国際学術研究調査関係研究者データベース

  • ホーム
  • next_to
  • 国際学術研究調査関係研究者データベース
  • 国際学術研究調査関係研究者データベースとは

    科学研究費・海外学術調査に関する総合調査研究班(略称「総括班」)は、昭和58年以来、東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所に事務局を置き、文部省(現・文部科学省)との連絡調整を行いながら、わが国の海外学術調査活動における学際的な情報交換および研究交流活動の中心を担って参りました。

    このたび総括班では、海外学術調査・国際学術研究の研究成果が国内外で広く活用されることを目的に、わが国における昭和38年度以降の海外学術調査関連情報をデータベース化致しました。

    本データベースは、科学研究費・海外学術調査を通じ、わが国でこれまで具体的にいかなる地域でいかなるテーマの研究がなされてきたかを瞬時に知ることを可能とするものです。海外学術調査にもとづく国際研究交流の一層の進展にむけ、本データベースが幅広く活用されることを願いつつ、今後ともデータの追加・拡充に努めて参ります。

    なお、本データベースでは、研究者の所属機関・部局・職名・専門分野(いずれも当時)について当面、若干の情報重複等がみられますが、順次訂正作業を行っております。過去の個別情報に関する欠落等、ご不明な点・お気づきの点がございましたら、下記e-mailアドレスまでご連絡いただきたく存じます。よろしくお願い申し上げます。


    【運営者】 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所気付
          国際学術研究調査関係研究者データベース作成委員会 
    【問合せ】 gisr[at]aa.tufs.ac.jp ※[at]を@に変更して送信ください



    ◆ 本データベースの著作権は、国際学術研究調査関係データベース作成委員会に帰属します。
    ◆ 本データベースの入力作成作業に際しては、独立行政法人日本学術振興会平成17年度科学研究費補助金(研究成果公開促進費)の交付を受けています。

     
     

    (C)2006- 国際学術研究調査関係研究者データベース作成委員会