AA研トップ > 共同利用・共同研究 > 共同利用・共同研究課題 > ジャワ語テキストにみるジャワの宗教変容(...
文字の大きさ : [大きく] [標準] [小さく]

AA研共同利用・共同研究課題

ジャワ語テキストにみるジャワの宗教変容(2)ジャワのイスラーム化再考

ジャワ語テキストにみるジャワの宗教変容(2)ジャワのイスラーム化再考

キーワード

  • 宗教
  • イスラーム
  • 写本
  • ジャワ語
  • スーフィズム

関連地域

  • ジャワ
  • インドネシア
  • 南アジア

ウェブサイト

(コンコーダンスを今年度公開予定)

プロジェクトについて

期間:2016-2018年度

ジャワにおけるイスラーム化は14世紀頃に始まり,それ以降現代まで漸進的に浸透した。これまでジャワのイスラーム化はスーフィーズムの広まりによって進んだと説明されてきたが,実際には史料的限界等の理由からこれまで十分には議論されてはこなかった。仏教・ヒンドゥー教王国の歴史が古く,その文化が深く根付いていたジャワで,なぜどのようにしてイスラーム化が起こったのかを,16~19世紀のジャワ語文書に基づいて,分析することを本研究の目的とする。
2013年度から「ジャワ語テキストにみるジャワの宗教変容」と題する3年間の共同研究プロジェクトを開始した。このプロジェクトにより,これまで十分に活用されてこなかったジャワ語史料の整理,ウェブ上で共有可能なコンコーダンスの作成が進みつつある。またジャワ語文書を利用する海外の研究者との国際シンポジウムを開催し,上記テーマについて様々な時代の史料から発表が行われた。しかし,9~19世紀の宗教変容をすべてカバーすることは難しく,時代間の比較も容易ではなかった。そのため,本申請プロジェクトは,ジャワ語文書プロジェクトの第2期目として,ジャワ語の文書が比較的豊富な16~19世紀のジャワのイスラーム化に焦点を当てる。古ジャワ語と現代ジャワ語の両方の文書分析をおこなうと同時に,東南アジアのイスラーム化と深い関係にあると考えられながら,比較分析がおこなわれてこなかった南アジアのイスラーム化との比較をとおして,上記課題に取り組む。また,碑文や遺構などの史資料との比較分析もおこなう。

研究代表者 菅原由美(大阪大学准教授)

プロジェクト・メンバー

研究代表者

  • 菅原由美(大阪大学)

AA研所員

  • 塩原朝子
  • 澤田英夫

共同研究員

  • 青山亨
  • 東長靖
  • 深見純生
  • 宮崎恒二
  • 山﨑美保
  • 山根聡
  • Oman FATHURAHMAN
  • Willem van der MOLEN

研究成果

研究会

2018年度第2回研究会(通算第9回目)

