AA研トップ > 共同利用・共同研究 > 共同利用・共同研究課題 > 新型コロナ感染拡大下における芸能に関する...
文字の大きさ : [大きく] [標準] [小さく]

AA研共同利用・共同研究課題

新型コロナ感染拡大下における芸能に関する学際的研究

新型コロナ感染拡大下における芸能に関する学際的研究

写真提供:阿部武司(上)/Ni Ketut Putri Minangsari(下)

キーワード

  • Covid-19
  • 芸能
  • 身体
  • 儀礼
  • 文化政策

関連地域

  • 南アジア
  • 東南アジア
  • 東アジア

ウェブサイト

--

プロジェクトの概要

期間:2021-2023年度

新型コロナ感染症の流行のなかで,芸能はどのように実践されているのか。またその表現や伝承や発表のあり方,そして社会における芸能の役割はこの感染症流行を機にどのように変わってゆくのだろうか。本研究会では,アジアを中心にしながら,芸能やそれを取り巻く社会的状況とその変化を記録するとともに,多様な地域およびジャンルの事例を持ち寄ることで比較考察する。またそのなかで,平常時とは異なる様相を見せる芸能の姿から,どのように我々の芸能への理解を深めることができるか検討する。

研究代表者 吉田ゆか子(AA研准教授)

メンバー

研究代表者

  • 吉田ゆか子(AA研)

共同研究員

  • 阿部武司
  • 大田美佐子
  • 小塩さとみ
  • 神野知恵
  • 鈴木正崇
  • 竹村嘉晃
  • 長嶺亮子
  • 前原恵美
  • 武藤大祐
  • 増野亜子

研究成果

研究会

2021年度第2回研究会(通算第2回目) 報告書(和文)(925KB)

  • 日時:2021年8月9日(月)13:00–17:00
  • 場所:オンライン会議室
  • 使用言語:日本語
  • 13:00-13:10 吉田ゆか子(AA研所員)
    「研究会趣旨など説明」
    13:10–14:10 前原恵美(AA研共同研究員,東京文化研究所)
    「コロナ禍における日本の伝統芸能の状況推移」
    14:10–14:40 全員
    Q&A
    15:00–16:00 神野知恵(AA研共同研究員,国立民族学博物館)
    「伊勢大神楽と地域の人々の相互関係性―コロナ禍前後での一貫性と変化―」
    16:00-16:30 全員
    Q&A
    16:30–17:00 全員
    全体討論/ 今後の方針

2021年度第1回研究会(通算第1回目) 報告書(和文)(220KB)

  • 日時:2021年4月24日(土)13:00–18:00
  • 場所:オンライン会議室
  • 使用言語:日本語
  • 13:00-13:50 吉田ゆか子(AA研所員)
    趣旨説明
    13:50-15:05 メンバー 5人
    研究紹介(1人あたり10分研究紹介+5分質疑応答)
    15:15-16:30 メンバー 5人
    研究紹介
    16:30-17:00 全員
    全体討論
    17:15-18:00 全員
    今後の方針

共同利用・共同研究課題ページに戻る


Copyright © 2010 Research Institute for Languages and Cultures of Asia and Africa. All Rights Reserved.