AA研トップ > 共同利用・共同研究 > 共同利用・共同研究課題 > 「アルタイ型」言語に関する類型的研究(2)
文字の大きさ : [大きく] [標準] [小さく]

AA研共同利用・共同研究課題

「アルタイ型」言語に関する類型的研究(2)

sample

キーワード

  • アルタイ型
  • 言語類型論
  • 脱従属化
  • (動詞の)定性

関連地域

  • 中央アジア
  • 内陸アジア
  • 北東アジア(含む日本)
  • 南米

ウェブサイト

--

プロジェクトの概要

期間:2019-2021年度

本研究課題では、これまでに展開したAA研共同利用・共同研究課題「『アルタイ型』言語の類型的研究」(2015年度~2017年度)により得られた、文と節の階層関係という特徴から、①文の述部の構造に関する類型―名詞的な節の脱従属化 (insubordination) と動詞の定性 (finiteness)の問題、②節の階層と主語の管理、③節の階層とテンスの管理、④節の階層と名詞句の意味・統語的機能、という4点について文法構造の多様性と、その多様性をもたらした通時的・共時的要因を論じることを通して、「アルタイ型」という類型論的特徴をさらに具体的に明らかにすることを目指す。

研究代表者 児倉徳和(AA研准教授)

メンバー

研究代表者

  • 児倉徳和(AA研)

AA研所員

  • 呉人徳司
  • 山越康裕
  • 渡辺己

共同研究員

  • 麻生玲子
  • 梅谷博之
  • 江畑冬生
  • 蝦名大助
  • 小山内優子
  • 風間伸次郎
  • 鍛治広真
  • 黒島規史
  • 下地理則
  • 早田清冷
  • 松本亮
  • 吉岡乾
  • 吉村大樹
  • 王海波
  • 白尚燁
  • 蔡煕鏡
  • 李林静

研究成果

研究会

2020年度第3回研究会(通算第5回目)

  • 日時:2021年3月2日(火)13:30–17:30
  • 場所:オンライン会議室
  • 使用言語:日本語
  • 主催:基幹研究「多言語・多文化共生に向けた循環型の言語研究体制の構築(LingDy3)」
  • 1. 児倉徳和(AA研所員)
    「シベ語における人称と定性―所有標識 =ni の主題標示機能」
    2. 李林静(AA研共同研究員, 成蹊大学)
    「ヘジェン語における定動詞及び形動詞の人称接辞について」
    3. 松本亮(AA研共同研究員, 関西国際大学)
    「エヴェンキ語における人称と定性」(仮)
    4. 白尚燁(AA研共同研究員, 室蘭工業大学)
    「ツングース諸語における同主語副動詞を用いた異主語文」(仮)

2020年度第2回研究会(通算第4回目)

  • 日時:2020年11月14日(土)14:00–17:30
  • 場所:オンライン会議室
  • 使用言語:日本語
  • 主催:基幹研究「多言語・多文化共生に向けた循環型の言語研究体制の構築(LingDy3)」
  • 1. 梅谷 博之(AA研共同研究員, 東京大学)
    「モンゴル語におけるクリティックに分類されうる諸要素の特徴」
    2. 風間伸次郎(AA研共同研究員, 東京外国語大学)
    「アルタイ諸言語における複数形式の定性について―日本語および朝鮮語との対照をつうじて―」
    3. 風間伸次郎(AA研共同研究員, 東京外国語大学)
    「アルタイ型言語におけるモダリティの意味領域地図」

2020年度第1回研究会(通算第3回目) 報告書(和文)(636KB)

  • 日時:2020年7月4日(土)14:00–17:30
  • 場所:Zoomによるオンライン会議室
  • 使用言語:日本語
  • 主催:基幹研究「多言語・多文化共生に向けた循環型の言語研究体制の構築(LingDy3)」
  • 14:00–15:30 黒島規史(AA研共同研究員, 熊本学園大学)
    「朝鮮語の「時間的副動詞 + 焦点助詞」:条件文を中心に」
    15:40–17:10 蝦名大助(AA研共同研究員, 関西国際大学)
    「カムサ語の類別詞 」
    17:10–17:30 全員
    今後の研究計画の打ち合わせ

2019年度第2回研究会(通算第2回目) 報告書(和文)(242KB)

  • 日時:2020年3月29日(日)13:00–17:00
  • 場所:Zoomによるオンライン会議室
  • 使用言語:日本語
  • 主催:基幹研究「多言語・多文化共生に向けた循環型の言語研究体制の構築(LingDy3)」
  • 1. 早田清冷 (AA研特任研究員)
    「古典満洲語 gaji-「持ってくる」の命令形について:予備的研究」
    2. 下地理則 (AA研共同研究員, 九州大学)
    「日琉諸語の格標示と情報構造」
    3. 全員
    総合討論

2019年度第1回研究会(通算第1回目) 報告書(和文)(236KB)

  • 日時:2019年7月13日(土)13:00–17:00
  • 場所:マルチメディア会議室(304)
  • 使用言語:日本語
  • 主催:基幹研究「多言語・多文化共生に向けた循環型の言語研究体制の構築(LingDy3)」
  • 13:00–13:45 児倉徳和(AA研)
    「趣旨説明」
    14:00–15:30 風間伸次郎(AA研共同研究員,東京外国語大学)
    「アルタイ型言語の特徴なのか?、アルタイ諸言語の特徴なのか?、地域特徴なのか? ―証拠性・人称要素・否定などを取り上げて―」
    15:45–17:00 今後の研究計画の打ち合わせ

共同利用・共同研究課題ページに戻る


Copyright © 2010 Research Institute for Languages and Cultures of Asia and Africa. All Rights Reserved.