AA研トップ > 共同利用・共同研究 > 共同利用・共同研究課題 > 東南アジア大陸部地域語彙の類型論的研究
文字の大きさ : [大きく] [標準] [小さく]

AA研共同利用・共同研究課題

東南アジア大陸部地域語彙の類型論的研究

東南アジア大陸部地域語彙の類型論的研究

キーワード

  • 地域語彙
  • 語彙類型論
  • 地域言語学
  • 言語接触
  • 民俗分類

関連地域

  • 東南アジア大陸部

ウェブサイト

--

プロジェクトについて

期間:2019-2021年度

本課題では、系統を越えた様々な東南アジア大陸部少数言語の研究者の協働による研究体制のもと、同地域に特徴的に見られる地域語彙の類型論的特徴を探る。本研究では、同地域に見られる語彙細分化、色彩語彙や親族語彙などの語彙体系、動植物などの民俗分類、精巧表現、サイコ・コロケーションなどの語彙的側面についての新しい記述と分析を進める。これまで研究の遅れてきたこの地域の語彙研究を進めることで、語彙類型論、地域言語学、言語接触、民俗分類、基礎語彙調査票編纂など様々な分野への貢献を目指す。

研究代表者 倉部慶太(AA研助教)

プロジェクト・メンバー

研究代表者

  • 倉部慶太(AA研)

AA研所員

  • 澤田英夫

共同研究員

  • 伊藤雄馬
  • 大塚行誠
  • 加藤高志
  • 加藤昌彦
  • 白井聡子
  • 新谷忠彦
  • 冨岡裕
  • 富田愛佳
  • 林範彦
  • 山田敦士

研究成果

研究会

2019年度第1回研究会(通算第1回目)

  • 日時:2019年6月15日(土)13:00–18:00
  • 場所:AA研マルチメディアセミナー室 (306)
  • 使用言語:日本語
  • 主催:基幹研究「多言語・多文化共生に向けた循環型の言語研究体制の構築(LingDy3)」
  • 倉部慶太(AA研所員)
    「東南アジア大陸部地域語彙の類型論的研究に向けて」
    新谷忠彦(AA研共同研究員,AA研フェロー)
    「タイ文化圏諸言語の声調について」
    全員
    全体討論:今後のスケジュールと成果発信について

共同利用・共同研究課題ページに戻る


Copyright © 2010 Research Institute for Languages and Cultures of Asia and Africa. All Rights Reserved.