AA研トップ > 共同利用・共同研究 > 共同利用・共同研究課題 > 新出多言語資料からみた敦煌の社会
文字の大きさ : [大きく] [標準] [小さく]

AA研共同利用・共同研究課題

新出多言語資料からみた敦煌の社会

新出多言語資料からみた敦煌の社会

キーワード

  • 敦煌文書
  • 漢語
  • チベット語
  • 西夏語
  • 古ウイグル語
  • モンゴル語
  • 言語横断的分析
  • 仏教
  • 石窟寺院
  • 石窟銘文
  • 壁画

関連地域

  • 中国
  • 敦煌
  • 甘粛
  • トゥルファン(吐魯番)
  • 新疆
  • モンゴル
  • チベット
  • インド
  • 中央アジア

ウェブサイト

--

プロジェクトについて

期間:2014-2016年度

世界有数の仏教聖地である敦煌は,中国本土の西端に位置するとともに,北アジア・中央アジア諸地域の交流の焦点であった。そのことは,敦煌地域発現の多言語(漢語・チベット語・西夏語・古代ウイグル語・モンゴル語など)の文献資料からも示される。近年の中国における敦煌研究の急激な発展に伴い,漢文資料の分析は大いに進められたが,非漢語資料をも併せ分析して敦煌社会の多文化性に着目する視点はむしろ後退している。
本研究課題では,各種の諸言語に通じた若手研究者が共同して,世界各国に所蔵される敦煌発現の未公開写本資料あるいは敦煌石窟現地に遺存する銘文資料を語横断的・通時代的・包括的に比較検討し,敦煌社会における言語・文化交流の実像を解明することを目的とする。

研究代表者 松井太(大阪大学)

プロジェクト・メンバー

研究代表者

  • 松井太(大阪大学)

AA研所員

  • 荒川慎太郎

共同研究員

  • 赤木崇敏
  • 岩尾一史
  • 岩本篤志
  • 橘堂晃一
  • 坂尻彰宏
  • 佐藤貴保
  • 白玉冬
  • 山本明志

研究成果

研究会

2016年度第2回研究会(通算第8回目) 報告書(和文)(74KB)

  • 日時:2016年11月6日(日)10:00–17:30
  • 場所:AA研マルチメディア会議室(304)
  • 松井太(AA研共同研究員,大阪大学)
    「安西楡林窟のシリア文字テュルク語題記銘文」
    岩本篤志(AA研共同研究員,立正大学)
    「敦煌石窟出行図の基礎的研究-莫高窟曹氏・楡林窟慕容氏出行図を中心に」
    全員
    成果刊行物編集会議
    全員
    今後の研究会と調査に関する打ち合わせ

2016年度第1回研究会(通算第7回目) 報告書(和文)(100KB)

  • 日時:2016年6月4日(土)14:00-17:30,2016年6月5日(日)10:00-16:00
  • 場所:大阪大学・豊中キャンパス・文学部本館2階・史学科共同研究室
  • 6月4日
  • 松井太(AA研共同研究員,大阪大学)・荒川慎太郎(AA研所員)
    「プロジェクト全体の進捗について」
    松井太(AA研共同研究員,大阪大学)
    「ウイグル語銘文からみた仏教巡礼の諸相」
    山本明志(AA研共同研究員,大阪国際大学)
    「漢文銘文から見た元代敦煌の巡礼者」
    佐藤貴保(AA研共同研究員,盛岡大学)
    「莫高窟・楡林窟における西夏時代の漢文題記,供養人像について」
  • 6月5日
  • 橘堂晃一(AA研共同研究員,龍谷大学)
    「2015年度敦煌地域ブラーフミー文字銘文調査報告」
    全員
    成果刊行物編集会議
    全員
    今後の研究会と調査に関する打ち合わせ

2015年度第3回研究会(通算第6回目) 報告書(和文)(107KB)

