AA研トップ > 共同利用・共同研究 > 共同利用・共同研究課題 > 東南アジアのイスラームと文化多様性に関す...
文字の大きさ : [大きく] [標準] [小さく]

AA研共同利用・共同研究課題

東南アジアのイスラームと文化多様性に関する学際的研究(第三期)―紛争と共存のダイナミクス

sample

キーワード

  • イスラーム
  • 東南アジア
  • 紛争
  • 平和共存
  • 地域研究

関連地域

  • 東南アジア

ウェブサイト

--

プロジェクトについて

期間:2017-2019年度

本研究は「東南アジアのイスラームと文化多様性に関する学際的研究(第二期)」の後継プロジェクトとして,東南アジアのイスラーム圏における紛争と平和的共存の動態について各地のフィールドでの臨地研究を踏まえて比較検討していくことを目的としている。この目的のため本研究では,東南アジアのイスラーム圏における宗教的,民族的分極化に伴う一方での紛争や緊張と,他方ではそうした多文化状況下における平和的共存という両極の現象に注目して国や地域・時代ごとの細かな状況にも目を配りながら比較検討していく。

研究代表者 富沢寿勇(静岡県立大学教授)

プロジェクト・メンバー

研究代表者

  • 富沢寿勇(静岡県立大学)

AA研所員

  • 床呂郁哉
  • 飯塚正人
  • 黒木英充
  • 外川昌彦
  • 西井凉子
  • 錦田愛子
  • 吉田ゆか子

共同研究員

  • 新井和広
  • 今泉慎也
  • 岡本正明
  • 小河久志
  • 奥島美夏
  • 金子奈央
  • 川端隆史
  • 黒田景子
  • 菅原由美
  • 鈴木伸隆
  • 辰巳頼子
  • 坪井祐司
  • 福島康博
  • 見市建
  • 森正美
  • Shamsul Amri BAHARUDDIN
  • Ahmad Najib BURHANI
  • Azizah Binti KASSIM
  • Omar Farouk SHEIKH AHMAD

研究成果

研究会

2017年度第3回研究会(通算第3回目)

  • 日時:2017年12月17日(日)13:30–18:30
  • 場所:AA研マルチメディア会議室(304)
  • 共催:AA研(KKLO枠共同研究課題)
  • 河野毅(東洋英和女学院)
    「イスラム過激派と穏健派の政治的駆け引きについて:インドネシアの事例をもとに考える」
    黒田景子(AA研共同研究員,鹿児島大学)
    「「仏教国」タイと「イスラーム」マレーシアを分断する歴史意識 : コタ・ムンクアンの主は誰か?」
    オマール・ファロウク(AA研共同研究員,広島市立大学)
    「現代タイとマレーシアにおけるイスラームと宗教的多元性」

2017年度第2回研究会(通算第2回目) 報告書(和文)(94KB)

  • 東南アジアにおけるイスラームと文化多様性に関する国際ワークショップ
  • 日時:2017年9月24日(日)14:30–20:00
  • 場所:Hotel Meridien Kota Kinabalu (Jalan Tun Fuad Stephens, Kota Kinabalu, Malaysia)
  • 使用言語:英語
  • 共催:基幹研究「アジア・アフリカにおけるハザードに対する『在来知』の可能性の探究-人類学におけるミクロ-マクロ系の連関2」,AA研コタキナバル・リエゾンオフィス
  • 14:30–14:40 Ikuya TOKORO (ILCAA)
    Opening Remarks
    14:40–15:20 Ryoko NISHII (ILCAA)
    “Converts and death: Muslim-Buddhist relations in a southern Thai village”
    15:20–16:00 Ahmad Najib Burhani (ILCAA Joint Researcher, Indonesian Institute of Science)
    “Force and Discourse: Justifying and Performing Violence towards Ahmadiyah in Indonesia”
    16:10–16:50 Shamsul A. B. (ILCAA Joint Researcher, Universiti Kebangsaan Malaysia)
    “‘Islamisation of Malaysia’ or ‘Modernisation of Islam in Malaysia’: Conflict and Coexistence, an exploratory reflection based on the case of Al-Arqam“
    16:50–17:55 All members
    Discussion
    17:55–18:00 Hisao TOMIZAWA (ILCAA Joint Researcher, University of Shizuoka)
    Closing Remarks
    18:00–20:00
    Reception Meeting

2017年度第1回研究会(通算第1回目)

  • 日時:2017年7月15日(土)13:00–17:30
  • 場所:AA研マルチメディアセミナー室(306)
  • 主催:基幹研究「アジア・アフリカにおけるハザードに対する『在来知』の可能性の探究-人類学におけるミクロ-マクロ系の連関2」
  • 床呂郁哉(AA研所員)
    「プロジェクト趣旨説明」
    床呂郁哉(AA研所員)
    「『シリア化』するフィリピン南部?―ドゥテルテ政権下のミンダナオ紛争に関する試論(仮題)」
    錦田愛子(AA研所員)
    「中東における紛争の諸相―パレスチナと周辺地域の事例を中心に(仮題)」

共同利用・共同研究課題ページに戻る


Copyright © 2010 Research Institute for Languages and Cultures of Asia and Africa. All Rights Reserved.