AA研トップ > 共同利用・共同研究 > 共同利用・共同研究課題 > 「シングル」と家族 ―縁(えにし)の人類学...
文字の大きさ : [大きく] [標準] [小さく]

AA研共同利用・共同研究課題

「シングル」と家族 ―縁(えにし)の人類学的研究

シングル」と家族

キーワード

  • 「シングル」
  • 社会-文化人類学
  • 家族
  • 家族像
  • 国家
  • つながり

関連地域

  • 広域

ウェブサイト

http://single-ken2.aacore.jp/

プロジェクトについて

期間:2010-2012年度

本研究は「シングル」とされる人間の存在とその生き方について,それと相反し強化しあうかのような存在である,当該社会における家族親族,またくわえて個々人に少なからず影響を及ぼす国家の存在との関係性を念頭に,縁(えにし)という言葉を手がかりに社会-文化人類学(以下,人類学と記す)の立場から追究するものである。

現代社会における個人の生き方は多様化してきている。出稼ぎ,単身赴任,留学,宗教的理由,また被災,少子高齢化といった要因で頻繁に人は移動し分散し,こうした社会的環境の変化によってライフスタイルや人と人との関係性も大きく変化している。いったん崩壊したかにみえた近代家族だが,それをモデルにした擬似的な「家族的」なものを求め,近年,人々がつながりだしている事象がみられる。以上のような現代の事象をもとに,本研究はアジア・アフリカを中心に家族,社会の実態と,それらによって創出されたとも考えられる「シングル」の生きる戦術を明らかにする。さらにこうした作業により,固定されがちなシングルに対する現代的な社会理念,シングルの存在の対として位置づけられがちな理想像として生産される家族(像)について,人類学の立場から検討する。

研究代表者 椎野若菜(AA研)

プロジェクト・メンバー

研究代表者

  • 椎野若菜(AA研)

AA研所員

  • 西井凉子(副代表)

共同研究員

  • 上杉妙子
  • 植村清加
  • 宇田川妙子
  • 岡田浩樹
  • 國弘暁子
  • 小池郁子
  • 小林未央子
  • 小馬徹
  • 新ヶ江章友
  • 高橋絵里香
  • 田所聖志
  • 田中雅一
  • 棚橋訓
  • 谷口陽子
  • 辻上奈美江
  • 花渕馨也
  • 馬場淳
  • 妙木忍
  • 村上薫
  • 八木祐子
  • 横田祥子

研究成果

研究会

2012年度第5回研究会(通算第12回目)

  • 日時:2013年3月31日(日)13:00-19:00
  • 場所:本郷サテライト7階
  • 全員
    成果出版のための論文合評会

2012年度第4回研究会(通算第11回目)

  • 日時:2013年2月2日(土)13:00-19:00
  • 場所:本郷サテライト7階
  • 棚橋訓(AA研共同研究員,お茶の水女子大学)
    「独身女性が紡ぐ糸―ポリネシアン・ディアスポラの開拓者像をめぐって」
    国弘暁子(AA研共同研究員,群馬県立女子大学)
    「個人主義と「世俗外個人」概念を再考する」

2012年度第3回研究会(通算第10回目)

  • 日時:2012年12月21日(金)17:00-19:30,2012年12月22日(土)13:00-19:00
  • 場所:本郷サテライト8階(21日),4階(22日)
  • 12月21日
  • 深海菊絵(一橋大学大学院)
    「ひとりで,みんなで,『間』を生きる:南カリフォルニアにおけるポリアモリーの事例から」
  • 12月22日
  • 阪井裕一郎(慶應義塾大学)
    「独身批判と家族主義―戦前期における結婚読本の分析を中心に」(仮題)
    高橋絵里香(AA研共同研究員,国立民族学博物館)
    「職業としての家族―フィンランドの親族介護支援制度導入にみる地域福祉の再編過程」

2012年度第2回研究会(通算第9回目)

