AA研トップ > 読みもの > 今月の一枚 > バックナンバー > 今月の一枚 2011年5月
文字の大きさ : [大きく] [標準] [小さく]

今月の一枚 2011年5月

こちらにはひと月に一度,AA研スタッフや共同研究員がフィールド調査の際に撮った写真を載せています。

(写真の著作権は撮影者にあります。無断・無許可でのご使用は固くお断りします。)

博物館めぐり

新緑の季節を迎える5月は,日本でも修学旅行など社会見学のシーズンとなる。先生に引率され,また親に手を引かれて行った史跡や博物館は,記憶の片隅に長く残っている。歴史を訴え,ときにナショナル・アイデンティティにはたらきかける展示は,思想教育の場ともなる。紛争地では特に,自国の栄光や,苦難の歴史,敵が誰かを認識に刻み付ける内容が多い。

とはいえ見学者は,そんな展示の内容にかかわらず実に多様だ。無邪気な子ども連れの親子が,遠足がわりに訪れることもある。新オープンの軍事博物館に足を運んだとき,にこやかな受付の人から入場券を受け取ると,入ってすぐの中庭では花壇の脇で親子が休んでいた。この子たちの記憶には何が刻まれ,どんな思い出となっていくのだろう。ほがらかな談笑の様子を見ながらふと,そんなことを考えた。

博物館めぐり

2010年8月
メディータ博物館での親子
錦田愛子 撮影

今月の一枚バックナンバーページに戻る


Copyright © 2010 Research Institute for Languages and Cultures of Asia and Africa. All Rights Reserved.