AA研トップ > 共同利用・共同研究 > 共同利用・共同研究課題 > 負債の動態に関する比較民族誌的研究
文字の大きさ : [大きく] [標準] [小さく]

AA研共同利用・共同研究課題

負債の動態に関する比較民族誌的研究

負債の動態に関する比較民族誌的研究

キーワード

  • 負債
  • 文化人類学
  • 金融包摂
  • 贈与
  • 貨幣
  • パトロンークライアント関係

関連地域

  • アジア
  • アフリカ
  • オセアニア

ウェブサイト

--

プロジェクトについて

期間:2019-2021年度

人間にとり負債とは何か。本研究では、この問いの答えを世界各地の民族誌的事例から探求する。負債は、贈与とならび古くから言及がある人類学の課題であるが、その多様なあり方を体系的に比較検討した研究は限られてきた。金銭の貸借であれ、義務や負目であれ、負債は人間を隷属化する契機にも社会結合や事業を生み出す創造的契機にもなりうる。本研究は、経済・政治・倫理にまたがる負債の両義的プロセスの比較研究を通じて、他者に負うという経験のダイナミズム(動態)を解明する。

研究代表者 佐久間寛(明治大学講師)

プロジェクト・メンバー

研究代表者

  • 佐久間寛

AA研所員

  • 吉田ゆか子

共同研究員

  • 生駒美樹
  • 小川さやか
  • 河野正治
  • 木村周平
  • 酒井隆史
  • 佐川徹
  • 鈴木佑記
  • 中川理
  • 中山智香子
  • 深田淳太郎
  • 松村圭一郎
  • 丸山淳子
  • 箕曲在弘

研究成果

研究会


共同利用・共同研究課題ページに戻る


Copyright © 2010 Research Institute for Languages and Cultures of Asia and Africa. All Rights Reserved.