AA研トップ > 共同利用・共同研究 > 共同利用・共同研究課題 > アジア・アフリカ地理言語学研究
文字の大きさ : [大きく] [標準] [小さく]

AA研共同利用・共同研究課題

アジア・アフリカ地理言語学研究

アジア・アフリカ地理言語学研究

キーワード

  • 言語地理学
  • 言語類型論
  • 地域言語学

関連地域

  • アジア・アフリカ全域

ウェブサイト

--

プロジェクトの概要

期間:2020-2022年度

アジア・アフリカ全域の全語族・言語について,1) ケースマーキング(主格と対格を主として),2) 子音体系,3) 小動物の語彙,4) 兄弟姉妹,5) 栽培植物の語彙,6) 数詞の体系,といった言語特徴を取り上げ,全域で2000地点ほどの密度で言語地図を描き,その形成過程について考察します。また遺伝学や考古学などの隣接分野との連携も積極的に行います。各年度2回ずつ研究集会を英語で行い,その成果も電子出版物として公開します。アジア・アフリカを一つのまとまった言語地域として高精細度において扱い,AA諸語族の研究者や隣接分野の密接なコラボを目指します。

研究代表者 遠藤光暁(青山学院大学教授)

メンバー

研究代表者

  • 遠藤光暁(青山学院大学)

AA研所員

  • 峰岸真琴
  • 品川大輔
  • 倉部慶太

共同研究員

  • 岩佐一枝
  • 岩崎崇雅
  • 小野智香子
  • 岸江信介
  • 木村公彦
  • 児玉望
  • 小森淳子
  • 清水政明
  • 鈴木博之
  • 鈴木史己
  • 仲尾周一郎
  • 中川裕
  • 長渡陽一
  • 深澤美香
  • 福嶋秩子
  • 松本亮
  • 吉岡乾

研究成果

研究会


共同利用・共同研究課題ページに戻る


Copyright © 2010 Research Institute for Languages and Cultures of Asia and Africa. All Rights Reserved.