  • 日時:2016年3月21日(月)14:00-17:30,2016年3月22日(火)10:00-16:00
  • 場所:大阪大学・豊中キャンパス・文学部本館2階・大会議室
  • 3月21日
  • 松井太(AA研共同研究員,大阪大学)・荒川慎太郎(AA研所員)
    「プロジェクト全体の進捗について」
    赤木崇敏(AA研共同研究員,四国学院大学)
    「10世紀楡林窟の供養人像の調査報告」
    坂尻彰宏(AA研共同研究員,大阪大学)
    「漢文銘文と供養人像からみた楡林窟と地域社会 ―10世紀前後の場合」
    岩本篤志(AA研共同研究員,立正大学)
    「国内所蔵中国西域出土文献の研究―国会図書館蔵本を中心に」
  • 3月22日
  • 荒川慎太郎(AA研所員)
    「2015年12月敦煌西夏文題記調査報告」
    全員
    成果刊行物編集会議
    全員
    今後の研究会と調査に関する打ち合わせ

2015年度第2回研究会(通算第5回目) 報告書(和文)(98KB)

  • 日時:2015年7月11日(土)14:00-17:30,2015年7月12日(日)10:00-16:00
  • 場所:AA研セミナー室(301)
  • 7月11日
  • 松井太(AA研共同研究員,大阪大学)・荒川慎太郎(AA研所員)
    「プロジェクト全体の進捗について」
    松井太(AA研共同研究員,大阪大学),白玉冬(AA研共同研究員,大阪大学),橘堂晃一(AA研共同研究員,龍谷大学),メフメト・オルメズ(AA研外国人研究員,ユルドゥズ工科大学)
    「河西地域ウイグル・モンゴル題記総合討議」
  • 7月12日
  • 岩尾一史(AA研共同研究員,神戸市外国語大学)
    「古代チベット帝国崩壊後の青海諸勢力」
    全員
    成果刊行物編集会議
    全員
    今後の研究会と調査に関する打ち合わせ

2015年度第1回研究会(通算第4回目) 報告書(和文)(105KB)

  • 日時:2015年5月2日(土)13:30-18:00,2015年5月3日(日)10:00-16:00
  • 場所:AA研マルチメディア会議室(304)
  • 5月2日
  • 松井太(AA研共同研究員,大阪大学)・荒川慎太郎(AA研所員)
    「プロジェクト全体の進捗について」
    松井太(AA研共同研究員,大阪大学)
    「敦煌諸石窟のウイグル語・モンゴル語題記銘文」
    白玉冬(AA研共同研究員,大阪大学)
    「フフホト白塔のウイグル文字題記解読初案」
    橘堂晃一(AA研共同研究員,龍谷大学)
    「敦煌石窟のブラーフミー銘文」
    コメンテーター:メフメト・オルメズ(AA研外国人研究員,ユルドゥズ工科大学),荻原裕敏(京都大学),慶昭蓉(龍谷大学)
  • 5月3日
  • 荒川慎太郎(AA研所員)
    「2014年12月敦煌西夏文題記調査報告」
    コメンテーター: メフメト・オルメズ(AA研外国人研究員,ユルドゥズ工科大学),荻原裕敏(京都大学),慶昭蓉(龍谷大学)
    全員
    成果刊行物編集会議
    全員
    今後の研究会と調査に関する打ち合わせ

2014年度第3回研究会(通算第3回目)

