AA研トップ > 共同利用・共同研究 > 共同利用・共同研究課題 > イスラーム聖者廟の財産管理に関する史料学...
文字の大きさ : [大きく] [標準] [小さく]

AA研共同利用・共同研究課題

イスラーム聖者廟の財産管理に関する史料学的研究:イラン・サファヴィー朝祖廟を事例として(2)

イスラーム聖者廟の財産管理に関する史料学的研究:イラン・サファヴィー朝祖廟を事例として

撮影 阿部尚史

キーワード

  • サファヴィー朝
  • シーア派
  • 聖者廟
  • スーフィズム
  • タリーカ
  • 文書学
  • 簿記術
  • イスラーム法
  • シャリーア法廷文書

関連地域

  • 西アジア
  • 中央アジア
  • 南アジア

ウェブサイト

--

プロジェクトの概要

期間:2021-2023年度

 西アジア・イスラーム社会において,聖者廟はしばしばその宗教的影響力を通し多くの財を獲得した。その財の管理・運営システムの解明は,聖者廟の経済的基盤を明らかにするとともに, 社会における聖者廟の社会経済的役割や,その国家との関係にも光を当てる。本研究は,イラン北西部の聖者廟シャイフ・サフィーユッディーン廟が残す財産管理史料群の研究を通し中世〜近代イランにおける聖者廟財産管理システムの形成・発展とその国家・社会との関係の諸相を,イスラーム圏の他地域との比較も通し明らかにすることを目指す。

研究代表者 渡部良子(東京大学非常勤講師)

メンバー

研究代表者

  • 渡部良子(東京大学)

AA研所員

  • 近藤信彰
  • 高松洋一
  • 小倉智史

共同研究員

  • 阿部尚史
  • 小野浩
  • 後藤裕加子
  • 杉山雅樹
  • 杉山隆一
  • 高木小苗
  • 二宮文子
  • 守川知子
  • 矢島洋一
  • 山口昭彦

研究成果

研究会

2022年度第2回研究会(通算第4回目)

  • 日時:2022年8月3日(水)14:30–17:30
  • 場所:オンライン会議室
  • 14:30–14:40
    趣旨説明
    14:40–15:40 山口昭彦(AA研共同研究員,上智大学)、二宮文子(AA研共同研究員,青山学院大学)、小倉智史(AA研)
    評者による論評
    15:40–16:40 後藤裕加子(関西学院大学)、渡部良子(東京大学)、高木小苗(早稲田大学)、阿部尚史(お茶の水女子大学)、杉山隆一(京都橘大学)、杉山雅樹(京都外国語大学)、矢島洋一(奈良女子大学)、小野浩(京都橘大学)、近藤信彰(AA研)、守川知子(東京大学) ※いずれもAA研共同研究員
    執筆者からの応答
    16:40–16:50
    休憩
    16:50–17:30
    総合討論

2022年度第1回研究会(通算第3回目)

  • 日時:2022年5月29日(日)10:00–12:00
  • 場所:オンライン会議室
  • 1. 渡部良子(AA研共同研究員,東京大学非常勤講師)
    「シャイフ・サフィー廟不動産目録の社会・経済的情報の読解と考察(1):アゼルバイジャン地方アルダビール(1)」
    2. 全員
    総合討論

2021年度第2回研究会(通算第2回目)

  • 日時:2022年3月29日(火)13:00–15:00
  • 場所:オンライン会議室
  • 1. 渡部良子(AA研共同研究員,東京大学非常勤講師)
    「シャイフ・サフィー廟不動産目録の情報とその整理:アルダビール郡部物件の事例」
    2. 全員
    史料の検討

2021年度第1回研究会(通算第1回目)

  • 日時:2022年2月28日(月)15:00–17:00
  • 場所:オンライン会議室
  • 1. 渡部良子(AA研共同研究員,東京大学非常勤講師)
    「シャイフ・サフィー廟研究の史料群と研究動向」
    2. 全員
    研究計画に関する討論・打ち合わせ

共同利用・共同研究課題ページに戻る


Copyright © 2010 Research Institute for Languages and Cultures of Asia and Africa. All Rights Reserved.