AA研トップ > 共同利用・共同研究 > 共同利用・共同研究課題 > アイヌ語現地調査資料のアーカイブズ構築に...
文字の大きさ : [大きく] [標準] [小さく]

AA研共同利用・共同研究課題

アイヌ語現地調査資料のアーカイブズ構築にかんする学際的研究(2)

アイヌ語現地調査資料のアーカイブズ構築にかんする学際的研究(2)

キーワード

  • 研究者アーカイブズ
  • 危機言語
  • アイヌ語

関連地域

  • 東アジア
  • 北・北東アジア

ウェブサイト

https://ainugo.aa-ken.jp/

プロジェクトの概要

期間:2021-2023年度

 2014年度にAA研に寄贈された史上最大級のアイヌ語調査資料について,資料そのものの分析(内容の把握,資料相互の関係の理解など),遺族・現地との関係の維持と人権の保護,保存と公開および利用の促進などの諸側面にわたり,よりよいアーカイブズ構築の方法を探求し具体的な実践を進めるために,言語学,歴史学,音楽学,資料・アーカイブズ学,音声データベース工学などの専門家が協同して学際的な研究を行う。

研究代表者 奥田統己(札幌学院大学教授)

メンバー

研究代表者

  • 奥田統己(札幌学院大学)

AA研所員

  • 山越康裕(AA研)

共同研究員

  • 阿部佳恵
  • 欠ヶ端和也
  • 菊池英明
  • 児島恭子
  • 小林美紀
  • 阪口諒
  • 高橋靖以
  • 直川礼緒
  • 中川裕
  • 深澤美香
  • 山田慎太郎
  • 吉川佳見

研究成果

研究会

2021年度第2回研究会(通算第2回目)

  • 日時:2021年12月11日(土)13:00-17:00
  • 場所:マルチメディアセミナー室(306)
  • 使用言語:日本語
  • 主催:基幹研究「多言語・多文化共生に向けた循環型の言語研究体制の構築(LingDy3)」
  • 13:00-13:10 奥田統己(AA研共同研究員,札幌学院大学)
    開会,趣旨説明
    13:10-14:00 深澤美香(AA研共同研究員,国立アイヌ民族博物館研究員)
    「AA研所蔵のアイヌ語フィールドノートの整理に向けて:美幌方言調査を中心に (7)」
    14:10-15:00 小林美紀(AA研共同研究員,国立アイヌ民族博物館研究員)
    「AA研所蔵アイヌ語資料の整理に向けて:沙流方言調査を中心に(6)」
    15:10-16:00 奥田統己(AA研共同研究員,札幌学院大学)
    「アイヌ語教育史の資料としての研究者アーカイブズ(1)」
    16:10-17:00 司会:奥田統己(AA研共同研究員,札幌学院大学)
    総合討論

2021年度第1回研究会(通算第1回目)

  • 日時:2021年8月28日(土)9:00–17:00
  • 場所:オンライン会議室
  • 使用言語:日本語
  • 主催:基幹研究「多言語・多文化共生に向けた循環型の言語研究体制の構築(LingDy3)」
  • 9:00–9:10 奥田統己(AA研共同研究員,札幌学院大学)
    開会,趣旨説明
    9:10-10:00 阪口諒(AA研共同研究員,千葉大学大学院)
    「アイヌ語の語彙集を作成する―『アイヌ民譚集』を事例として」
    10:10-11:00 欠ヶ端和也(AA研共同研究員,千葉大学大学院)
    「資料整理と活用を考える ―千葉大学所蔵『金田一京助アイヌ語スクラップブック』を整理して―」
    11:10-12:00 吉川佳見(AA研共同研究員,北海道博物館研究職員)
    「AA研所蔵のアイヌ語フィールドノートの整理に向けて:『アイヌ語沙流方言辞典』との対応関係(2)」
    13:00-13:50 深澤美香(AA研共同研究員,国立アイヌ民族博物館研究員)
    「AA研所蔵のアイヌ語フィールドノートの整理に向けて:美幌方言調査を中心に (6)」
    14:00-14:50 小林美紀(AA研共同研究員,国立アイヌ民族博物館研究員)
    「AA研所蔵のアイヌ語フィールドノートの整理に向けて:沙流方言調査を中心に(5)」
    15:10-16:00 児島恭子(AA研共同研究員,札幌学院大学)
    「研究者アーカイブの選択肢―①「田村すヾ子採録アイヌ語(音声)資料」か,②「田村すヾ子アイヌ語研究資料」か,③の可能性か―」
    16:10-17:00 全員
    総合討論,田村すゞ子資料整理プロジェクトの成果と展望
    司会:奥田統己(AA研共同研究員,札幌学院大学)

共同利用・共同研究課題ページに戻る


Copyright © 2010 Research Institute for Languages and Cultures of Asia and Africa. All Rights Reserved.