AA研トップ > 共同利用・共同研究 > 共同利用・共同研究課題 > 東アジア・東南アジアの諸言語における談話...
文字の大きさ : [大きく] [標準] [小さく]

AA研共同利用・共同研究課題

東アジア・東南アジアの諸言語における談話小辞の意味研究

東アジア・東南アジアの諸言語における談話小辞の意味研究

キーワード

  • 言語学
  • 意味論
  • 語用論
  • 談話小辞

関連地域

  • 東南アジア
  • 東アジア

ウェブサイト

--

プロジェクトについて

期間:2015-2017年度

談話小辞は言語学において非常に注目を集めている。このことは,ほとんど,あるいは すべての言語に談話小辞がありそうであることを鑑みれば,当然のことである。談話小 辞の意味は極めて雑多で,それゆえに「モダリティ小辞」とも呼ばれている。談話小辞 は,文またはその一部の情報上のステータスを示したり,疑問の意味を出したり,ポラ イトネスを標示したり,さらには感嘆や驚きを示すこともある。そのため,談話小辞の 意味をどのようにすれば最もうまく捉えられるかは,形式的観点においても非形式的観 点においても,依然,議論が続いている。形式意味論の先行研究では,談話小辞の意味 に関して様々なアプローチが提案されてきたが,意見の一致には至っていない。本課題 では,形式的分析が拠って立つ経験的データを拡大することにより,このような状況を 改善することを目指す。現在,形式言語学的研究のほとんどが日本語,英語,ドイツ語 に集中している。だが,広東語,口語マレー語,タイ語,琉球諸語など,東アジア・東 南アジアの言語には,より多様な談話小辞が観察される。本課題では,これらの談話小 辞を記録・記述し,さらに形式意味論的観点から考察を行う。

研究代表者 Eric McCready(青山学院大学准教授)

プロジェクト・メンバー

研究代表者

  • Eric McCready(青山学院大学)

AA研所員

  • 峰岸真琴

共同研究員

  • 伊藤さとみ
  • 大島義和
  • 高橋清子
  • 田窪行則
  • 長屋尚典
  • 野元裕樹
  • 原由理枝
  • 山田真寛
  • Christopher DAVIS
  • Christopher TANCREDI
  • Gregoire WINTERSTEIN
  • Hooi Ling SOH
  • Jozina VANDER KLOK
  • Magdalena KAUFMANN
  • Malte ZIMMERMANN
  • Stefan KAUFMANN

研究成果

研究会

2017年度第1回研究会(通算第6回目)

  • 日時:2017年10月7日(土)13:00–18:00
  • 場所:AA研小会議室(302)
  • 使用言語:英語
  • 13:00 Eric McCREADY (ILCAA Joint Researcher, Aoyama Gakuin University)
    開会の挨拶
    13:15 Hiroki NOMOTO (ILCAA Joint Researcher, Tokyo University of Foreign Studies) & Asako SHIOHARA (ILCAA)
    “On the non-additive uses of Malay additive particle pun”
    14:30 Naonori NAGAYA (ILCAA Joint Researcher, Tokyo University of Foreign Studies)
    “Confirmational particles in Tagalog”
    15:45 David Y. OSHIMA (ILCAA Joint Researcher, Nagoya University)
    “On the no-da construction”
    17:00
    全員での討論およびまとめ
    18:00
    終了時刻

2016年度第2回研究会(通算第5回目) 報告書(英文)(33KB)

  • 日時:2016年12月3日(土)13:30–18:00
  • 場所:AA研小会議室(302)
  • 使用言語:英語
  • Eric McCREADY (ILCAA Joint Researcher, Aoyama Gakuin University) (with Upsorn Tawilapakul)
    “Toward a Formal Analysis of Some Thai Particles”
    Satomi ITO (ILCAA Joint Researcher, Ochanomizu University)
    “Chinese particle questions and their answerhood”
    Hiroki NOMOTO (ILCAA Joint Researcher, Tokyo University of Foreign Studies) and Asako SHIOHARA (ILCAA)
    “An Analysis of the Malay/Indonesian Particle “YA””

2016年度第1回研究会(通算第4回目) 報告書(英文)(69KB)

