AA研トップ > 共同利用・共同研究 > 共同利用・共同研究課題 > 公刊資料に基づく中国・河西回廊地域モンゴ...
文字の大きさ : [大きく] [標準] [小さく]

AA研共同利用・共同研究課題

公刊資料に基づく中国・河西回廊地域モンゴル諸語の研究

公刊資料に基づく中国・河西回廊地域モンゴル諸語の研究

キーワード

  • モンゴル諸語
  • データベース

関連地域

  • 中国

ウェブサイト

--

プロジェクトについて

期間:2015-2016年度

本研究課題では,1980年代から1990年代にかけ,中国・内蒙古大学からモンゴル諸語の調査研究プロジェクトの成果物である『蒙古語族語言方言研究叢書』として公刊された言語資料のうち,中国・河西回廊地域に分布する保安語・土族語・東郷語・東部裕固語と,東北部・西北部に分布するダグール語の資料(文法記述・語彙集・テキストデータ)を基に,まず五言語の文法分析・語彙データ・テキスト資料中の用例が相互にリンクした形式での電子データベースを構築する。また,データベース化された資料を用いて,他のモンゴル諸語(ハルハ方言,ブリヤート語,蒙古文語)および漢語,チベット語を始めとする周辺言語の専門家を交え,言語資料の再分析と文法記述の再検討を行う。そしてこれらの作業を通じ,対象言語の文法構造を,周辺言語との言語接触による変容(語彙の借用と,音韻・形態・統語への変化)も踏まえ体系的かつに明らかにすることを目指す。

研究代表者 児倉徳和(AA研)

プロジェクト・メンバー

研究代表者

  • 児倉徳和(AA研)

AA研所員

  • 呉人徳司
  • 山越康裕

共同研究員

  • 梅谷博之
  • 海老原志穂
  • 風間伸次郎
  • 川澄哲也
  • 栗林均
  • 佐藤暢治
  • 松岡雄太
  • 山田洋平
  • 照日格图(ジョリクト)
  • 郝日楽(ホリロ)

研究成果

研究会

2016年度第3回研究会(通算第6回目)

  • 日時:2017年3月6日(月)13:00–18:00
  • 場所:AA研マルチメディア会議室(304)
  • 主催:基幹研究「多言語・多文化共生に向けた循環型の言語研究体制の構築(LingDy3)」
  • 児倉徳和(AA研所員)
    「叢書データベースについて」
    全員
    共同研究員によるコメント・ディスカッション
    全員
    成果公開のための相談

2016年度第2回研究会(通算第5回目)

  • 日時:2016年11月12日(土)13:00–17:30,2016年11月13日(日)10:00–13:00
  • 場所:AA研マルチメディア会議室(304)
  • 使用言語:英語
  • 主催:基幹研究「多言語・多文化共生に向けた循環型の言語研究体制の構築(LingDy3)」
  • 11月12日
  • Erika SANDMAN(ヘルシンキ大学)
    “Grammar of knowledge in Wutun”
    Julie LEFORT (Mahatma Gandhi Institute, Mauritius)
    “An overview of Structural Borrowing and Calquing in the Dongxiang language”
  • 11月13日
  • 呉人徳司(AA研所員)
    “Notes on phonological and morphological characteristics in Eastern Yugur”

2016年度第1回研究会(通算第4回目)

  • 日時:2016年8月6日(土)13:00–18:30
  • 場所:AA研マルチメディア会議室(304)
  • 主催:基幹研究「多言語・多文化共生に向けた循環型の言語研究体制の構築(LingDy3)」
  • 風間伸次郎(AA研共同研究員,東京外国語大学)
    「基礎語彙からみる河西回廊の諸言語」
    佐藤暢治(AA研共同研究員,広島大学)
    「保安語の記述をめぐる諸問題―積石山方言を中心に」
    全員
    データベースの構築に関する議論

2015年度第3回研究会(通算第3回目) 報告書(和文)(127KB)

  • 日時:2016年3月11日(金)13:00-18:30
  • 場所:AA研マルチメディア会議室(304)
  • 山越康裕(AA研所員)
    「モンゴル語族における名詞の格体系と数標示」
    梅谷博之(AA研共同研究員,AA研特任研究員)
    「河西回廊地域モンゴル諸語の人称代詞」
    児倉徳和(AA研所員)
    「『蒙古語族語言方言研究叢書』データベース化の進捗報告」
    全員
    今データベースの構築に関する議論

2015年度第2回研究会(通算第2回目) 報告書(和文)(109KB)

  • 日時:2015年10月4日(日)10:30-18:30
  • 場所:AA研セミナー室(301)
  • 児倉徳和(AA研所員)
    「『蒙古語族語言方言研究叢書』データベース化の進捗について」
    ホリロ(AA研共同研究員,東京外国語大学)
    「『蒙古語族語言方言研究叢書』の音韻の記述について」
    全員
    今後のプロジェクト活動に関する相談・討論

2015年度第1回研究会(通算第1回目) 報告書(和文)(88KB)

  • 日時:2015年5月24日(日)10:00-15:30
  • 場所:AA研マルチメディア会議室(304)
  • 児倉徳和(AA研所員)
    「趣旨説明」
    栗林均(AA研共同研究員,東北大学)
    「『蒙古語族語言方言研究叢書』内資料の電子データベース化について」
    山田洋平(AA研共同研究員,東京外国語大学)
    「『蒙古語族語言方言研究叢書』の証拠性の分析」
    海老原志穂(AA研共同研究員,AA研研究機関研究員)
    「アムド・チベット語のエヴィデンシャリティとウチ/ソト」

共同利用・共同研究課題ページに戻る


Copyright © 2010 Research Institute for Languages and Cultures of Asia and Africa. All Rights Reserved.