AA研トップ > 共同利用・共同研究 > 共同利用・共同研究課題 > ジャワ語及び東南アジア諸語テキストにみる...
文字の大きさ : [大きく] [標準] [小さく]

AA研共同利用・共同研究課題

ジャワ語及び東南アジア諸語テキストにみる宗教変容―イスラーム化過程における国家の戦略と役割

sample

キーワード

  • 宗教
  • イスラーム化
  • 国家
  • 写本
  • ジャワ語
  • マレー語
  • チャム語

関連地域

  • 東南アジア
  • 南アジア

ウェブサイト

ジャワ語コンコーダンス近日公開予定

プロジェクトについて

期間:2019-2021年度

ジャワにおけるイスラーム化は15~16世紀に交易によって繁栄した北海岸の新興諸国がイスラーム化したことから始まった。そして、次第に、仏教・ヒンドゥー教王国の歴史が長いジャワ内陸でも新マタラムが北海岸を勢力下に入れ、イスラーム化していった。しかし、イスラーム化は、自身をスルタンとした第3代国王スルタン・アグン(在位1613~45)によって政治的意図の下に始められたものであり、その後、この新マタラムのイスラーム化は急速に進んだわけではなく、国家とイスラームとの関係は常に緊張をはらんだものであった。本研究の課題は、新しい宗教としてのイスラームを国家がどのように受容し、利用していったかを、16~19世紀のジャワ語テキストを分析することにより解明することである。また、その際、南アジア、マレー世界、チャンパなどの、同様に宗教変容を経験した地域との比較をおこない、東南アジアのイスラームの多様性を、国家によるイスラーム化の起源の比較から明らかにする。

  • 研究代表者 菅原由美(大阪大学准教授)
  • プロジェクト・メンバー

    研究代表者

    • 菅原由美(大阪大学)

    AA研所員

    • 近藤信彰
    • 塩原朝子

    共同研究員

    • 青山亨
    • 新井和広
    • 黒田景子
    • 塩崎(久志本)裕子
    • 新江利彦
    • 冨田暁
    • 東長靖
    • 二宮文子
    • 深見純生
    • 宮崎恒二
    • 山﨑美保
    • 山根聡
    • 吉本康子
    • Oman FATHURAHMAN
    • Willem van der MOLEN

    研究成果

    研究会

    2019年度第1回研究会(通算第1回目)

    • 日時:2019年6月29日(土) 13:00–18:00
    • 場所:AA研マルチメディア会議室(304)
    • 使用言語:日本語
    • 菅原由美(AA研共同研究員,大阪大学)
      共同研究課題趣旨説明
      全員
      自己紹介および研究対象文献紹介
      全員
      研究計画に関する意見交換

    共同利用・共同研究課題ページに戻る


    Copyright © 2010 Research Institute for Languages and Cultures of Asia and Africa. All Rights Reserved.