AA研トップ > 共同利用・共同研究 > 共同利用・共同研究課題 > イスラームに基づく経済活動・行為(第二期)
文字の大きさ : [大きく] [標準] [小さく]

AA研共同利用・共同研究課題

イスラームに基づく経済活動・行為(第二期)

イスラームに基づく経済活動・行為(第二期)

キーワード

  • イスラーム
  • シャリーア・コンプライアンス
  • ハラール
  • ファッション
  • ツーリズム
  • 経済
  • 金融
  • ビジネス

関連地域

  • 中東
  • 北アフリカ
  • 南アジア
  • 東南アジア
  • 中央アジア

ウェブサイト

http://islamandeconomy.web.fc2.com/aaken/index.html

プロジェクトについて

期間:2016-2018年度

本研究課題は,イスラーム金融やハラール産業,ツーリズムなど近年注目を集めているイスラームに基づく産業とその商品・サービス,およびこれらに対するムスリムの生産や消費に着目し,人類学,地域研究,経営学,観光学など複数のディシプリン,および東・東南・南アジア,中東,北アフリカなど複数の地域を対象とする研究者による共同研究を通じて,これらの現象の現代的な意味を明らかにすることを目的とする。

研究代表者 福島康博(AA研フェロー)

プロジェクト・メンバー

研究代表者

  • 福島康博(AA研)

AA研所員

  • 床呂郁哉
  • 黒木英充

共同研究員

  • 赤堀雅幸
  • 今堀恵美
  • 大川真由子
  • 上山一
  • 川端隆史
  • 小牧幸代
  • 砂井紫里
  • 佐竹弘靖
  • 塩谷もも
  • 藤原達也
  • 舛谷鋭
  • 安田慎

研究成果

研究会

2016年度第2回研究会(通算第2回目) 報告書(和文)(124KB)

  • 日時:2017年3月19日(日)13:00–18:00
  • 場所:AA研マルチメディア会議室(304)
  • 使用言語:英語
  • 13:00–13:10 福島康博(AA研共同研究員,AA研フェロー)
    開会挨拶,趣旨説明
    13:10–14:20 藤原達也(AA研共同研究員,麗澤大学大学院生)
    「日本におけるハラール産業の課題ー日本の中小企業の輸出発展に対する潜在的障壁の検討」
    14:20–15:20
    質疑応答
    15:40–16:50 二ツ山達朗(京都大学)
    「イスラーム消費財のゆくえ-チュニジアにおけるクルアーングッズの事例から-」
    16:50–17:50
    質疑応答
    17:50–18:00 福島康博(AA研共同研究員,AA研フェロー)
    閉会挨拶

2016年度第1回研究会(通算第1回目) 報告書(和文)(68KB)

  • 日時:2016年10月1日(土)13:00–18:00
  • 場所:AA研マルチメディアセミナー室(306)
  • 使用言語:英語
  • 13:00–14:00(非公開)
  • 全員
    共同研究員自己紹介,打ち合わせ
  • 14:00–18:00(公開)
  • 福島康博(AA研共同研究員,AA研フェロー)
    開会挨拶,趣旨説明
    アフマド・プアド・マット・ソン(スルタン・ザイナル・アビディン大学(マレーシア))
    「イスラーム・ツーリズムへの需要とシャリーア適格ホテルの発展」
    全員
    質疑応答
    福島康博(AA研共同研究員,AA研フェロー)
    閉会挨拶

共同利用・共同研究課題ページに戻る


Copyright © 2010 Research Institute for Languages and Cultures of Asia and Africa. All Rights Reserved.