AA研トップ > 共同利用・共同研究 > 共同利用・共同研究課題 > エチオピア・ジンマ王国伝来イスラーム祈祷...
文字の大きさ : [大きく] [標準] [小さく]

AA研共同利用・共同研究課題

エチオピア・ジンマ王国伝来イスラーム祈祷集研究

sample

キーワード

  • 歴史
  • 宗教
  • イスラーム
  • 祈祷書
  • 手稿

関連地域

  • サハラ以南アフリカ
  • エチオピア

ウェブサイト

--

プロジェクトについて

期間:2017-2018年度

アフリカ北東部のエチオピアはキリスト教信仰で有名であるが,同国ではイスラームも重要である。エチオピア南西部で最も早くイスラームを受容したのはジンマ王国であった。AA研では,1880年代後半に同王国を訪れたフランス人ボレリがヨーロッパに持ち帰ったイスラーム祈祷集を入手した。本課題の第1の目的は,本史料の内容を解明することである。そしてその結果と,エチオピア南西部におけるイスラームに関する情報を組み合わせて検討することにより,本史料の史料的価値を明らかにすることを第2の目的とする。

研究代表者 石川博樹(AA研准教授)

プロジェクト・メンバー

研究代表者

  • 石川博樹(AA研)

AA研所員

  • 苅谷康太

共同研究員

  • 新谷崇
  • 石原美奈子
  • 馬場多聞
  • 吉田早悠里
  • 若狭基道

研究成果

研究会

2017年度第1回研究会(通算第1回目)

  • 日時:2017年10月1日(日)14:00–19:00
  • 場所:AA研小会議室(302)
  • 石川博樹(AA研所員)
    代表による趣旨説明
    石原美奈子(AA研共同研究員,南山大学)
    「エチオピアにおけるイスラームの歴史:ジンマ王国を中心に」
    全員
    成果出版および企画展示に関する討議

共同利用・共同研究課題ページに戻る


Copyright © 2010 Research Institute for Languages and Cultures of Asia and Africa. All Rights Reserved.