AA研トップ > 共同利用・共同研究 > 共同利用・共同研究課題 > 社会性の起原:ホミニゼーションをめぐって
文字の大きさ : [大きく] [標準] [小さく]

AA研共同利用・共同研究課題

社会性の起原:ホミニゼーションをめぐって

社会性の起原:ホミニゼーションをめぐって

キーワード

  • 社会性
  • 人類進化
  • ヒト化
  • 人類学
  • 霊長類学

関連地域

  • 東南アジア
  • アフリカ
  • オセアニア
  • 北極圏
  • 日本

ウェブサイト

--

プロジェクトについて

期間:2018-2020年度

ヒトは認知能力と社会性を高度に進化させた生物種である。系統的に近縁のサルや類人猿との比較研究が急速に進み,認知能力については進化心理学や比較認知科学等の主として実験室における研究が大きな成果をあげている。本共同研究課題ではヒトの社会性の起原に人類学,霊長類学などフィールドデータに基づく経験科学の立場から接近し,認知能力に関する知見とも併せて,ホミニゼーション(ヒト化)という人類進化史上,画期的な出来事の総合的理解を目指す。

研究代表者 河合香吏(AA研教授)

プロジェクト・メンバー

研究代表者

  • 河合香吏(AA研)

AA研所員

  • 床呂郁哉
  • 西井凉子

共同研究員

  • 足立薫
  • 伊藤詞子
  • 内堀基光
  • 大村敬一
  • 春日直樹
  • 北村光二
  • 杉山祐子
  • デイビッド・スプレイグ
  • 曽我亨
  • 竹ノ下祐二
  • 田中雅一
  • 蔦谷匠
  • 寺嶋秀明
  • 中川尚史
  • 中村美知夫
  • 西江仁徳
  • 花村俊吉
  • 藤井真一
  • 船曳建夫
  • 山越言

研究成果

研究会

2018年度第1回研究会(通算第1回目)

  • 日時:2018年6月23日(土)13:00–19:30,2018年6月24日(日)9:30–16:30
  • 場所:AA研マルチメディアセミナー室(306)
  • 6月23日
  • 河合香吏(AA研所員)
    趣旨説明
    全員
    少し長めの自己紹介
    三学問分野における「社会性の起原」をめぐる研究動向
    足立薫(AA研共同研究員,京都産業大学)
    霊長類学
    北村光二(AA研共同研究員,岡山大学)
    生態人類学
    内堀基光(AA研共同研究員,一橋大学/放送大学)
    社会文化人類学
  • 6月24日,ゲストスピーカーによるレクチャー
  • 五十嵐由里子(日本大学)
    「出産・育児から見る人類進化」
    小田亮(名古屋工業大学)
    「利他性の進化認知的基盤」

共同利用・共同研究課題ページに戻る


Copyright © 2010 Research Institute for Languages and Cultures of Asia and Africa. All Rights Reserved.