AA研トップ > 共同利用・共同研究 > 共同利用・共同研究課題 > 南西カラハリ・コエ語派の語彙の民族言語学...
文字の大きさ : [大きく] [標準] [小さく]

AA研共同利用・共同研究課題

南西カラハリ・コエ語派の語彙の民族言語学的ドキュメンテーション

南西カラハリ・コエ語派の語彙の民族言語学的ドキュメンテーション

キーワード

  • 意味領域
  • 意味類型論
  • 色彩語彙
  • 親族語彙
  • 民俗分類

関連地域

  • ボツワナ共和国

ウェブサイト

--

プロジェクトについて

期間:2016-2018年度

本研究は,カラハリ狩猟採集民の言語群の特殊文化語彙を対象に,言語学者2人と人類学者4人の恊働によって,これまで蓄積してきた一次資料を統合し分析することで,言語民族誌としての語彙ドキュメンテーションを行う。その過程で,同言語群の語彙がもつ語彙意味類型論(lexical semantic typology)的な特色について考察し言語類型論への貢献をめざす。また,本研究は,言語ドキュメンテーションを現地社会に還元する手法についての応用人類学的な考察も含む。

研究代表者 中川裕(東京外国語大学教授)

プロジェクト・メンバー

研究代表者

  • 中川裕(東京外国語大学)

AA研所員

  • 中山俊秀

共同研究員

  • 大野仁美
  • 菅原和孝
  • 高田明
  • 田中二郎
  • 丸山淳子
  • Christfried NAUMANN

研究成果

研究会

2018年度第1回研究会(通算第3回目)

  • 日時:2018年5月27日(日)12:45–14:00
  • 場所:北大マルシェCafe & Labo:北海道札幌市北区北9条西5丁目北海道大学百年記念会館1階
  • 研究進捗状況報告,審議事項
  • 高田明(AA研共同研究員,京都大学)
    「地域研究画像デジタルライブラリ」の利用・ボツワナへの研究成果報告書提出
    中川裕(AA研共同研究員,東京外国語大学)
    ボツワナへの研究成果報告書提出
    中川裕(AA研共同研究員,東京外国語大学)
    新規ボツワナ調査許可申請手続の進捗
    全員
    科研申請・採択状況の把握
    全員
    『ブッシュマン動物事典』編纂の今年度計画

2017年度第1回研究会(通算第2回目) 報告書(和文)(70KB)

  • 日時:2017年11月10日(金)9:30–20:00
  • 場所:津田塾大学千駄ヶ谷校舎SA120(東京都渋谷区千駄ヶ谷1-18-24)
  • 主催:基幹研究「多言語・多文化共生に向けた循環型の言語研究体制の構築(LingDy3)」
  • 全員
    グイ語文法・語彙勉強会
    全員
    言語民族誌的グイ・ガナ動物事典編纂ワークショップ(途中で適宜休憩をとります)

2016年度第1回研究会(通算第1回目)

  • 日時:2016年5月21日(土)12:30-18:30
  • 場所:本郷サテライト8階
  • 中川裕(AA研共同研究員,東京外国語大学)
    プロジェクト趣旨説明
  • 報告:南西カラハリ・コエ諸語の語彙の類型論的特徴
  • 中川裕(AA研共同研究員,東京外国語大学)
    「基礎色彩語彙」
    中川裕(AA研共同研究員,東京外国語大学)・田中二郎(AA研共同研究員,京都大学)・菅原和孝(AA研共同研究員,京都大学)
    「動物分類」
    大野仁美(AA研共同研究員,麗澤大学)
    「親族語彙」
  • 報告:南西カラハリ・コエ社会の理解
  • 杉山由里子(京都大学大学院生)
    「ブッシュマンにおける葬儀に関する初期報告」
    関口慶太郎(京都大学大学院生)
    「定住地カガエ調査報告」
  • 全員
    討論:南西カラハリ・コエ諸語における動植物範疇
    全員
    調査打ち合わせ

関連イベント

第2回臨時研究集会 報告書(和文)(48KB)

  • 日時:2017年7月15日(土)17:30–19:30
  • 場所:東京外国語大学413研究室
  • 全員
    グイ・ガナ狩猟用具の保存と目録作成について
    全員
    スマートフォンと実用的正書法

第1回臨時研究集会 報告書(和文)(75KB)

  • 日時:2017年5月20日(土)12:00–14:00
  • 場所:信州大学教育学部M館2階第1会議室:長野市西長野6-ロ
  • 中川裕(東京外国語大学)
    アナウンス1:田中二郎ブッシュマン写真展(東京)と会期中『トークイベント』について
    中川裕(東京外国語大学)・高田明(京都大学)・大野仁美(麗澤大学)
    アナウンス2:7月刊行『フィールド・プラス』巻頭特集:カラハリ隊の研究課題の記事について
  • 報告:
  • 全員
    今年度の現地調査スケジュール打ち合わせ
    中川裕(東京外国語大学)
    辞書編集の進展
    中川裕(東京外国語大学)
    『グイ・ガナ動物事典』の進展
    丸山淳子(津田塾大学)
    調査用車両について
    高田明(京都大学)
    京都大学ASAFASでの研究者招聘:T. Widlock氏について
    藤田翔(京都大学ASAFAS大学院生),三宅栄里花(京都大学ASAFAS大学院生)
    「研究協力者自己紹介」

共同利用・共同研究課題ページに戻る


Copyright © 2010 Research Institute for Languages and Cultures of Asia and Africa. All Rights Reserved.