AA研トップ > 共同利用・共同研究 > 共同利用・共同研究課題 > 前近代南アジアにおける中間的諸集団の再検討
文字の大きさ : [大きく] [標準] [小さく]

AA研共同利用・共同研究課題

前近代南アジアにおける中間的諸集団の再検討

前近代南アジアにおける中間的諸集団の再検討

キーワード

  • 前近代南アジア
  • 社会史

関連地域

  • 南アジア

ウェブサイト

---

プロジェクトについて

期間:2012-2014年度

本課題は,イギリス植民地支配期以前の南アジアにおいて,さまざまな中間的社会集団がそれぞれの政治,経済,社会的文脈のなかでどのように発展し,いかなる役割を担っていたのかを検討する。前近代南アジアでは「カースト」や村落,村落連合(「地域共同体」),都市,商人仲間,教団・宗派などが一定の自律性・自立性をもって存在していた。これら諸集団間の闘争と折衝の過程,さらには諸集団と支配権力の間のそれに着目して,南アジアの歴史的展開を捉え直す。本課題では,固い枠組みをもつとされる社会集団(「カースト」など)だけではなく,雑多な諸集団を取り上げ,それらを支えた内的結合の多様なあり方を,集団間の比較も行いつつ明らかにする。

研究代表者 太田信宏(AA研)

プロジェクト・メンバー

研究代表者

  • 太田信宏(AA研)

AA研所員

  • 近藤信彰
  • 高島淳

共同研究員

  • 石川寛
  • 稲葉穣
  • 上原永子
  • 小川道大
  • 小倉智史
  • 小谷汪之
  • 齋藤俊輔
  • 重松伸司
  • 申才恩
  • 末広朗子
  • 田辺明生
  • 谷口晉吉
  • 長島弘
  • 二宮文子
  • 野々垣篤
  • 古井龍介
  • 真下裕之
  • 三田昌彦
  • 和田郁子

研究成果

研究会

成果取りまとめ 報告書(和文)(55KB)

  • 日時:2015年12月26日(土)14:00-19:00
  • 場所:本郷サテライト7階会議室
  • 全員
    共同利用・共同研究課題成果物『前近代南アジア社会におけるまとまりとつながり(仮題)』の執筆者による編集会議

2014年度第3回研究会(通算第9回目) 報告書(和文)(187KB)

  • 日時:2015年3月28日(土)14:00-19:00
  • 場所:本郷サテライト5階セミナールーム
  • 使用言語:日本語
  • 野々垣篤(AA研共同研究員,愛知工業大学)
    「インド建築の装飾モチーフと人々の思いとの関係について」
    真下裕之(AA研共同研究員,神戸大学)
    「マンサブ制度における人的結合の一側面:ムガル帝国の乳兄弟」
    全員
    総合討論

2014年度第2回研究会(通算第8回目) 報告書(和文)(205KB)

  • 日時:2014年12月7日(日)14:00-18:00
  • 場所:本郷サテライト5階セミナールーム
  • 使用言語:日本語
  • 高島淳(AA研所員)
    「アンコール王権とシヴァ教」
    近藤信彰(AA研所員)
    「南アジアにおけるペルシア語文化と在地社会」

2014年度第1回研究会(通算第7回目) 報告書(和文)(263KB)

  • 日時:2014年7月12日(土)14:00-19:00
  • 場所:本郷サテライト7階会議室
  • 使用言語:日本語
  • 石川寛(AA研共同研究員,早稲田大学)
    「Belvola-300およびPurigere-300の統治の変遷について」
    三田昌彦(AA研共同研究員,名古屋大学)
    「パンチャクラとマハージャナ―中世初期ラージャスターン・グジャラートの都市行政と集会組織―」
    和田郁子(AA研共同研究員,京都大学)
    「港町と市壁―近世コロマンデル海岸における事例から―」

2013年度第3回研究会(通算第6回目) 報告書(和文)(340KB)

  • 日時:2014年3月29日(土)14:00-19:00
  • 場所:本郷サテライト5階セミナールーム
  • 使用言語:日本語
  • 重松伸司(AA研共同研究員,追手門学院大学)
    「南インド内陸農村における農村悉皆調査―タミル村落I村の農村慣行について―」
    稲葉穣(AA研共同研究員,京都大学)
    「フーナとエフタル再考―北西インドの中央アジア系政権に関する最近の研究について―」
    二宮文子(AA研共同研究員,青山学院大学)
    「中間的集団としてのスーフィー教団―特徴と課題―」

2013年度第2回研究会(通算第5回目) 報告書(和文)(1.1MB)

  • 日時:2013年11月16日(土)14:00-18:30
  • 場所:本郷サテライト3階セミナールーム
  • 使用言語:日本語
  • 長島弘(AA研共同研究員,長崎県立大学)
    「ムガル帝国グジャラート地方における商人と国家―若干の論争の紹介を中心に―」
    上原永子(AA研共同研究員,大谷大学)
    「シンド地方仏教美術の諸問題」

2013年度第1回研究会(通算第4回目) 報告書(和文)(261KB)

  • 日時:2013年6月22日(土)13:30-19:00
  • 場所:本郷サテライト7階
  • 使用言語:日本語,英語
  • 古井龍介(AA研共同研究員,東京大学)
    「ブラーフマナ集団形成の過程―中世初期ベンガルを例として―」
    小倉智史(AA研共同研究員,京都大学)
    「共存しえぬ他者か,ダルシャナの信徒か-シャーミール朝カシミールの三人のバラモンが描くムスリム-」
    申才恩(AA研共同研究員,AA研ジュニア・フェロー)
    “Sattra in Assam between the 16th and the 18th Centuries: from a Venue of Popular Bhakti Movement to the Orthodox Brahmanical Institution”

2012年度第3回研究会(通算第3回目) 報告書(和文)(187KB)

  • 日時:2013年3月24日(日)14:00-18:30
  • 場所:本郷サテライト5階
  • 小谷汪之(AA研共同研究員)
    「前近代インドにおける社会集団―「落ちこぼれた人々」の存在を通して」
    谷口晋吉(AA研共同研究員,東京外国語大学)
    「ベンガルにおける部族とカースト―一つの歴史的見通し」

2012年度第2回研究会(通算第2回目) 報告書(和文)(177KB)

  • 日時:2012年12月1日(土)14:00-18:30
  • 場所:本郷サテライト7階
  • 小川道大(AA研共同研究員,横浜市立大学)
    「18世紀後半のマラーター王国プネー州インダプールパルガナの職人集団・商人集団について―史料選択・分析を中心に」
    齋藤俊輔(AA研共同研究員,大東文化大学)
    「ポルトガル帝国の人的構造に関する一考察―ポルトガル領インディア書記の登用と昇進を事例に」

2012年度第1回研究会(通算第1回目) 報告書(和文)(95KB)

  • 日時:2012年6月23日(土)13:00-18:00
  • 場所:本郷サテライト7階
  • 太田信宏(AA研所員)
    「前近代南アジアの社会集団――研究の成果と課題」
    全員
    今後の研究の打ち合わせ

共同利用・共同研究課題ページに戻る


Copyright © 2010 Research Institute for Languages and Cultures of Asia and Africa. All Rights Reserved.