AA研トップ > 共同利用・共同研究 > 共同利用・共同研究課題 > アフリカ農業・農村社会史の再構築(2)―在来...
文字の大きさ : [大きく] [標準] [小さく]

AA研共同利用・共同研究課題

アフリカ農業・農村社会史の再構築(2)―在来農業革命の視点から

アフリカ農業・農村社会史の再構築(2)―在来農業革命の視点から

キーワード

  • サハラ以南アフリカ
  • 東南アジア
  • 在来農業
  • 緑の革命
  • 歴史学
  • 人類学
  • 農業経済学
  • 比較農村社会論

関連地域

  • サハラ以南アフリカ
  • 東南アジア

ウェブサイト

--

プロジェクトについて

期間:2019-2021年度

本研究は,サハラ以南のアフリカにおける近現代の農業史ならびに農村社会史を「農業革命」(作物や農法の大きな変化とそれに連動した社会変化)という視点から再検討しようとするものである。アフリカ農民が内発的に実践してきた「在来農業革命」(P. Richards)の諸特徴を明らかにするとともに,近年の農業近代化すなわち「緑の革命」がアフリカ農村の現場でどのような矛盾を生み出しているのかをアフリカ以外の地域と比較しながら検討し,それを踏まえて今後のアフリカ農業開発のあるべき方向性を探る。

研究代表者 鶴田格(近畿大学教授)

プロジェクト・メンバー

研究代表者

  • 鶴田格(近畿大学)

AA研所員

  • 深澤秀夫
  • 石川博樹

共同研究員

  • 足達太郎
  • 安渓貴子
  • 池上甲一
  • 石山俊
  • 大山修一
  • 小松かおり
  • 坂梨健太
  • 佐藤千鶴子
  • 佐藤靖明
  • 末原達郎
  • 杉村和彦
  • 杉山祐子
  • 田中利和
  • 藤岡悠一郎
  • 藤本武
  • 松田正彦
  • 村尾るみこ

研究成果

研究会

2019年度第1回研究会(通算第1回目)

  • 日時:2019年7月13日(土)14:00–18:30,2019年7月14日(日)9:30–13:00
  • 場所:本郷サテライト 7階セミナールーム
  • 使用言語:日本語
  • 7月13日
  • 杉山祐子(AA研共同研究員,弘前大学)
    「社会的プロセスとしてのイノベーション:ベンバにおける事例」
    鶴田 格(AA研共同研究員,近畿大学)
    「アフリカ在来農業革命/イノベーションを考えるための理論的枠組み:杉山イノベーション論を手がかりに」
  • 7月14日
  • 全員
    アフリカ在来農業革命/イノベーションに関する討論
    全員
    出版構想に関する議論

共同利用・共同研究課題ページに戻る


Copyright © 2010 Research Institute for Languages and Cultures of Asia and Africa. All Rights Reserved.