AA研トップ > 共同利用・共同研究 > 共同利用・共同研究課題 > 現代アラブ君主制における正統性原理の変容...
文字の大きさ : [大きく] [標準] [小さく]

AA研共同利用・共同研究課題

現代アラブ君主制における正統性原理の変容と再興―イスラーム主義との相克

sample

キーワード

  • 君主制
  • イスラーム主義
  • 統治の正統性

関連地域

  • 中東
  • 北アフリカ

ウェブサイト

--

プロジェクトについて

期間:2019-2021年度

「アラブの春」の帰結として、アラブ君主制諸国の政治変動に対する柔靭性が注目される。本研究は、各国の君主や政府の主張する統治の正統性原理を国民はどのように受容しているのかという問題設定に立ち、広範な社会活動を基盤に政治的台頭を果たしたイスラーム主義諸集団に対する君主や政府のイデオロギー的対抗や現実の政治過程における競合と協力の関係に焦点をあて分析を行うことによって、アラブ君主制諸国が内蔵する体制維持のメカニズムを解明する。

研究代表者 石黒大岳(日本貿易振興機構 アジア経済研究所)

プロジェクト・メンバー

研究代表者

  • 石黒大岳(日本貿易振興機構 アジア経済研究所)

AA研所員

  • 飯塚正人

共同研究員

  • 白谷望
  • 堀拔功二
  • 錦田愛子
  • 村上拓哉
  • Khashan, Hilal
  • Maghraoui, Driss
  • Zerhouni, Salouai

研究成果

研究会


共同利用・共同研究課題ページに戻る


Copyright © 2010 Research Institute for Languages and Cultures of Asia and Africa. All Rights Reserved.