AA研トップ > 共同利用・共同研究 > 共同利用・共同研究課題 > 移民の継承語とエスニックアイデンティティ...
文字の大きさ : [大きく] [標準] [小さく]

AA研共同利用・共同研究課題

移民の継承語とエスニックアイデンティティに関する社会言語学的研究

移民の継承語とエスニックアイデンティティに関する社会言語学的研究

キーワード

  • 移民
  • 継承語
  • エスニックアイデンティティ
  • 社会言語学
  • 方法論

関連地域

  • ヨーロッパ
  • 西アジア
  • 中央アジア
  • 南アジア
  • 東南アジア
  • 東アジア
  • 北・北東アジア
  • オセアニア・太平洋
  • 北アメリカ・カリブ諸島
  • 南アメリカ

ウェブサイト

--

プロジェクトの概要

期間:2021-2023年度

 ある移民コミュニティにおいて,世代が下っても本国の言語文化を保持し続けるか,あるいはホスト国の言語使用パターンに同化していくかという分岐には様々な要因が関わっている。本研究は,この課題に継承語教育とエスニックアイデンティティの形成という観点からアプローチする。まずは先行研究を踏まえた調査方法についての議論から始め,最終的には,アジア・オセアニア・欧米などにおける移民コミュニティの多様な言語状況の比較を可能にする方法論の構築を目指す。

研究代表者 安達真弓(AA研助教)

メンバー

研究代表者

  • 安達真弓(AA研)

AA研所員

  • 児倉徳和

共同研究員

  • 新井保裕
  • 李在鎬
  • 奥村晶子
  • 生越直樹
  • キンテロ ガルシア, ダニエル
  • 櫻間瑞希
  • 杉浦黎
  • 谷口ジョイ
  • 林徹
  • 日比谷潤子
  • 平高史也
  • マーハ, ジョン C.
  • 松本和子
  • 山下里香
  • 吉田さち

研究成果

研究会

2021年度第2回研究会(通算第2回目)/第27回東京移民言語フォーラム

  • 日時:2021年9月2日(木)9:00–12:30
  • 場所:オンライン会議室
  • 主催:基幹研究「多言語・多文化共生に向けた循環型の言語研究体制の構築(LingDy3)」
  • 協賛:東京移民言語フォーラム
  • 9:00-9:10 安達真弓(AA研所員)
    趣旨説明
    9:10-10:00 櫻間瑞希(AA研共同研究員,日本学術振興会特別研究員PD/早稲田大学)
    「複数言語環境における言語選択のプロセス:グラウンデッド・セオリー・アプローチを用いた質的分析を中心に」
    10:10-11:00 山下里香(AA研共同研究員,関東学院大学)
    「言語景観から記号的景観へ:<在外パキスタン人>から考える」
    11:10-12:00 谷口ジョイ(AA研共同研究員,静岡理工科大学)
    「複数言語環境にある子どものことばに対する質的手法」
    12:00-12:30 全員
    全体討論

2021年度第1回研究会(通算第1回目) 報告書(和文)(511KB)

  • 日時:2021年5月9日(日)14:00–17:30
  • 場所:オンライン会議室
  • 14:00–14:10 安達真弓(AA研所員)
    趣旨説明
    14:10–15:00 日比谷潤子(AA研共同研究員,聖心女子学院)
    「継承語の変異・変化研究」
    15:10–16:00 松本和子(AA研共同研究員,東京大学),吉田さち(AA研共同研究員,跡見学園女子大学),奥村晶子(AA研共同研究員,東京大学)
    「言語変異におけるエスニシティの役割―首都圏と極東ロシアサハリンにおける4つのディアスポラ変種の事例研究―」
    16:10–17:00 林徹(AA研共同研究員,放送大学)
    「曖昧な態度を取るアンケート回答者の再評価」
    17:00–17:30 全員
    全体討論

共同利用・共同研究課題ページに戻る


Copyright © 2010 Research Institute for Languages and Cultures of Asia and Africa. All Rights Reserved.