AA研トップ > 共同利用・共同研究 > 共同利用・共同研究課題 > 簡牘学から日本東洋学の復活の道を探る――中...
文字の大きさ : [大きく] [標準] [小さく]

AA研共同利用・共同研究課題

簡牘学から日本東洋学の復活の道を探る――中国古代簡牘の横断領域的研究(3)

sample

キーワード

  • 簡牘
  • 文書
  • 簿籍
  • 里耶秦簡 西北簡牘
  • 輪読
  • 東洋学

関連地域

  • 東アジア

ウェブサイト

http://www.aa.tufs.ac.jp/users/Ejina/

プロジェクトについて

期間:2017-2019年度

日本東洋学の衰退が叫ばれて久しいが,本研究は,輪読形式の研究会が緻密な史料考証を特徴とする日本の東洋学を基礎づけたという認識に立つ。中国古代簡牘という,様々な意味で正確な解読が困難な秦漢時代の基礎史料について,異分野の専門家が共同講読を行う予定であるが,大学院生や若手研究者にできるだけ広く参加を呼び掛けて,研究室単位の研究会に代わるネットワーク型の史料輪読会を構築し,簡牘学から東洋学の復活を図る道を探る。なお,講読は,里耶秦簡や肩水金関漢簡等,秦漢時代の文書・簿籍簡牘を主要な対象とする。

研究代表者 陶安あんど(AA研准教授)

プロジェクト・メンバー

研究代表者

  • 陶安あんど(AA研)

共同研究員

  • 青木俊介
  • 飯田祥子
  • 石原遼平
  • 片野竜太郎
  • 鈴木直美
  • 角谷常子
  • 髙村武幸
  • 村上陽子
  • 目黒杏子
  • 籾山明
  • 鷲尾祐子
  • 渡邉英幸

研究成果

研究会

2017年度第6回研究会(通算第6回目)

  • 日時:2017年10月20日(金)14:00–18:00
  • 場所:AA研セミナー室(301)および京都大学学術情報メディアセンター北館4階遠隔会議室
  • 鈴木直美(AA研共同研究員,明治大学)
    里耶秦簡博物館蔵秦簡講読02(前半)
    鈴木直美(AA研共同研究員,明治大学)
    里耶秦簡博物館蔵秦簡講読02(後半)

2017年度第5回研究会(通算第5回目)

  • 日時:2017年10月6日(金)14:00–18:00,2017年10月7日(土)10:00–18:00
  • 場所:AA研セミナー室(301)および京都大学学術情報メディアセンター北館4階遠隔会議室
  • 共催:共同利用・共同研究課題「簡牘学から日本東洋学の復活の道を探る――中国古代簡牘の横断領域的研究(3)」,科研費基盤研究B「最新史料に見る秦・漢法制の変革と帝制中国の成立」(研究代表者:陶安あんど(AA研所員),#16H03487)
  • 10月6日
  • 石原遼平(AA研共同研究員,東京大学大学院生)
    里耶秦簡博物館蔵秦簡講読01(前半)
    石原遼平(AA研共同研究員,東京大学大学院生)
    里耶秦簡博物館蔵秦簡講読01(後半)
  • 10月7日
  • 陳剣(復旦大学出土文献与古文字研究中心)
    研究報告:「里耶秦簡釈読の諸問題」(前半)
    陳剣(復旦大学出土文献与古文字研究中心)
    研究報告:「里耶秦簡釈読の諸問題」(後半)
    鷲尾祐子(AA研共同研究員,立命館大学)
    研究報告:「長沙呉簡吏民簿の作成過程と性格について─吏民簿史料化のために」

2017年度第4回研究会(通算第4回目)

  • 2017年度史料講読研修プレミーティング
  • 日時:2017年7月14日(金)14:00–18:00,2017年7月15日(土)10:00–18:00,2017年7月16日(日)10:00–16:00
  • 場所:AA研セミナー室(301)
  • 共催:共同利用・共同研究課題「簡牘学から日本東洋学の復活の道を探る――中国古代簡牘の横断領域的研究(3)」,科研費基盤研究B「最新史料に見る秦・漢法制の変革と帝制中国の成立」(研究代表者:陶安あんど(AA研所員),#16H03487)
  • 7月14日
  • 陶安あんど(AA研所員)
    里耶秦簡研修講読史料検討会(前半)
    陶安あんど(AA研所員)
    里耶秦簡研修講読史料検討会(後半)
  • 7月15日
  • 張忠煒(中国人民大学)
    「司法文書的虛與實——以秦漢時代為中心的討論」
    鈴木直美(AA研共同研究員,明治大学)
    葬送簡牘研修講読史料検討会
    角谷常子(AA研共同研究員,奈良大学)
    西北漢簡研修講読史料検討会(前半)
  • 7月16日
  • 全員
    事務協議
    籾山明(AA研共同研究員,東洋文庫)
    西北漢簡研修講読史料検討会(後半)
    目黒杏子(AA研共同研究員,京都大学)
    社会生活史関連簡牘史料検討会

2017年度第3回研究会(通算第3回目)

  • 日時:2017年6月23日(金)14:00–18:00,2017年6月24日(土)10:00–18:00
  • 場所:AA研セミナー室(301)および京都大学学術情報メディアセンター北館4階遠隔会議室
  • 6月23日
  • 籾山明(AA研共同研究員,東洋文庫)
    「下」類文書基本書式②訳注読み合わせ(前半)
    籾山明(AA研共同研究員,東洋文庫)
    「下」類文書基本書式②訳注読み合わせ(後半)
  • 6月24日
  • 陶安あんど(AA研所員)
    里耶秦簡綴合簡牘の検討
    鷲尾祐子(AA研共同研究員,立命館大学)
    「却」類文書訳注読合せ(前半)
    鷲尾祐子(AA研共同研究員,立命館大学)
    「却」類文書訳注読合せ(後半)

2017年度第2回研究会(通算第2回目)

  • 日時:2017年6月9日(金)14:00–18:00
  • 場所:AA研セミナー室(301)および京都大学学術情報メディアセンター北館4階遠隔会議室
  • 角谷常子(AA研共同研究員,奈良大学)
    「告」類倉文書訳注読み合わせ(前半)
    角谷常子(AA研共同研究員,奈良大学)
    「告」類倉文書訳注読み合わせ(後半)

2017年度第1回研究会(通算第1回目)

  • 日時:2017年4月21日(金)14:00–18:00,2017年4月22日(土)10:00–18:00
  • 場所:AA研セミナー室(301)および京都大学(21日:農学部総合館W402講義室,22日:工学部総合校舎213講義室)
  • 4月21日
  • 鈴木直美(AA研共同研究員,明治大学)
    「告」類少内文書訳注読み合わせ(前半)
    鈴木直美(AA研共同研究員,明治大学)
    「告」類少内文書訳注読み合わせ(後半)
  • 4月22日
  • 陶安あんど(AA研所員)
    里耶秦簡綴合簡牘の検討
    青木俊介(AA研共同研究員,学習院大学)
    「謂」類文書基本書式1訳注読合せ(前半)
    青木俊介(AA研共同研究員,学習院大学)
    「謂」類文書基本書式1訳注読合せ(後半)

共同利用・共同研究課題ページに戻る


Copyright © 2010 Research Institute for Languages and Cultures of Asia and Africa. All Rights Reserved.