  • 国際シンポジウム/公開研究会:共同利用・共同研究課題「ジャワ語テキストにみるジャワの宗教変容(2)ジャワのイスラーム化再考」
  • 日時:2018年6月30日(土)13:00–16:50,2018年7月1日(日)9:30–16:30
  • 場所:大阪大学豊中キャンパス国際公共政策研究科会議室
  • 使用言語:英語
  • 6月30日
  • Opening
    13:00–13:15 Yumi SUGAHARA (ILCAA Joint Researcher, Osaka University)
    Session 1:
    Chairperson: Willem van der Molen (ILCAA Joint Researcher, KITLV)
    13:15–14:05 Yumi SUGAHARA (ILCAA Joint Researcher, Osaka University)
    “Sunan Bonan’s teaching: Theology and Sufism in the 16th century Java”
    Discussant: Yasushi TONAGA (ILCAA Joint Researcher, Kyoto University)
    14:05–14:55 Toru AOYAMA (ILCAA Joint Researcher, Tokyo University of Foreign Studies)
    “Imaginary of the seafaring ship in the process of Islamization in Java”
    Discussant: Michael Feener (Oxford University)
    15:10–16:00 Stuart Robson (Emeritus Prof. Monash University)
    “Serat Manik Maya: Javanese mythology”
    Discussant: Julian Millie (Monash University)
    16:00–16:50 Sri Ratna Saktimulya (Gadjah Mada University)
    “Following the footsteps of Sunan Kalijaga through the illuminations in the Pakualaman scriptorium”
    Discussant: Michael Feener (Oxford University)
  • 7月1日
  • Session 2:
    Chairperson: Toru AOYAMA (ILCAA Joint Researcher, Tokyo University of Foreign Studies)
    9:30–10:20 Willem van der Molen (ILCAA Joint Researcher, KITLV)
    “Religious change in Java as reflected in the Suluk Panĕpen”
    Discussant: Mitsuo NAKAMURA (Emeritus Prof. Chiba University)
    10:20–11:10 Edwin Wieringa (University of Cologne)
    “Not by the sword? Some notes on the contemporary sanitized myth of Java’s early Islamisation”
    Discussant: So YAMANE (ILCAA Joint Researcher, Osaka University)
    11:20–12:10 Ben Arps (Leiden University)
    ““If you desire to live, follow my prophet,Ibrahim the friend of God” Conversion to Islam and the epic of Amir Hamza in Malay and Javanese literature”
    Discussant: Nobuaki KONDO (ILCAA)
    Session 3:
    Chairperson: Toru AOYAMA (ILCAA Joint Researcher, Tokyo University of Foreign Studies)
    13:30–14:20 Aditia Gunawan (National Library of Indonesia)
    “The Islamization process in West Java: A review of ‘Old Sundanese’ Islamic manuscripts from Kabuyutan”
    Discussant: Julian Millie (Monash University)
    14:20–15:10 Oman Fathurahman (ILCAA Joint Researcher, Syarif Hiadayatullah State Islamic University)
    “The Javanese-influenced Islamic manuscripts in the Malay speaking area of the Philippines:Southeast Asian Muslim mobility?”
    Discussant: Midori KAWASHIMA (Sophia University)
    15:20–16:30
    Discussion: plans for the future

2018年度第1回研究会(通算第8回目)

  • 日時:2018年5月19日(土)13:00–17:30
  • 場所:AA研マルチメディア会議室(304)
  • 菅原由美(AA研共同研究員,大阪大学)
    国際シンポジウム発表論文予備報告
    青山亨(AA研共同研究員,東京外国語大学)
    国際シンポジウム発表論文予備報告
    全員
    国際シンポジウム準備会合

2017年度第3回研究会(通算第7回目)

  • 日時:2018年3月27日(火)10:00–17:30
  • 場所:AA研マルチメディアセミナー室(306)
  • 全員
    ジャワ語文献 Babad Tanah Jawi(Balai pustaka版)講読
    菅原由美(AA研共同研究員,大阪大学)
    「西ジャワ年代記からみたワリ(仮)」
    青山亨(AA研共同研究員,東京外国語大学)
    「スルック(ジャワ語スーフィー詩)に見られる船の比喩)」
    東長靖(AA研共同研究員,京都大学)
    「スーフィー類型論(仮)」
    山根聡(AA研共同研究員,大阪大学)
    「南アジアにおけるスーフィーの役割(仮)」
    全員
    打ち合わせ

2017年度第2回研究会(通算第6回目)

  • 日時:2017年11月25日(土)13:15–18:15
  • 場所:大阪大学豊中キャンパス ストゥーデントコモンズ(セミナー室C)
  • 13:15–14:00 深見純生(AA研共同研究員)
    「ゴボッグ・コインについて」
    14:00–14:40 菅原由美(AA研共同研究員,大阪大学)
    科研調査概要・科研調査成果報告
    14:40–15:20 青山亨(AA研共同研究員,東京外国語大学)
    科研調査成果報告
    15:35–16:15 山崎美保(AA研共同研究員,東京外国語大学大学院生)
    科研調査成果報告
    16:15–16:55 ウィルム・ファン・デル・モーレン(AA研共同研究員,KITLV)
    科研調査成果報告
    16:55–17:35 東長靖(AA研共同研究員,京都大学)
    科研調査成果報告
    17:35–18:15 山根聡(AA研共同研究員,大阪大学)
    科研調査成果報告

2017年度第1回研究会(通算第5回目)