  • 日時:2016年6月12日(日)9:00-18:30
  • 場所:9:00-12:45 AA研大会議室(303),13:30-18:30 AA研小会議室(302)
  • 使用言語:英語
  • 共催:ILCAA and The 23rd Annual Meeting of the Austronesian Formal Linguistics Association (AFLA)
  • 9:00-12:45
  • Hooi Ling Soh (University of Minnesota)
    “Evidentiality, modality, focus and presupposition: The case of the discourse particle punya in Colloquial Malay”
    Scott AnderBois (Brown University)
    “A QUD-based account of the discourse particle naman in Tagalog”
    Jennifer Tan (Spanish National Research Council)
    “On the modality of Tagalog evidentials”
  • 13:30-18:30
  • Eric McREADY (ILCAA Joint Researcher, Aoyama Gakuin University)
    Opening talk
    Kiyoko TAKAHASHI (ILCAA Joint Researcher, Kanda University of International Studies)
    “A literature review on Thai pragmatic particles”
    Lukas RIESER (Graduate school of Letters, Kyoto University)
    “A semantic analysis of German ja and doch”
    Christopher DAVIS (ILCAA Joint Researcher, University of the Ryukyus)
    “Semantics of evidentiality in Ryukyuan”

2015年度第3回研究会(通算第3回目) 報告書(英文)(127KB)

  • 日時:2016年1月9日(土)13:00-18:00,2016年1月10日(日)10:30-17:00
  • 場所:AA研小会議室(302)
  • 使用言語:英語
  • This meeting will focus on the formal analyiss of particles with an eye to reviewing part of the existing literature. The first day will focus on formal analyses of the Japanese particle “yo” and the second day on particles in German.

  • 1月9日
  • Eric McCready (ILCAA Joint Researcher, Aoyama Gakuin University)
    “Sentence-final Particles and Coherence”
    Christopher DAVIS (ILCAA Joint Researcher, University of the Ryukyus)
    “Contextual relations, pragmatic constraints, and discourse particles: case study of Japanese “yo””
  • 1月10日
  • David Y. OSHIMA (ILCAA Joint Researcher, Nagoya University)
    “The Japanese discourse particle yo in declaratives”
    Stefan KAUFMANN (ILCAA Joint Researcher, Kyoto University)
    “Content and role of semantic contribution: Two faces of German `ja’”
    Magdalena KAUFMANN (ILCAA Joint Researcher, Kyoto University)
    “Discourse particle ‘ruhig’: discourse effects, desires, and modality”
    All members
    discussion

2015年度第2回研究会(通算第2回目) 報告書(英文)(68KB)

  • 日時:2015年10月17日(土)13:00-17:30,2015年10月18日(日)11:00-17:30
  • 場所:AA研マルチメディア会議室(304),AA研大会議室(303)
  • 使用言語:英語
  • 10月17日,場所:AA研マルチメディア会議室(304)
  • Stefan KAUFMANN (ILCAA Joint Researcher, Kyoto University)
    “Dynamic semantics tutorial”
    Christopher DAVIS (ILCAA Joint Researcher, University of the Ryukyus)
    “Question semantics”
  • 10月18日,場所:AA研大会議室(303)
  • Magdalena KAUFMANN (ILCAA Joint Researcher, Kyoto University)
    “Imperative semantics”
    Satomi ITO (ILCAA Joint Researcher, Ochanomizu University)
    “Particles in Mandarin”
    All members
    Discussion and other talks

2015年度第1回研究会(通算第1回目) 報告書(英文)(64KB)

  • 日時:2015年7月4日(土)10:00-17:00
  • 場所:AA研マルチメディア会議室(304)
  • 使用言語:英語
  • Eric McCREADY(AA研共同研究員,青山学院大学)
    project overview
    Hiroki NOMOTO(AA研共同研究員,東京外国語大学)
    “Sentence final particles in Malay”
    Christopher TANCREDI(AA研共同研究員,慶応義塾大学)
    “Introduction to formal semantics and pragmatics”

共同利用・共同研究課題ページに戻る


Copyright © 2010 Research Institute for Languages and Cultures of Asia and Africa. All Rights Reserved.