AA研トップ > 読みもの > 今月の一枚
文字の大きさ : [大きく] [標準] [小さく]

今月の一枚

こちらにはひと月に一度,AA研スタッフや共同研究員がフィールド調査の際に撮った写真を載せています。

(写真の著作権は撮影者にあります。無断・無許可でのご使用は固くお断りします。)

レユニオンのラム酒

レユニオン島の経済基盤はサトウキビ栽培,そして砂糖とラム酒の製造である。レユニオンで最も知られているラム酒の銘柄は「シャレット」(牛が曳く荷車)であり,アルコール度数は40度と高いが,島民の多くは生で飲んでいる。写真は島中央部の圏谷シラオスの土産物屋で売られていた,板に描かれたレユニオン・クレオル語による二行詩である。二行詩を訳すとこんな感じになる:



974*度



ラム

俺これやめる

しばらくは



ラムは本当に良くない
でもみんなはそれでも飲んでいる
レユニオン島




*974はレユニオンの郵便番号の先頭三桁


二行詩は一行が六音綴でちゃんと韻を踏んでいる。この絵はシャレットのラベルを模しているが,手描きの絵は余り上手だとは言えない。そう言えばインド洋の島々では民話の語りや音楽は実に素晴らしいのに絵画は今ひとつである。その理由のひとつは自然を見飽きないからだろうか。



実物のシャレットのラベル


2019年8月6日
シラオス,インド洋レユニオン島
小田淳一 撮影



Copyright © 2010 Research Institute for Languages and Cultures of Asia and Africa. All Rights Reserved.