AA研トップ > 共同利用・共同研究 > 共同利用・共同研究課題 > チベット・ヒマラヤ牧畜文化論の構築―民俗...
文字の大きさ : [大きく] [標準] [小さく]



AA研共同利用・共同研究課題

チベット・ヒマラヤ牧畜文化論の構築―民俗語彙の体系的比較にもとづいて―

チベット・ヒマラヤ牧畜文化論の構築ー民族語彙の体系的比較にもとづいて

キーワード

  • 牧畜
  • チベット・ヒマラヤ
  • 民俗語彙

関連地域

  • チベット
  • ブータン
  • ラダック
  • ネパール
  • アルナーチャル

ウェブサイト

チベット牧畜文化辞典

プロジェクトの概要

期間:2020-2022年度

前身となる2つの共同利用・共同研究課題では、青海チベットの牧畜民が家畜との間で作り上げてきた伝統文化の基礎的な体系を明らかにした。これを踏まえ、本研究では、家畜から得られる乳・毛・皮・肉・糞の5大資源の他、家畜管理、家畜儀礼に焦点をしぼり、語彙収集の対象をチベット・ヒマラヤの牧畜地域に拡大する。体系的認識にもとづく民俗語彙を地図化することにより、文化の地域間比較を可能とし、文化伝播の体系的な検討や隣接地域からの影響関係をも探ることができる牧畜文化論のモデルを構築する。

研究代表者 海老原志穂(AA研フェロー)

メンバー

研究代表者

  • 海老原志穂(AA研)

AA研所員

  • 星泉(AA研)

共同研究員

  • 岩田啓介
  • 小野田俊蔵
  • 加納和雄
  • ジャブ(扎布)
  • 長岡慶
  • ナムタルジャ(南太加)
  • 西田愛
  • 平田昌弘
  • 別所裕介
  • 三浦順子
  • 山口哲由
  • ラシャムジャ(拉先加)

研究成果

研究会

2020年度第1回研究会(通算第1回目) 報告書(和文)(658KB)

  • 日時:2020年5月31日(日)13:00–17:00
  • 場所:Zoomによるオンライン開催
  • 主催:基幹研究「多言語・多文化共生に向けた循環型の言語研究体制の構築(LingDy3)
  • 1. 海老原志穂(AA研フェロー,日本学術振興会/東京外国語大学)
    「本共同利用・共同研究課題について」
    2. 星泉(AA研所員)
    「『チベット牧畜文化辞典』紹介:ヒマラヤ・チベット地域における牧畜語彙調査票構築の観点から」
    3. 平田昌弘(AA研共同研究員,帯広畜産大学)
    「第3期チベット牧畜研究に向けて課題と宿題」、「乳文化(乳加工体系)の体系的理解のための調査票」
    4. 全員
    自己紹介
    5. 全員
    活動予定についてのディスカッション

関連イベント


共同利用・共同研究課題ページに戻る


Copyright © 2010 Research Institute for Languages and Cultures of Asia and Africa. All Rights Reserved.