蔵されてきた膨大な情報の活用を可能にする。今後のアジア研究の格段の発展を実現させる基盤の提供・普及を目指し、本共同研究を推進したい。

研究代表者 水島司(AA研フェロー/東京大学名誉教授)

メンバー

研究代表者

  • 水島司(AA研/東京大学名誉教授)

AA研所員

  • 小倉智史
  • 熊倉和歌子

共同研究員

  • 嘉藤慎作
  • 関野樹
  • 原正一郎
  • Hsiung-Ming LIAO

研究成果

研究会

2021年度第1回研究会(通算第2回目)
【公開】

  • 日時:2022年2月11日(金)11:00–12:30
  • 場所:オンライン会議室
  • 使用言語:英語
  • 参加費:無料
  • 事前申し込みが必要です。 参加を希望される方は、小倉智史:ogura[at]aa.tufs.ac.jp([at]を@に変えて送信してください)までお申し込みください。締め切りは2月9日(水)とさせていただきます。
  • 1. 廖泫銘(AA研共同研究員,中央研究院人文社会科学研究中心)
    “Constructing Innovative Spacio-Temporal System”
    2. 水島司(AA研フェロー)
    「時空間データベースの利用と今後の課題」
    3. 全員
    今後のデータ入力に向けての打ち合わせ

2020年度第1回研究会(通算第1回目)

  • 日時:2021年2月8日(月)14:00–17:00
  • 場所:オンライン会議室
  • 1. 廖泫銘(AA研共同研究員,中央研究院人文社会科学研究中心)
    「データベース構築の進捗状況について」
    2. 水島司(AA研フェロー)
    「時空間情報データの入力例」
    3. 全員
    今後のデータ入力に向けての打ち合わせ

共同利用・共同研究課題ページに戻る


Copyright © 2010 Research Institute for Languages and Cultures of Asia and Africa. All Rights Reserved.