AA研トップ > 共同利用・共同研究 > 共同利用・共同研究課題 > 歴史的観点から見たサハラ以南アフリカの農...
文字の大きさ : [大きく] [標準] [小さく]

AA研共同利用・共同研究課題

歴史的観点から見たサハラ以南アフリカの農業と文化(2)

歴史的観点から見たサハラ以南アフリカの農業と文化(2)

キーワード

  • サハラ以南アフリカ
  • 農業
  • 主食用作物
  • 歴史学
  • 人類学
  • 農業経済学

関連地域

  • サハラ以南アフリカ

ウェブサイト

http://www.aa.tufs.ac.jp/~agriculture2010/

プロジェクトについて

期間:2013-2015年度

サハラ以南アフリカ諸国の経済停滞が国際的な懸案となっている現在,大多数の国々の基幹産業である農業についての研究を一層深化させることが国際的に求められている。これまで我が国におけるサハラ以南アフリカ農業研究は,主に農学,人類学,経済学の研究者によって実施され多くの成果をあげてきた。本研究課題においては,これらの学問分野の研究者に歴史学研究者も加わり,サハラ以南アフリカ諸地域の農業と文化の関連について歴史的観点からの研究を共同で実施する。特に社会的・文化的に重要な役割を果たしてきたにもかかわらず未解明の課題が少なくない主食用作物に関わる史的諸問題を広範に検討することによって,サハラ以南アフリカ農業研究の新たな研究領域の開拓を試みる。

研究代表者 石川博樹(AA研)

プロジェクト・メンバー

研究代表者

  • 石川博樹(AA研)

AA研所員

  • 深澤秀夫

共同研究員

  • 網中昭世
  • 安渓貴子
  • 石山俊
  • 工藤晶人
  • 小松かおり
  • 佐藤靖明
  • 杉村和彦
  • 鈴木英明
  • 鶴田格
  • 永原陽子
  • 藤岡悠一郎
  • 藤本武
  • 眞城百華
  • 溝辺泰雄
  • 村尾るみこ

研究成果

研究会

2015年度第3回研究会(通算第10回目) 報告書(和文)(86KB)

  • 基幹研究「アフリカ文化研究に基づく多元的世界像の探求」公開シンポジウム「食と農のアフリカ史を考える」
  • 日時:2016年3月13日(日)14:00-19:00
  • 場所:AA研マルチメディア会議室(304)
  • 使用言語:日本語
  • 主催:基幹研究「アフリカ文化研究に基づく多元的世界像の探求」,共同利用・共同研究課題「歴史的観点から見たサハラ以南アフリカの農業と文化(2)」
  • 深澤秀夫(AA研所員)
    開会の挨拶
    石川博樹(AA研所員)ほか
    「『食と農のアフリカ史』の出版を記念して」
    石川博樹(AA研所員)
    「食と農のアフリカ史をめぐる歴史学研究の可能性」
    小松かおり(AA研共同研究員,静岡大学)
    「食と農のアフリカ史をめぐる人類学研究の可能性1食の視点から」
    藤本武(AA研共同研究員,富山大学)
    「食と農のアフリカ史をめぐる人類学研究の可能性2農の視点から」
    池上甲一(近畿大学)
    コメント1
    池谷和信(国立民族学博物館)
    コメント2
    質疑応答
    深澤秀夫(AA研所員)
    閉会の辞

2015度第2回研究会(通算第9回目) 報告書(和文)(79KB)

  • 日時:2015年10月25日(日)13:30-19:30
  • 場所:AA研小会議室(302)
  • 全員
    成果出版『食と農のアフリカ史』「総説」合評会
    池上甲一(近畿大学)
    「なぜアフリカの土地はねらわれるのか:土地収奪と新植民地主義」

2015度第1回研究会(通算第8回目) 報告書(和文)(75KB)

  • 日時:2015年7月11日(土)13:00-20:00
  • 場所:AA研小会議室(302)
  • 全員
    成果出版『食と農のアフリカ史』原稿合評会

2014度第4回研究会(通算第7回目) 報告書(和文)(75KB)

  • 日時:2015年3月29日(日)13:00-19:00
  • 場所:AA研小会議室(302)
  • 全員
    成果出版『食と農のアフリカ史』原稿合評会

2014度第3回研究会(通算第6回目) 報告書(和文)(75KB)

  • 日時:2014年12月20日(土)13:00-19:00
  • 場所:AA研小会議室(302)
  • 鶴田格(AA研共同研究員,近畿大学),坂井真紀子(東京外国語大学)
    「中部タンザニアにおけるメイズ・トラクター複合と中規模土地収奪の現状」
    小松かおり(AA研共同研究員,静岡大学)
    「移動する社会の農:ゾミア論とアフリカの農」

2014度第2回研究会(通算第5回目) 報告書(和文)(79KB)

  • 日時:2014年10月25日(土)13:00-19:00
  • 場所:AA研小会議室(302)
  • 使用言語:日本語
  • 全員
    成果出版に関する討議

2014度第1回研究会(通算第4回目) 報告書(和文)(74KB)

  • 日時:2014年7月12日(土)14:00-19:00
  • 場所:AA研セミナー室(301)
  • 使用言語:日本語
  • 石川博樹(AA研所員)
    「フランス植民地期カメルーンの農業統計の概要」
    全員
    成果出版に関する討議

2013年度第3回研究会(通算第3回目) 報告書(和文)(107KB)

  • 日時:2014年3月29日(土)13:30-19:00
  • 場所:AA研小会議室(302)
  • 使用言語:日本語
  • 藤岡悠一郎(AA研共同研究員,近畿大学)
    「ナミビア北部における気象災害時の食料確保とセーフティネットの変容」
    全員
    成果出版に関する討議

2013年度第2回研究会(通算第2回目) 報告書(和文)(76KB)

  • 日時:2013年12月22日(日) 14:00-19:30
  • 場所:AA研小会議室(302)
  • 使用言語:日本語
  • 成果出版に関する討議
  • 成果出版案1. 石川博樹
    『食と農のアフリカ史』 
    成果出版案2. 鶴田格
    『アフリカにおける在来農業革命』 

2013年度第1回研究会(通算第1回目) 報告書(和文)(137KB)

  • 日時:2013年7月13日(土)13:30-16:30(非公開),18:00-19:30(公開,要予約)
  • 使用言語:日本語
  • 共催:Field+編集部
  • FIELD+cafeの詳細については,こちらをご覧ください。
  • 13:30-16:30(非公開)
  • 場所:AA研セミナー室(301)
  • 全員
    研究代表者による趣旨説明,および研究計画の検討
  • 18:00-19:30(公開,要予約)
  • 「FIELD+cafe アフリカの食~人と植物が織り成す歴史と文化~」
  • 場所:サロンド冨山房FOLIO(東京都千代田区神田神保町1-3 冨山房ビルB1)
  • 藤本武(AA研共同研究員,富山大学)
    「エチオピアの酸っぱい食文化をめぐって~山地社会でのフィールドワークから~」
    石山俊(AA研共同研究員,総合地球環境学研究所)
    「サハラは不毛にあらず,ナツメヤシをめぐる人間の知恵~アルジェリアの小さなオアシスからの報告~」

共同利用・共同研究課題ページに戻る


Copyright © 2010 Research Institute for Languages and Cultures of Asia and Africa. All Rights Reserved.