AA研トップ > 共同利用・共同研究 > 共同利用・共同研究課題 > アイヌ語現地調査資料のアーカイブズ構築に...
文字の大きさ : [大きく] [標準] [小さく]

AA研共同利用・共同研究課題

アイヌ語現地調査資料のアーカイブズ構築にかんする学際的研究

アイヌ語現地調査資料のアーカイブズ構築にかんする学際的研究

キーワード

  • 研究者アーカイブズ
  • 危機言語
  • アイヌ語

関連地域

  • 日本
  • 北海道
  • サハリン

ウェブサイト

--

プロジェクトについて

期間:2018-2020年度

これまでの研究者の残した資料をアーカイブズ化することは,いわゆる危機言語の研究において,言語研究そのもののためだけでなく言語共同体による自言語の維持活動のためにも,ますます重要な使命となっています。なすべき作業は幅広く,さまざまな媒体を保存・複製することから,資料の記述を進めること,資料相互の関係を再構築すること,整理した資料を公刊すること,現地との関係を維持することなどを含みます。本プロジェクトは,アイヌ語に具体的な焦点をあてながら,こうした「研究者アーカイブズ」にかんする問題の所在を明らかにし,できるだけの解決策をみいだすことを目的としています。

研究代表者 奥田統己(札幌学院大学教授)

プロジェクト・メンバー

研究代表者

  • 奥田統己(札幌学院大学)

AA研所員

  • 山越康裕

共同研究員

  • 阿部佳恵
  • 菊池英明
  • 児島恭子
  • 小林美紀
  • 志賀雪湖
  • 高橋靖以
  • 直川礼緒
  • 中川裕
  • 深澤美香
  • 吉川佳見

研究成果

研究会

2018年度第1回研究会(通算第1回目)

  • 日時:2018年6月10日(日)9:30–15:30
  • 場所:札幌学院大学(江別市文京台11)
  • 主催:基幹研究「多言語・多文化共生に向けた循環型の言語研究体制の構築(LingDy3)」
  • 奥田統己(AA研共同研究員,札幌学院大学)
    本プロジェクトのねらいと背景
    阿部佳恵(AA研共同研究員,北方言語・文化研究所)
    「AA研所蔵アイヌ語映像資料の来歴と系統」
    吉川佳見(AA研共同研究員,千葉大学大学院)
    「AA研所蔵のアイヌ語フィールドノートの整理に向けて:沙流方言会話例文資料について(仮題)」
    深澤美香(AA研共同研究員,国立アイヌ民族博物館設立準備室)
    「AA研所蔵のアイヌ語フィールドノートの整理に向けて:美幌方言調査を中心に」
    小林美紀(AA研共同研究員,国立アイヌ民族博物館設立準備室)
    未定
    奥田統己(AA研共同研究員,札幌学院大学)
    今後の予定についてほか

共同利用・共同研究課題ページに戻る


Copyright © 2010 Research Institute for Languages and Cultures of Asia and Africa. All Rights Reserved.