  • 日時:2012年7月21日(土)14:30-19:30
  • 場所:本郷サテライト3階
  • 深海菊絵(一橋大学)
    「ひとりで,みんなで,『間』を生きる:南カリフォルニアにおけるポリアモリーの事例から」
    田中雅一(AA研共同研究員,京都大学)
    「女性のシングル・ライフを否定する暴力について考える―性暴力から名誉殺人まで」
    コメンテイター:成定洋子(東京学芸大学)

2012年度第1回研究会(通算第8回目)

  • 日時:2012年6月9日(土)13:30-19:00
  • 場所:本郷サテライト5階
  • 椎野若菜(AA研所員)
    「「シングル」から世界をみる視座:人類学からの発信にむけて」(仮題)
    谷口陽子(AA研共同研究員,専修大学)
    「現代日本における『つながり』と『孤であること』の意味の再考」
    横田祥子(AA研共同研究員,日本学術振興会)
    「台湾の国際結婚:代替可能な『縁』から家族へ」(仮題)

2011年度第4回研究会(通算第7回目) : 報告書(和文)(155KB)

  • 日時:2012年3月30日(金)13:30-19:00
  • 場所:本郷サテライト7階
  • 上杉妙子(AA研共同研究員,専修大学)
    「独身兵士と既婚兵士―国家政策から見た兵士の婚姻地位の両義性―」
    妙木忍(AA研共同研究員,東京外国語大学)
    「梅棹忠夫の女性論・再考」

2011年度第3回研究会(通算第6回目) : 報告書(和文)(127KB)

  • 日時:2011年11月12日(土)13:30-18:30
  • 場所:本郷サテライト5階
  • 馬場淳(AA研共同研究員,東京外国語大学)
    「ウソと縁:あるホームレス的存在者の虚実」
    花渕馨也(AA研共同研究員,北海道医療大学)
    「移民と故郷のつながり-マルセイユにおけるあるコモロ人女性の別れと再会-」

2011年度第2回研究会(通算第5回目) : 報告書(和文)(155KB)

  • 日時:2011年7月23日(土)13:30-19:00
  • 場所:本郷サテライト5階
  • 小池郁子(AA研共同研究員,京都大学)
    「オリシャ崇拝による縁の形成―アフリカ系アメリカ人の社会宗教運動と「シングル」」
    新ヶ江章友(AA研共同研究員,名古屋市立大)
    「男性同性間の性関係からパートナーシップへ―クィア家族を再考する―」

2011年度第1回研究会(通算第4回目) : 報告書(和文)(148KB)

  • 日時:2011年6月19日(日)14:00-19:30
  • 場所:本郷サテライト7階
  • 國弘暁子(AA研共同研究員,群馬県立女子大学)
    「現世放棄者たちのキンシップ:インド,グジャラート州におけるヒジュラの事例から」
    植村清加(AA研共同研究員,東京国際大学)
    「有縁/無縁社会論の再考に向けて:「シングル」都市パリを生きる人々の構えから」

2010年度第3回研究会(通算第3回目) : 報告書(和文)(144KB)

  • 日時:2010年11月27日(土)14:00-19:00
  • 場所:本郷サテライト8階
  • 辻上奈美江(AA研共同研究員,高知女子大学)
    「サウジアラビアにおける一夫多妻と女性の「シングル化」」
    村上薫(AA研共同研究員,日本貿易振興機構)
    「トルコの「シングル」女性たち」

2010年度第2回研究会(通算第2回目) : 報告書(和文)(144KB)

  • 日時:2010年11月7日(日)13:30-18:00
  • 場所:AA研小会議室(302号室)
  • 椎野若菜(AA研所員)
    「「シングル」概念の整理―「シングル」研究を継続するにあたっての前座」
    『「シングル」で生きる』合評会

2010年度第1回研究会(通算第1回目) : 報告書(和文)(107KB)

  • 日時:2010年7月11日(日)13:00-18:00
  • 場所:AA研小会議室(302号室)
  • 本研究会プロジェクトの趣旨,これまでの背景
    各共同研究員による研究紹介と本研究プロジェクトでの研究予定
    今後の予定

共同利用・共同研究課題ページに戻る


Copyright © 2010 Research Institute for Languages and Cultures of Asia and Africa. All Rights Reserved.