AA研トップ > 共同利用・共同研究 > 共同利用・共同研究課題 > 「アルタイ型」言語に関する類型的研究(2)
文字の大きさ : [大きく] [標準] [小さく]

AA研共同利用・共同研究課題

「アルタイ型」言語に関する類型的研究(2)

sample

キーワード

  • アルタイ型
  • 言語類型論
  • 脱従属化
  • (動詞の)定性

関連地域

  • 中央アジア
  • 内陸アジア
  • 北東アジア(含む日本)
  • 南米

ウェブサイト

--

プロジェクトについて

期間:2019-2021年度

本研究課題では、これまでに展開したAA研共同利用・共同研究課題「『アルタイ型』言語の類型的研究」(2015年度~2017年度)により得られた、文と節の階層関係という特徴から、①文の述部の構造に関する類型―名詞的な節の脱従属化 (insubordination) と動詞の定性 (finiteness)の問題、②節の階層と主語の管理、③節の階層とテンスの管理、④節の階層と名詞句の意味・統語的機能、という4点について文法構造の多様性と、その多様性をもたらした通時的・共時的要因を論じることを通して、「アルタイ型」という類型論的特徴をさらに具体的に明らかにすることを目指す。

研究代表者 児倉徳和(AA研准教授)

プロジェクト・メンバー

研究代表者

  • 児倉徳和(AA研)

AA研所員

  • 呉人徳司
  • 山越康裕
  • 渡辺己

共同研究員

  • 麻生玲子
  • 梅谷博之
  • 江畑冬生
  • 蝦名大助
  • 小山内優子
  • 風間伸次郎
  • 鍛治広真
  • 黒島規史
  • 下地理則
  • 早田清冷
  • 松本亮
  • 吉岡乾
  • 吉村大樹
  • 王海波
  • 白尚燁
  • 蔡煕鏡
  • 李林静

研究成果

研究会


共同利用・共同研究課題ページに戻る


Copyright © 2010 Research Institute for Languages and Cultures of Asia and Africa. All Rights Reserved.