  • 国際ワークショップ「ロシア東洋文献研究所と中央アジアの文献学」 : プログラム(英語)
  • 日時:2015年3月24日(火)13:30-17:30,2015年3月25日(水)9:30-12:30
  • 場所:AA研マルチメディア会議室(304)
  • 使用言語:英語
  • 主催:AA研(国際研究集会),共同利用・共同研究課題「新出多言語資料からみた敦煌の社会」
  • 3月24日
  • 松井太(AA研共同研究員,弘前大学)
    Keynote Speech
    荒川慎太郎(AA研所員)
    “Linguistic Studies Based on the Tangut Materials in Russia”
    キリル・ソローニン(中国人民大学/サンクトペテルブルク大学)
    “Studies on the Tangut Buddhist Documents from Tibetan”
    キリル・ボグダノフ(東洋文献研究所)
    “Some Unidentified Tangut texts, from IOM, RAS Tangut Collection: Experience of understanding and interpretation”
    佐藤貴保(AA研共同研究員,盛岡大学)
    “Studies of the Xixia Society Based on the Tangut Materials in Russia”
    全員
    討論
  • 3月25日
  • 大西啓司(龍谷大学大学院生)
    “Tanguts and its ancestor -based on “The Sea of Meanings, Established by the Saints””
    イリーナ・ポポーヴァ(東洋文献研究所)
    “Current work on the Central Asian Collections of the Institute of Oriental manuscripts RAS”
    全員
    総合討論

2014年度第2回研究会(通算第2回目) 報告書(和文)(103KB)

  • 日時:2014年10月26日(日)10:00-17:00
  • 場所:AA研マルチメディア会議室(304)
  • 松井太(AA研共同研究員,弘前大学),荒川慎太郎(AA研所員)
    「プロジェクト全体の進捗について」
    松井太(AA研共同研究員,弘前大学)
    「ウイグル語暦占文書の調査報告」
    荒川慎太郎(AA研所員)
    「International Conference on Inscription Studies参加報告」
    赤木崇敏(AA研共同研究員,大阪大学)
    「2014年度河西回廊調査報告─二州八鎮の地理・景観─」
    坂尻彰宏(AA研共同研究員,大阪大学)
    「供養人像からみた帰義軍史 (1)莫高窟第196窟甬道南壁第1身の人物比定」
    岩尾一史(AA研共同研究員,神戸市外国語大学)
    「古代チベット碑文調査報告(2014年夏)」
    全員
    今後の研究会の進め方と日程の調整

2014年度第1回研究会(通算第1回目) 報告書(和文)(106KB)

  • 日時:2014年4月12日(土)13:30-18:00,2014年4月13日(日)10:00-17:00
  • 場所:AA研マルチメディア会議室(304)
  • 4月12日
  • 松井太(AA研共同研究員,弘前大学),荒川慎太郎(AA研所員)
    「プロジェクト全体の目標について」
    坂尻彰宏(AA研共同研究員,大阪大学)
    「2010-2013年敦煌冬期調査について:(附)ギメ東洋美術館図書室所蔵ペリオ探検隊関係写真資料簡報」
    荒川慎太郎(AA研所員)
    「西夏文題記に見られる言語特徴」
    松井太(AA研共同研究員,弘前大学)
    「敦煌諸石窟のウイグル語・モンゴル語題記銘文」
  • 4月13日
  • 佐藤貴保(AA研共同研究員,盛岡大学)
    「2013年敦煌調査について:西夏関係」
    赤木崇敏(AA研共同研究員,大阪大学)
    「曹氏帰義軍時代の敦煌石窟と供養人像」
    岩本篤志(AA研共同研究員,立正大学)
    「敦煌医薬術数文献研究の現在」
    岩尾一史(AA研共同研究員,神戸市外国語大学)
    「ギメ美術館所蔵ペリオ探検隊写真予備調査」
    山本明志(AA研共同研究員,大阪国際大学)
    「モンゴル期の敦煌とチベットをめぐる研究状況」
    橘堂晃一(AA研共同研究員,龍谷大学)
    「敦煌出土のウイグル語仏典をめぐる研究状況」
    白玉冬(AA研共同研究員,大阪大学)
    「沙州ウイグルについての研究紹介」
    全員
    今後の研究会の進め方と日程の調整

共同利用・共同研究課題ページに戻る


Copyright © 2010 Research Institute for Languages and Cultures of Asia and Africa. All Rights Reserved.