AA研トップ > 共同利用・共同研究 > 共同利用・共同研究課題 > 『プレザンス・アフリケーヌ』研究(2)テ...
文字の大きさ : [大きく] [標準] [小さく]

AA研共同利用・共同研究課題

『プレザンス・アフリケーヌ』研究(2)テキスト・思想・運動

『プレザンス・アフリケーヌ』研究(2) テキスト・思想・運動

キーワード

  • ネグリチュード
  • 脱植民地化
  • 冷戦
  • 文化研究

関連地域

  • アフリカ
  • アメリカス
  • ヨーロッパ
  • 大西洋

ウェブサイト

--

プロジェクトについて

期間:2018-2020年度

本研究では1947年に公刊された黒人文化総合誌『プレザンス・アフリケーヌ(以下、PA)』を扱う。同誌の再読を通じて、20世紀半ばに世界の黒人知識人が生みだした思想・運動を再評価し、これを手掛かりとして、冷戦崩壊後の現代における政治と文化の新たな関係の構想を目指す。第二期では、複数言語からなる関連テキストの組織的読解、ネグリチュード等の思想群の多角的精察、世界的な黒人運動との史的連関の解明を進める。

研究代表者 中村隆之(早稲田大学准教授)

プロジェクト・メンバー

研究代表者

  • 中村隆之(早稲田大学)

AA研所員

  • 佐久間寛

共同研究員

  • 青木敬
  • 小川了
  • 久野量一
  • 崎山政毅
  • 佐藤幸男
  • 関谷雄一
  • 立花英裕
  • 中尾世治
  • 福島亮
  • 福田邦夫
  • 星埜守之
  • 松本尚之
  • 村田はるせ
  • 林裕哲

研究成果

研究会

2018年度第1回研究会(通算第1回目) 報告書(和文)(215KB)

  • 日時:2018年6月24日(日)10:30–18:30
  • 場所:本郷サテライト5階セミナールーム
  • 使用言語:日本語
  • 共催:AA研共同利用・共同研究課題「『プレザンス・アフリケーヌ』研究(2)テキスト・思想・運動」,科研費挑戦的研究(萌芽) 「人類学的手法を取り入れた黒人文化総合誌『プレザンス・アフリケーヌ』の複合的研究」
  • 中村隆之(AA研共同研究員,早稲田大学)
    趣旨説明
    佐久間寛(AA研所員)
    今後の研究会の方針・スケジュールについて
    全員
    「所信表明」
    立花英裕(AA研共同研究員,早稲田大学)
    「『プレザンス・アフリケーヌ』と文化の概念」
    全員
    総合討論

共同利用・共同研究課題ページに戻る


Copyright © 2010 Research Institute for Languages and Cultures of Asia and Africa. All Rights Reserved.