AA研トップ > 共同利用・共同研究 > 共同利用・共同研究課題 > 近世南アジアの文化と社会:文学・宗教テク...
文字の大きさ : [大きく] [標準] [小さく]

AA研共同利用・共同研究課題

近世南アジアの文化と社会:文学・宗教テクストの通言語的比較分析

sample

キーワード

  • 近世性
  • 文学
  • 宗教
  • 異文化接触

関連地域

  • 南アジア

ウェブサイト

--

プロジェクトについて

期間:2016-2018年度

本課題は,イギリス植民地支配期に直接的に先行する1500年頃から1800年頃(「近世期」)の南アジアの歴史を,文化的側面に焦点をあてて再考することを目的とする。南アジア各地において異なる言語で作成された文学作品や宗教文献などを,比較とつながりの視点をふまえて分析し,この時代を特徴付ける文化・思想的傾向の把握につとめるとともに,政治的領域を跨ぎ,宗教・言語・地域の違いを超えて広がっていたであろう当時の文化的なつながりのあり方について考察を深める。

研究代表者 太田信宏(AA研准教授)

プロジェクト・メンバー

研究代表者

  • 太田信宏(AA研)

AA研所員

  • 高島淳
  • 小倉智史
  • 近藤信彰

共同研究員

  • 石田友梨
  • 井田克征
  • 小川道大
  • 置田清和
  • 小磯千尋
  • 榊和良
  • 長崎広子
  • 二宮文子
  • 橋本泰元
  • 真下裕之
  • 水野善文
  • 三田昌彦
  • 和田郁子

研究成果

研究会

2017年度第1回研究会(通算第2回目)

  • 日時:2017年10月14日(土)14:00–19:00
  • 場所:東京外国語大学本郷サテライト8階会議室
  • 使用言語:日本語
  • 井田克征(AA研共同研究員,金沢大学)
    「中世マラーティー語文学におけるイスラームの表象について」
    小倉智史(AA研所員)
    「カシミール・リシ伝記群とその宗派性」
    石田友梨(AA研共同研究員,大阪経済法科大学)
    「シャー・ワリーウッラー『Tafhīmāt Ilāhīya』に描かれるイブン・アラビーの思想」

2016年度第1回研究会(通算第1回目) 報告書(和文)(198KB)

  • 日時:2016年12月11日(日)14:00–19:00
  • 場所:東京外国語大学本郷サテライト8階会議室
  • 使用言語:日本語,英語
  • 太田信宏(AA研所員)
    「近世南アジア文化/文学の境界をぼかす:マイソール王国宮廷文学/文化からの視点」
    置田清和(AA研共同研究員,京都大学)
    “Vaiṣṇava Perceptions of Muslim Authority in Early Modern South Asia: Based on Bengali Hagiographies of Caitanya”
    全員
    討論と打ち合わせ(出席者全員)

共同利用・共同研究課題ページに戻る


Copyright © 2010 Research Institute for Languages and Cultures of Asia and Africa. All Rights Reserved.