  • 日時:2017年6月10日(土)10:00–16:30(公開),16:30–19:00(非公開)
  • 場所:大阪大学豊中キャンパス待兼山会館会議室(豊中市待兼山町1-15 )
  • 使用言語:日本語
  • 共催:AA研共同利用・共同研究課題「ジャワ語テキストにみるジャワの宗教変容(2)ジャワのイスラーム化再考」,科研費基盤研究(B)「ジャワ語文献にみるジャワのイスラーム化再考」(研究代表者:菅原由美(大阪大学)#16H05662)
  • 10:00–16:30(公開)
  • 10:00–12:00 全員
    ジャワ語文献 Babad Tanah Jawi(Balai pustaka版)講読
    13:00-14:30 青山亨(AA研共同研究員,東京外国語大学)
    「東南アジアにおけるイスラーム受容をめぐる現地認識」
    14:45-16:15 深見純生(AA研共同研究員)
    「イスラム化初期の史跡──マジャパヒトからマタラムへ」
  • 16:30–19:00(非公開)
  • 全員
    今年度現地調査計画策定

2016年度第4回研究会(通算第4回目)

  • 日時:2017年2月15日(水)10:00–16:15(公開),16:30–18:00(非公開)
  • 場所:AA研マルチメディア会議室(304)
  • 使用言語:日本語,英語
  • 共催:AA研共同利用・共同研究課題「ジャワ語テキストにみるジャワの宗教変容(2)ジャワのイスラーム化再考」,科研費基盤研究(B)「ジャワ語文献にみるジャワのイスラーム化再考」(研究代表者:菅原由美(大阪大学)#16H05662)
  • 10:00–16:15(公開)
  • 10:00–12:00 全員
    ジャワ語文献 Babad Tanah Jawi(Balai pustaka版)講読
    13:00-14:30 Oman FATHURAHMAN(AA研共同研究員,大阪大学)
    “Female Indonesian Sufis: with Special Reference to Java in the 18th and 19th Centuries”
    14:45-16:15 山崎美保(AA研共同研究員,東京外国語大学大学院生)
    「マジャパヒト時代のイスラム」
  • 16:30–18:00(非公開)
  • 16:30-18:00(非公開)全員
    打ち合わせ

2016年度第3回研究会(通算第3回目)

  • 日時:2016年12月10日(土)10:00–17:15(公開),17:30–18:00(非公開)
  • 場所:大阪大学中之島センター6階607および3階302(〒530-0005 大阪市北区中之島4-3-53)
  • 使用言語:日本語
  • 共催:AA研共同利用・共同研究課題「ジャワ語テキストにみるジャワの宗教変容(2)ジャワのイスラーム化再考」,科研費基盤研究(B)「ジャワ語文献にみるジャワのイスラーム化再考」(研究代表者:菅原由美(大阪大学)#16H05662)
  • 10:00-12:00 (会場:6階607)(公開)
  • 全員
    ジャワ語文献 Babad Tanah Jawi(Balai pustaka版)講読
  • 13:00–17:15 (会場:3階302)(公開)
  • 東長靖(AA研共同研究員,京都大学)
    「スーフィズム・タリーカ・聖者信仰複合現象と東南アジア・イスラーム」
    菅原由美(AA研共同研究員,大阪大学)
    「ジャワの九聖人伝承」
  • 17:30–18:00(非公開)
  • 全員
    打ち合わせ

2016年度第2回研究会(通算第2回目)

  • 日時:2016年11月6日(土)10:00–16:30(公開),16:30–18:00(非公開)
  • 場所:AA研研修室(405)
  • 使用言語:日本語
  • 10:00–16:30(公開)
  • 全員
    ジャワ語文献 Babad Tanah Jawi(Balai pustaka版)講読
    菅原由美(AA研共同研究員,大阪大学)
    「ジャワのイスラム史研究ー研究史と史料」(仮)
    山根総(AA研共同研究員,大阪大学)
    「南アジアのムスリム域外ネットワーク形成について」(仮)
  • 16:30–18:00(非公開)
  • 全員
    来年度現地調査計画策定(非公開)

2016年度第1回研究会(通算第1回目)

  • 日時:2016年6月18日(土)13:00-17:00
  • 場所:AA研セミナー室(301)
  • 菅原由美(AA研共同研究員,大阪大学)
    共同研究課題趣旨説明
    全員
    自己紹介および関連文献紹介など
    全員
    研究計画に関する意見交換

共同利用・共同研究課題ページに戻る


Copyright © 2010 Research Institute for Languages and Cultures of Asia and Africa. All Rights Reserved.