AA研トップ > 共同利用・共同研究 > 共同利用・共同研究課題 > オスマン文書史料の基礎的研究
文字の大きさ : [大きく] [標準] [小さく]

AA研共同利用・共同研究課題

オスマン文書史料の基礎的研究

sample

キーワード

  • オスマン朝
  • 文書
  • アーカイブズ
  • 古文書学
  • 古書体学
  • イスラーム法

関連地域

  • 西アジア
  • 東ヨーロッパ
  • 北アフリカ

ウェブサイト

--

プロジェクトについて

期間:2017-2019年度

オスマン朝は近世から近代にかけて,アジア・アフリカ・ヨーロッパにまたがる広大な版図を支配し, 膨大な量の文書史料を今日まで伝えた。これら文書史料はオスマン朝が支配領域にとどまらず, 周辺地域の歴史を研究する上でも必須の史料である。オスマン朝の残した多種多様な文書史料の様式・ 機能の全容を把握し,イスラーム圏の他地域の文書との比較をも通じてその特質を明らかにしつつ, 若手研究者の育成に資する基盤を形成することが本課題の目的である。

研究代表者 髙松洋一(AA研准教授)

プロジェクト・メンバー

研究代表者

  • 髙松洋一(AA研)

AA研所員

  • 黒木英充
  • 近藤信彰

共同研究員

  • 秋葉淳
  • 阿部尚史
  • 磯貝健一
  • 岩本佳子
  • 大河原知樹
  • 木村暁
  • 熊倉和歌子
  • 齋藤久美子
  • 澤井一彰
  • 清水保尚
  • 多田守
  • 守田まどか

研究成果

研究会

2017年度第1回研究会(通算第1回目)

  • 日時:2017年11月25日(土)14:00–18:00
  • 場所:AA研大会議室(303)
  • 使用言語:日本語
  • 共催:AA研共同利用・共同研究課題「オスマン文書史料の基礎的研究」,科研費基盤B「イスラーム圏における簿記史料の通時的・共時的研究」(代表者:髙松洋一(AA研所員),課題番号:17H02398)
  • 14:00–15:30 髙松洋一(AA研所員)
    「オスマン文書史料研究の現状と課題」
    16:00–16:15 近藤信彰(AA研所員)
    「コメント1:イラン史研究の視点から」
    16:15–16:30 岩本佳子(AA研共同研究員,東京外国語大学/日本学術振興会)
    「コメント2:オスマン史研究の視点から」
    16:30–18:00 全員
    「総合討論」

共同利用・共同研究課題ページに戻る


Copyright © 2010 Research Institute for Languages and Cultures of Asia and Africa. All Rights Reserved.