AA研トップ > 読みもの > 今月の一枚
文字の大きさ : [大きく] [標準] [小さく]

今月の一枚

こちらにはひと月に一度,AA研スタッフや共同研究員がフィールド調査の際に撮った写真を載せています。

(写真の著作権は撮影者にあります。無断・無許可でのご使用は固くお断りします。)

アブー・アルムナッジャーの橋(エジプト)

20世紀初頭に撮られたと見られる一枚の古写真がある。一面に広がる農地のまっただ中に佇む橋の写真だ(註)。奇妙なことに,橋の下には水の流れはない。一体何のためにこのような橋が建てられたのか?

答えを明かしてしまうと,19世紀に進められた開発によって水の流れが変わっためである。つまり,古写真に写っている橋は,すでにその本来の役割を終えていたのである。

橋の側面に注目されたい。獅子のレリーフがあるのにお気づきだろうか。これは13世紀のスルタン・バイバルス(在位1260–77)の紋章である。そう,この橋は13世紀に建造されたものである。歴史あるこの橋を一目見てみたいと2年ほどかけて探した結果,ようやく見つけることができた。現在,橋は遺跡として保存されているが,その存在はほとんど知られていない。

註:興味がある方は,Abu al-Munajja Bridgeで画像検索されたい。

2017年3月10日
撮影地:エジプト, カルユービーヤ県
熊倉和歌子 撮影



Copyright © 2010 Research Institute for Languages and Cultures of Asia and Africa. All Rights Reserved.