AA研トップ > 共同利用・共同研究 > 共同利用・共同研究課題 > 「失敗」のフィールド言語学 (jrp000285)
文字の大きさ : [大きく] [標準] [小さく]

AA研共同利用・共同研究課題

「失敗」のフィールド言語学 (jrp000285)

jrp285

キーワード

  • 記述言語学
  • フィールド言語学
  • 言語ドキュメンテーション
  • 調査手法
  • 倫理

関連地域

  • 地域を特定しない

ウェブサイト

--

プロジェクトの概要

期間:2023-2025年度

未記述の言語を記述するためにフィールドワークに従事する言語研究者が,自身のフィールドワークにおける失敗事例を記録・蓄積・共有する。こうした失敗事例は研究成果では言及されない/言及しないものだと分野内では認識されてきた。そのため問題が表出化しにくく,失敗が個々人の経験の中にとどまってしまう傾向にある。そこで本研究課題で失敗事例を共有し,改めて原因・対処法などを議論することで,今後,同様の失敗を未然に防げるようにする。

研究代表者 山越康裕

メンバー

研究代表者

  • 山越康裕

AA研所員

  • 渡辺己
  • 澤田英夫
  • 塩原朝子
  • 中山俊秀

共同研究員

  • 青井隼人
  • 稲垣和也
  • 占部由子
  • 蝦名大助
  • 加藤昌彦
  • 木本幸憲
  • 呉人惠
  • 黒木邦彦
  • 下地理則
  • 千田俊太郎
  • 米田信子

研究成果



研究会

2023年度第1回研究会(通算第1回目) 報告書(和文)

  • 2023年10月15日(日)10:00–16:00
  • 場所:303,オンライン会議室
  • 使用言語:日本語
  • 10:00–10:30
    趣旨説明・メンバー紹介
    10:40–11:40 山越康裕(AA研所員)
    「導入:諸々の失敗、そして後悔」
    12:40–13:40 塩原朝子(AA研所員)
    「インドネシアの言語調査での様々な失敗」
    14:00–15:00 黒木邦彦(AA研共同研究員, 神戸松蔭女子学院大学)
    「俺みたいになるな!!: デイタ管理を閒違へちゃった先生」
    15:10–16:00
    総合討論・次回以降の調整



共同利用・共同研究課題ページに戻る


Copyright © 2010 Research Institute for Languages and Cultures of Asia and Africa. All Rights Reserved.